鶴間池 (3)

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
展望台からの鳥海山山頂部と山腹の万年雪
展望台からの鳥海山山頂部と山腹の万年雪

 鶴間池のあとは車で公園道路滝ノ小屋線を上り、終点にある登山口前の展望台に案内してもらった。冠雪した山頂部と山腹の万年雪が望めた。

紅葉と冠雪した鳥海山
紅葉と冠雪した鳥海山
鳥海山のビューポイント
鳥海山のビューポイント

 帰り道ではBUNさんオススメの撮影ポイントで車を留めて写真撮影。

広大なススキ野原
広大なススキ野原
広大なススキ野原
広大なススキ野原
広大なススキ野原
広大なススキ野原

 平日にもかかわらず、沿道で本格カメラ、三脚装備で写真撮影をしている人が多いのに驚かされる。山形はアマチュアカメラマンが多いのだろうか。稲刈りが終わった田んぼの向こうにスッキリと立ち上がった鳥海山の姿は、朝のほうがよく見えていたので、写真を撮らなかったことを悔いた。


鳥海温泉 遊楽里

鳥海温泉 遊楽里
鳥海温泉 遊楽里

 せっかくの機会だからとBUNさんも一緒に泊まってくださる計画で、予約した宿に車を走らせた。宿は当初予定していた湯ノ台温泉鳥海山荘に予約が取れなかったので、西浜海岸にある鳥海温泉「遊楽里(ゆらり)」になった。夕食、朝食は別料金なので融通が利いて便利。平日のため宿泊者も少なく、食塩泉の良く暖まるお風呂は貸切状態(^^)。

 窓から日本海に沈む夕陽を眺めたあと食堂へ行く。メニューには名物の芋煮や「もってのほか=食用菊」のあえものが並びとても美味しかった。早朝に東京の自宅を出発したので眠かった。翌朝も7時に出発することにしたので、早めに就寝することに。なんとBUNさんは早くも8時半には寝息をたてていた。

鳥海温泉 遊楽里 »


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP