鶴間池 (2)

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
オカリナを演奏するBUNさん
オカリナを演奏するBUNさん

 昼食のあと、BUNさんがオカリナを演奏してくれた。「北の国から」のメロディを目をつぶって聞きいると、ドラマのタイトルバックになっていた富良野の景色と、今目の前の鶴間池の景色とが交互に脳裏に浮かび、自然との一体感ひとしお。時々青空が覗くのだが、鳥海山の山頂にかかった雲がなかなか取れない。

 鶴間池の奥にある奥鶴間池まで行くことにした。地元の人もあまり行かないため登山道は少しヤブで、目印のテープも風化して目立たない。1年前?の記憶を頼りにずんずん進むBUNさん。構わずヤブを漕いで行くけれど…ちょっと違うんじゃないのと少々不安になる。案の定行き止まり。私が右手の小尾根状の上に登山道があると気が付き軌道修正できた(笑)

奥鶴間池

奥鶴間池
奥鶴間池
ナナカマドの鮮やかな紅葉 / 奥鶴間池
ナナカマドの紅葉
鳥海山山頂部 / 奥鶴間池
鳥海山山頂部

 誰もいない奥鶴間池は静寂そのものだった。BUNさんが持ってきてくれた梨を食べたりしながらしばらくいると、白く雪化粧した山頂が現れた。

避難小屋
避難小屋

 鶴間池まで戻ると、避難小屋の中では下りの時に出会った地元のおっちゃんグループが芋煮会の最中だった。小屋を覗くと「食べて行きなさい(もちろん庄内弁で)」と誘ってくださり、上がりこんでお相伴に預かることにした。庄内地方の芋煮は豚肉が入り、豆腐の代わりに厚揚げを使い、サトイモ、大根などなど具だくさん。熱々の芋煮で体はホカホカ、親切な地元の方との出会いと語らいで心もホカホカになった。避難小屋は畳敷きでテーブルなども備えられ、宿泊にも最適そうだ。

鶴間池に注ぎ込む清流
鶴間池に注ぎ込む清流
イワナが棲む清流
イワナが棲む清流

 再び外に出るとオジサンの一人が清流を覗き込んでいた。一緒に覗くと大きなイワナが泳いでいた。

ロープ場
ロープ場

 3時間、充分堪能した鶴間池を後にして駐車場に戻る。神経を使った急な下りも、登りは手足をフルに使ってグングン登れ案外楽ちん(^^)


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP