剣山と次郎笈 (2)

標準コースタイム 約4時間25分

見ノ越・剣神社簡易宿泊所 --50分-- 西島 --45分-- 剣山山頂ヒュッテ --5分-- 剣山山頂 --30分-- 次郎笈峠 --25分-- 次郎笈山頂 --15分-- 次郎笈峠 --20分-- 分岐--40分-- 西島 --35分-- 見ノ越・剣神社簡易宿泊所

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
残雪が現れる
残雪が現れる

 登山道上の残雪は消えたということだったが、標高が高くなるにつれ日影の部分で残っていた。山頂ヒュッテの手前の残雪がアイスバーン状態で、つるつる滑り登れなくなった。崖側に移動し立ち木に捕まり突破した。

登山道の残雪
登山道の残雪
山頂ヒュッテ下の残雪
山頂ヒュッテ下の残雪
剣山山頂ヒュッテ
剣山山頂ヒュッテ
剣山山頂ヒュッテ上
剣山山頂ヒュッテ上
剣山山頂部
剣山山頂部
山頂へ
山頂へ

 山頂ヒュッテ脇の階段を上ると、不思議な景色が広がっていた。裸地化が進んで、木道上しか歩けないように整備された剣山山頂部である。

剣山山頂

〔10:00~10:20〕剣山山頂:「平家ノ馬場」と呼ばれる草原台地に、木道が縦横に整備されている。広い山頂のどこからでも360度の展望地なのだが、春霞と黄砂の影響で遠くの山ははっきり見えなかった。風が少し強くて寒い。山頂のベンチでゆっくり出来なかった。

剣山山頂部
剣山山頂部
剣山山頂
剣山山頂
剣山山頂標識
剣山山頂標識

 西側の目の前にどっしりとそびえる次郎笈。すっきり晴れているなら、その奥に石鎚山が見えるはず。しかし次郎笈への稜線こそ今回歩きたかったのだから、雨にならなかっただけで良しとしよう。


登山データ

標高:剣山 1955m / 次郎笈 1929m

場所 徳島県


アクセス

JR予讃線貞光駅からバスまたはタクシー見ノ越下車


山行日 2007/4/01

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP