白神の森 遊山道 (3)

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

東屋

東屋 / 十二湖
東屋

〔14:35~14:50〕東屋:コース終盤のポイントである東屋に到着。ベンチとテーブルがあるので休憩やランチにちょうど良い場所だ。ここでレインウェアの上着を脱ぎ蒸し暑さから解放された。

東屋と樹齢300年以上のブナ / 白神の森 遊山道
東屋と樹齢300年以上のブナ

 東屋のすぐ傍らのブナは樹齢300年以上の木だそうだ。説明の案内板にはそのほかに『ご神木でもあり雨乞いなど神事も行われました』とあった。

東屋周辺 / 十二湖
東屋周辺
東屋周辺のブナ/ 白神の森 遊山道
東屋周辺のブナ

 東屋の周辺の写真を撮ったりベンチでゆっくりしていたら、ガイドさんと一緒のご夫婦がやってきた。くろもり館の玄関で会った人だった。充分ゆっくりしたので東屋を譲って下山(?)することにした。

 後で気づいたが「樹齢300年以上のご神木ブナ」の写真を撮っていなかった(^^ゞ

登り返す / 白神の森 遊山道
登り返す

 東屋がある場所からはいったん軽く下り、また登り返す。GPSログのデータでは登り返したピークは標高385mで、このトレッキングコースの最高標高地点になる。でも展望はない(笑)

滑りやすい木道 / 白神の森 遊山道
滑りやすい木道
張出木道 / 白神の森 遊山道
張出木道

 標高385mのピークからの下り道が幅広い木道になっているのだが、滑り止めの桟の間隔が空いているのでとても滑りやすい。雨の後なので尚更で、気を抜いて歩いていた夫が軽くスリップ。

 もう少し下るとコースの絵地図に「張出木道」とある登山道で言うなら桟道が続くのだが、この桟道も同様に滑り止めの間隔が空き過ぎなのだ。もう少し傾斜がきつかったならスリップ事故頻発ではないだろうか。

外回りコースのトレイル / 白神の森 遊山道
外回りコースのトレイル
外回りコースのトレイル / 白神の森 遊山道
外回りコースのトレイル
内回りコースとの分岐付近 / 白神の森 遊山道
内回りコースとの分岐付近

 内回りコース上にある大ブナへの近道との分岐まで下りてきた。この辺りのブナの林相も美しくて素晴らしい。歩き足りないので寄っていきたいところだが、タクシーの運転手さんが待っているのでそのまま下りた。

外回りコースの終盤 / 十二湖
外回りコースの終盤
くろもり館に戻る / 白神の森 遊山道
くろもり館に戻る

〔15:20〕くろもり館到着:くろもり館の受付窓口に入山許可の札を返却してトレッキング終了。私たちの昼食の時間を含めて2時間近く、タクシーの運転手さんを拘束してしまったので、直ちに乗車して直ちに発車。

車窓から望む岩木山
車窓から望む岩木山

 タクシーで鰺ヶ沢の旅館に戻る途中、見晴らしが良い場所で岩木山が望めた。気を利かせてくれた運転手さんが一時停車してくださったので、車窓からパチリ(^^)

 「白神の森 遊山道」は思っていたよりエリアは広くなくて短いトレッキングだったが、ブナ森の様相は美しく素晴らしかった。紅葉の頃にも歩きに行ってみたい。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP