茶臼山 (2)

標準コースタイム 往復 約3時間20分

王ヶ頭ホテル --40分-- 塩くれ場 --60分-- 茶臼山 --60分-- 塩くれ場 --40分-- 王ヶ頭ホテル

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 やがて牧柵が進路をふさぎこれを通り抜ける。この先僅か進めば、前に引き返した地点の鞍部になる。しかし牧柵を通過する頃には、茶臼山はもうすっかり霧に包まれてしまった。このまま登っても展望は全く得られない。

霧の中を行く
霧の中を行く
牧柵を抜ける
牧柵を抜ける

 朝食の予約時間の8時半までホテルに戻らなければならないので、ガスが晴れるまで待つにしても余り時間の余裕はない。

 夫にどうしようかと訊くと、布製ローカットのハイキングシューズが濡れて靴下までびしょ濡れだから引き返したいと言う。撥水スプレーの手間をかけても効果がなかったらしい。しかもソールが剥がれる気配こそないが、厚みが薄くて岩ゴロの登山道は歩きにくいとこぼす。私の靴下も濡れてしまって靴擦れの心配も出てきたことだし、とりあえず鞍部まで行ってから引き返すことにした。

冬の茶臼山山頂部(2006年1月6日)
冬の茶臼山山頂部
(2006年1月6日)

 引き返す気持ちは固まっていたが、鞍部手前に着き茶臼山を目の前にしてちょっぴり迷った。鞍部といっても高低差はそれほどないので、スノーシューでの登山ならともかく夏道だから、おそらく山頂まで10分か15分のほんのひと登りだろう。

ホワイトアウト
ホワイトアウト
ホワイトアウト
ホワイトアウト

 引き返してしばらくすると数メートル先しか見えないくらいのホワイトアウトになった。こんな濃霧の山頂に立っても楽しくはないのでリベンジを諦めて正解だった。

霧が晴れて茶臼山も姿を見せた
霧が晴れて茶臼山も姿を見せた
塩くれ場の牧柵に戻る
塩くれ場の牧柵に戻る

 ところがそう思った数分後には霧が晴れ、背後の茶臼山もしっかりと見えている。あれ、まぁ…。だけどもう牧柵の出口だ。ガックリ(^^ゞ

 6時25分に塩くれ場に戻って来た。

※「夢ノ遊歩道」は草原の中にしっかりとした踏み跡があり、一本道なので濃霧でも迷うことはないと思う。ただし溶岩台地が切れ落ちている側の近くを歩く箇所があり(一応高い柵が設置されている)、視界が悪いときには道(踏み跡)を外さないように注意すること。

早朝の美ヶ原牧場
牧場(まきば)の朝

 牧場の牛がのんびり草を食んでいる。唱歌の『♪ただ一面に立ちこめた牧場(まきば)の朝の霧の海~』だ。いや霧はもう晴れたじゃん。そうか、牧場に朝霧は付き物だったけ(笑)

 王ヶ頭ホテルへと林道を登ると、北アルプスが見えてきた。御嶽山に乗鞍岳…登るにつれて穂高連峰も姿を現した。

 ホテルに着き建物裏手の王ヶ頭頂上に向かった。大パノラマは待っていてくれたかな。

王ヶ頭頂上

〔7:00〕王ヶ頭頂上:コバルトブルーの空に高い峰々の連なりが浮かぶ。南・中央アルプスは雲が邪魔をし、後立山連峰や白馬岳の方向はテレビ中継塔が視界を遮るが、御嶽山と乗鞍岳、穂高連峰と槍ヶ岳はハッキリわかる。

王ヶ頭頂上
王ヶ頭頂上
王ヶ頭頂上から北アルプスの眺め
王ヶ頭頂上から北アルプスの眺め
王ヶ頭頂上から槍穂
王ヶ頭頂上から槍穂
王ヶ頭の「御嶽神社奥の院」
御嶽神社奥の院

 最後に一応パノラマを見ることができたので、満足してホテルに帰った。

 王ヶ頭からの展望はテレビ中継塔が後立山連峰や白馬岳を邪魔してしまう。後立山連峰や白馬岳の展望は前回訪れたときの美しノ塔付近からのほうがよく見えた。

 今回は王ヶ鼻からのパノラマを見ることができなかったが、おそらく白馬岳から八ヶ岳を一望できるのは王ヶ鼻。また牛伏山も良い展望台で登るのも楽そうだ。今度冬に来るときのチェックポイントは王ヶ鼻と牛伏山で決まり!

※ ウィンターシーズンでの展望写真があります。

王ヶ頭のパノラマ / 美ヶ原高原(2014年1月22-23日) »


登山データ

王ヶ頭 標高:2034m

場所 長野県


アクセス

JR松本駅から松本電鉄バス、JR上田駅から千曲バス
いずれも美ヶ原高原美術館行きで期間限定運行。あるいは宿泊施設の送迎車利用


山行日 2010/08/22-23

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP