<

フレペの滝コース スノーシューハイク (2)

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔10:55〕子ジカがいた場所を過ぎるとそこは断崖の上だった。流氷が浮かぶ海が目に飛び込んできて思わず感嘆の声をあげた。

流氷が浮かぶオホーツク海 / フレペの滝コース スノーシューハイク
流氷が浮かぶオホーツク海
流氷が浮かぶオホーツク海 / フレペの滝コース スノーシューハイク
流氷が浮かぶオホーツク海
流氷が浮かぶオホーツク海 / フレペの滝コース スノーシューハイク
流氷が浮かぶオホーツク海

 思いが通じて青空が広がってきていて、海の色は碧く流氷の白さを際立たせている。水平線は流氷に埋め尽くされて真っ白だ。

 この場所は遊歩道ではないので安全を確保する柵がない。グリーンシーズンなら人は立ち入ることができない場所からの眺めを堪能。

自然草原 / フレペの滝コース スノーシューハイク
自然草原

 断崖からはフレペの滝展望台には行かれないので遊歩道へ。平坦地の「自然草原」からは雪を抱いて白く輝く知床連山が望めた。しかし山並みの上には厚い雲がかかり、全貌が見えないのが残念。

羅臼岳 / フレペの滝スノーシューハイク
自然草原から羅臼岳
ウトロ崎灯台 / フレペの滝スノーシューハイク
ウトロ崎灯台

 知床連山の最高峰羅臼岳も中腹から雲に覆われているが、それでも圧倒的な存在感があった。平坦地は広く、枯れ草が雪に埋まっていない様子を見ると雪が吹き飛ばされるほどの強い風が吹くのかもしれない。

 ウトロ崎灯台が青空に映える。ウトロ崎灯台は漁業の操業が休みの真冬でも点灯しているそうだ。

フレペの滝展望台

〔11:10~11:17〕フレペの滝展望台:フレペの滝は流れ込む川がなく、知床連山からの伏流水が地下水脈を通り、断崖の途中60mの高さから噴出している滝である。グリーンシーズンは岩壁からはらはらと流れ落ち、岩壁にかかるヴェールのような滝なので「乙女の涙」との別名がある(近くに海上からしか見られない「男の涙」という滝もある)。ところが真冬は景観が一変する。海から吹き上がる風で滝上まで霜がつき、滝はアイスブルーの氷瀑になる。

フレペの滝と知床連山 / フレペの滝スノーシューハイク
フレペの滝と知床連山
フレペの滝と流氷 / フレペの滝スノーシューハイク
フレペの滝と流氷
フレペの滝 / フレペの滝スノーシューハイク
フレペの滝
フレペの滝 / フレペの滝スノーシューハイク
フレペの滝
展望台からオホーツク海 / フレペの滝スノーシューハイク
展望台からオホーツク海
展望台からオホーツク海 / フレペの滝スノーシューハイク
展望台からオホーツク海
フレペの滝展望台 / フレペの滝スノーシューハイク
フレペの滝展望台
フレペの滝案内板 / フレペの滝スノーシューハイク
フレペの滝案内板

 青空と紺碧の海と流氷、100m近い断崖にアイスブルーの氷瀑。見応えがある美しい風景だった。インターネットで見ていた夏のフレペの滝の写真と比べると、やはり目の前の冬のフレペの滝の方が迫力がある。ただ夏は航行している知床遊覧船がフレペの滝に近づき、岬と岬の間に見えるらしい。そんな光景も見てみたい。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP