「温泉利用形態」の「かけ流し」について

源泉かけ流し:加温はあっても加水することなく源泉を給湯、利用している浴槽です。源泉温度が高温にもかかわらずこの表示になっている場合は、加水ではなく、熱交換という方法で適温にして給湯、または浴槽そのものに熱交換の装置を設置しているもので、浴槽に給湯された湯は循環利用されることなく放流している状態です。

かけ流し:適温にするために加水、または加温しながら新湯を給湯、利用している浴槽です。一度給湯された湯は循環利用されることなく放流している状態です。

---「日本の秘湯」ガイドブック 日本秘湯を守る会ウェブサイト より引用



「日本の秘湯」第20版(株式会社朝日旅行平成27年3月発行)による新しいデータで更新しました。(2015年10月)

スマートフォンなど画面が狭い端末で見ている場合、表の部分は横にスライドさせてご覧下さい。

サムネイル写真をクリック(タップ)すると、写真を拡大表示します。

日本秘湯を守る会スタンプラリー 5冊目

坂巻温泉 坂巻温泉旅館


旭岳温泉 湯元湧駒荘

ウェブサイト 湯元湧駒荘 »
場所 | 地図 北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉
営業期間 通年
泉質 ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
温泉使用量・泉温 300リットル/分 32~48度
加水・加温・減温の有無 加水・加温なし
利用形態 源泉かけ流し
浴場

内湯 8

露天 混浴3(男女入れ替え制)


交通アクセス

電車 旭川電気軌道バス「いで湯号」JR旭川駅-旭川空港-旭岳温泉入口 約90分

 道央自動車道旭川北ICより約70分、旭川空港より50分

参考情報

旭岳温泉 湯元湧駒荘 ユコマンの湯/目薬の湯
湯元湧駒荘 ユコマンの湯
旭岳温泉 湯元湧駒荘 シコロの湯/元湯と目薬の湯
湯元湧駒荘 シコロの湯
旭岳温泉 湯元湧駒荘 別館 神々の湯
湯元湧駒荘 別館 神々の湯
宿泊日 2011/07/26-28
歩いた・登った

大雪山 旭岳裾合平

山行記録を見る »

印象・感想 5ヶ所の源泉を所有し、しかも異なる3つの泉質の源泉ということなので、温泉を楽しむのなら最高。特に全国的にも希少な泉質「正苦味泉」の温泉が湧出する名湯である。源泉と浴室の距離が離れていないので、温泉の成分も新鮮で効き目がありそう。料理は地元の食材を活かした創作メニューのコース料理で、宿泊料金がリーズナブルなのに高いレベルなのでお得感あり。

* 山行記録中の温泉レポート »


乗鞍高原温泉 みたけ荘

ウェブサイト みたけ荘 »
場所 | 地図 長野県松本市安曇
営業期間 通年
泉質 単純硫黄温泉
温泉使用量・泉温 25リットル/分 46.4度
加水・加温・減温の有無 加温あり
利用形態 源泉かけ流し
浴場

内湯 男1・女1

露天 2(予約貸切り制)


交通アクセス

電車 松本電鉄新島々駅よりバス 約50分、スキー場前下車

 長野自動車道松本ICより約60分

参考情報

乗鞍高原温泉 みたけ荘 貸切り露天風呂
みたけ荘 貸切り露天風呂
宿泊日 2011/10/09
歩いた・登った

乗鞍高原ハイキング

山行記録を見る »

印象・感想 源泉掛け流しの温泉自体は文句なし。乗鞍高原温泉は観光やスキー場のお膝元なので、秘湯感がないのはやむを得ない。旅館としては可もなく不可もなくといった感じで、もう少し何か特徴を作り出した方が良いような気がした。

* 山行記録中の温泉レポート »


銀山温泉 能登屋旅館

ウェブサイト 銀山温泉 能登屋旅館 »
場所 | 地図 山形県尾花沢市大字銀山新畑
営業期間 通年
泉質 含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
温泉使用量・泉温 52リットル/分 63.8度
加水・加温・減温の有無 加水なし
利用形態 源泉かけ流し
浴場

内湯 男1・女1・貸切1

露天 男1・女1・交替1(冬期は休み)


交通アクセス

電車 JR山形新幹線大石田駅から銀山温泉行き路線バスで45分(大石田駅発午後2便迎えあり・要予約)

 東北中央自動車道東根ICから国道13号、347号線で約50分

参考情報

銀山温泉 能登屋旅館
銀山温泉 能登屋旅館
銀山温泉 能登屋旅館 洞窟風呂
能登屋旅館 洞窟風呂
宿泊日 2012/04/01
歩いた・登った 温泉旅行のみ
印象・感想 大正初期から昭和初期に建築された当時としてはモダンな建築の旅館が、川沿いに建ち並ぶ景観はまさに大正浪漫。特に能登屋旅館の建物は存在感がある。開業当時からの「元湯」が洞窟風呂なのは、銀山温泉の源泉は銀山川に湧いているので、川面と同じ高さに浴室があるため。洞窟風呂は貸切り風呂だが、予約は必要ないので、空いている時間帯を狙い何度も源泉を満喫した。

ウェブアルバムを見る »


猿倉温泉 元湯猿倉温泉

ウェブサイト 元湯 猿倉温泉 »
場所 | 地図 青森県十和田市大字奥瀬字猿倉1番地
営業期間 4月25日頃~10月30日頃
泉質 単純硫黄泉
温泉使用量・泉温 1000リットル/分 87度
加水・加温・減温の有無 加水あり
利用形態 源泉かけ流し
浴場

内湯 男1・女1

露天 5(男3 ・女2)


交通アクセス

電車 JR東北本線青森駅または東北新幹線新青森駅からJRバス十和田湖行きで90分猿倉温泉下車(バス停から徒歩10分・送迎あり)

 東北自動車道黒石ICから約45分

参考情報

猿倉温泉 本館女性風呂(半露天)
猿倉温泉 本館女性風呂(露天)
猿倉温泉 新館の男性用内湯
猿倉温泉 新館男性用内湯
宿泊日 2012/08/28, 2度目 2013/10/07(スタンプラリー達成による一泊無料招待
歩いた・登った

2012/08/28 蔦七沼巡り

2013/10/08 北八甲田ハイキング(紅葉の毛無岱往復)

山行記録を見る »

印象・感想 十和田湖温泉郷の温泉は猿倉温泉からの引き湯。それだけ湧出量が多い。全ての浴槽は、いつも新鮮な源泉がなみなみと溢れる完璧なかけ流し。更に洗い場に水栓はなく、温泉に湧水を足した「かけ湯」式。贅沢である。別館には男女別の内湯があり、それぞれの浴室外に露天風呂があるが、本館のお風呂は露天風呂(屋根あり・屋根なしの2浴槽あり)。旅館のホームページには泉質について「石膏硫化水素泉」とあるが、ガイドブック「日本の秘湯」には「単純硫黄泉」と載っている。しかしそんなことはどちらでも構わない。この青白い濁り湯、リピートせずにはいられない、実に素晴らしい温泉だった。

* 山行記録中の温泉レポート »


大丸温泉 大丸温泉旅館

ウェブサイト 大丸温泉旅館 »
場所 | 地図 栃木県那須郡那須町湯本
営業期間 通年
泉質 単純温泉
温泉使用量・泉温 170リットル/分 39~72度
加水・加温・減温の有無 加水なし 一時期露天のみ加温あり
利用形態 源泉かけ流し
浴場

内湯 3

露天 5


交通アクセス

電車 JR東北新幹線那須塩原駅下車バス60分(1日1往復シャトルバス運行13時30分発、要予約)

 東北自動車道那須ICから県道17号線経由約30分

参考情報

大丸温泉 大丸温泉旅館 混浴露天風呂「白樺の湯」
大丸温泉旅館
混浴露天風呂「白樺の湯」
大丸温泉 大丸温泉旅館 女性専用露天風呂「山ゆりの湯」
大丸温泉旅館
女性専用露天風呂「山ゆりの湯」

※女性専用露天風呂は他に「石楠花の湯」もある。

宿泊日 2001/08/10 | 2度目 2012/10/09,10
歩いた・登った

2001/08/10 那須岳(三斗小屋温泉~熊見曽根~北温泉)

山行記録を見る »

2012/10/09,10 那須岳(南月山・姥ヶ平・朝日岳)

山行記録を見る »

印象・感想 近代的な施設だがバス停より少し奥に入った一軒宿なので静か。川の淵をせき止めて造られた野趣味満点の露天風呂は、そのまま温泉の川になっていて「川の湯」と呼ばれる。上流の女性専用露天風呂「山ゆりの湯」以外は混浴だが、女性のバスタオルOK。

* 山行記録中の温泉レポート »


地域別リスト 北海道 旭岳温泉 湯元湧駒荘 » 東北 猿倉温泉 元湯猿倉温泉 » 須川温泉 須川高原温泉 » 藤七温泉 彩雲荘 » 松川温泉 峡雲荘 » 温湯温泉 佐藤旅館 » 銀山温泉 能登屋旅館 » 白布温泉 東屋 » 新高湯温泉 吾妻屋旅館 » 峩々温泉 » 新野地温泉 相模屋旅館 » 押立温泉 住吉館 » 檜枝岐温泉 かぎや旅館 » 湯の花温泉 旅館末廣 » 北関東 大丸温泉 大丸温泉旅館 » 下仁田温泉 清流荘 » 奥秩父鳩の湯温泉 鳩の湯 » 南関東 湯ヶ島温泉 湯本館 » 湯ヶ野温泉 福田家 » 船原温泉 山あいの宿うえだ » 雲見温泉 雲見園 » 中部・北陸・越後 初谷温泉 » 奈良田温泉 白根館 » 高峰温泉 » 小谷温泉 山田旅館 » 葛温泉 仙人閣 » 中房温泉 » 乗鞍高原温泉 みたけ荘 » 坂巻温泉 坂巻温泉旅館 » 中の湯温泉 中の湯温泉旅館 » 崖の湯温泉 薬師平茜宿 » 燕温泉 樺太館 » 福地温泉 湯元長座 » 新穂高温泉 槍見館 » 平瀬温泉 藤助の湯ふじや » 濁河温泉 朝日荘 » 室堂平 みくりがいけ温泉 » 白山温泉 永井旅館 » 近畿・中国・四国 湯の峰温泉 あづまや » 祖谷温泉 ホテル祖谷温泉 » 九州 黒川温泉 新明館 » 垂玉温泉 山口旅館 » 宿泊利用後の後年加盟旅館になった温泉 八ヶ岳 唐沢鉱泉(長野) » 内牧温泉 親和苑(九州) »

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP