1月6日

高峰林道スノーシューハイク

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 最終日は高峰温泉が催行するツアーに参加した。宿泊者は無料である。参加者は子供3人の親子5人家族と私たちだけ。林道なので転ぶ心配もなくのんびり歩いた。宿のスタッフが率いて、ウサギやテンの足跡を見つけたり、木々の違いなどを説明ながら案内してくれる。

林道から高峯山を望む
林道から高峯山を望む
林道を登る
林道を登る

 戻る時間が来たが、時間がある私たちは皆と別れもう少し先まで歩くことにした。楽なコースとはいえ緩やかながらも登り。池の平までは行き着けず引き返した。曇っていたが八ヶ岳が見えた。

黒斑山
黒斑山

 さらに黒斑山の山頂付近から煙が噴き出したのを目撃。浅間山の火山活動はまだ活発なようだ。

木まぐれ喫茶でバードウォッチング

 高峰林道コースから戻り食堂で予約しておいた手打ち蕎麦を食べた。絶品! 予約分しか打たないので、宿泊客だけのお楽しみかもしれない。2連泊というのは私たちだけかと思っていたが、何組ものお客が連泊していた。ゆっくりスキーやスノーシュー、XCスキーを楽しみ、帰る前にこのお蕎麦というのが定番?となっているようだ。

自家製果実酒が並ぶ喫茶コーナー
自家製果実酒が並ぶ喫茶コーナー

 喫茶コーナー「木まぐれ喫茶」のカウンターにずらりと並んでいるのは、自家製果実酒の瓶である。日替わりで夕食の食前酒として出される。2日目の晩は珍しいナナカマドのお酒を戴いた。

休憩室の窓からバードウォッチング
休憩室の窓からバードウォッチング
リスもやってきた
リスもやってきた

 高峰温泉の休憩室でのバードウォッチングが楽しい。大きくとった展望出窓から、餌台にやってくる野鳥を観察できるようになっている。2階の食堂からも見下ろせて、ホシカラス、コガラ、アカゲラなどと一緒に朝食タイム。リスもやってきた。

ホシガラス
ホシガラス
餌台にやってきたホシガラス
餌台にやってきたホシガラス
アカゲラ
アカゲラ
コガラ
コガラ
コガラ
コガラ

 お蕎麦の後に温泉に入り、後は最終バスに合わせて3時半に出る雪上車を休憩室で待った。2時間あまりあったので、暇を持て余したらもう1回くらいは入浴をと思っていたのだが、たくさんやってくる愛くるしいコガラに夢中になっていたら、あっという間の2時間だった。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP