十津川温泉 ホテル昴

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
十津川温泉 ホテル昴
十津川温泉 ホテル昴

 観光開発の第三セクター企業が十津川村、奈良交通、十津川観光協会の出資で経営する「昴の郷」内にあるホテルである。「昴の郷」には温泉プールや野外ステージがあり、温泉棟は日帰り入浴施設でもあるため、ホテル棟と別棟になっている。

 今までの経験上、第三セクター経営のリゾートホテルは設備が良い割りに部屋係などを廃した分リーズナブルなので、山旅の私たちには快適なのだ。

 熊野古道をトレッキングする外国人観光客が増えて、私たちが連泊中にも数組の外国人が宿泊していた。

ホテル昴の温泉

ロビーから温泉棟へ
ロビーから温泉棟へ

 浴場が隣接の別棟といってもロビーと接続していて、外に出ずに行かれる。夕方は日帰り入浴客がそこそこ多かったが、宿泊者専用になる時間帯ではがら空き。十津川村では最大規模の宿泊施設だが、建物が2階建てで収容人数もそれほどではなく、しかも平日利用だったので浴場一人占めの事が多かった。

 朝の時間帯は男湯と女湯の入れ替えがある。

 十津川村は全国で初めて「源泉かけ流し宣言」をした村だそうだ。

源泉かけ流し宣言 / 十津川村観光協会 »

 大浴場内湯に入ってみると「かけ流し」なのに浴槽の周囲のタイルがあまり濡れていない。浴槽に浸かって気がついたが、露天風呂との壁側の浴槽の縁だけが低くなって排水溝があり、あふれ出た湯はそこに排水されるようになっていた。温泉の泉質によっては浴場のタイルが濡れてひどく滑るので、この設計は感心した。

 泉質は「美人の湯」「美肌の湯」とされるナトリウム炭酸水素塩泉なので、入浴後は肌が“つるつるすべすべ”になる。

大浴場内湯 / ホテル昴
大浴場内湯
露天風呂 / ホテル昴
露天風呂
露天・陶器風呂と檜風呂 / ホテル昴
露天・陶器風呂と檜風呂

 開発した広大な敷地にあるホテルなので、露天風呂エリアが無駄なくらいに(笑)広い。山中にあるわけではないから、露天風呂とはいえ壁に囲まれて景観を楽しめない。しかしこれだけ広々していると開放感があった。陶器風呂と檜風呂に身を沈めたときに、ザバーッと溢れる湯の音がたまらない(笑)。男湯・女湯2箇所の造りは若干異なり、陶器風呂と檜風呂がない方は寝湯と打たせ湯がある。

ホテル昴の料理

夕食の膳 / ホテル昴
夕食の膳
郷土料理 むこだまし
郷土料理 むこだまし

 夕食も朝食も品数が多くて食べきれなかったが、趣向を凝らした料理が多く、料理に力を入れているのがわかる。

 この地方でないと食べられない郷土料理「むこだまし」という珍しいものを味わうことができた。「むこだまし」はこの地独特の白い粟(普通の粟は黄色)でついた餅で、かつての十津川村では米が作りにくく、餅米で作った餅の代用だった。以下、添えられたお品書きに書かれていた説明から。

昔、十津川村では、お米はわずかしか収穫できませんでした。お正月にお嫁さん達が「むこ様には白もちを食べさせたい」と思いましたが、もち米がないので地元でとれるねばりのある白いアワで、もちをついて食べさせました。そういったお話しからこのアワは「むこだまし」といわれております。

 ホテル昴では献立のひとつとして、葛あんかけにアレンジされていた。

茶がゆが付く朝食 / ホテル昴
茶がゆが付く朝食

 夕食の品数が多いのでつい食べ過ぎてしまい、朝食に茶がゆが提供されるのがうれしい。ホテル昴周辺にはコンビニがないため、お弁当を作ってくれるサービスはトレッカーにはとても有難い。

十津川温泉 ホテル昴 »


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP