余計な前書き 東京から電車・バス利用だと時間がかかり、乗り換えも不便なので機会を逸したままだった。日帰りでも可能だが、ネット検索で天子ヶ岳の山麓に温泉宿があるのを見つけ、下山後に宿泊する計画で出かけた。天気予報が快晴ということで期待したが、予報に反して朝から雲が多くなり、東海道線と身延線での車窓からの雄大な富士山の眺めが見られなかったのが残念。富士宮駅から田貫湖へのバスがシーズンオフ中の運行ダイヤのため、バスを利用できずタクシーで登山口へ。

長者ヶ岳・天子ヶ岳 (1)

標準コースタイム 約4時間40分

登山口(田貫湖北岸) --50分-- 休憩舎跡 --1時間25分-- 長者ヶ岳 --20分-- 上佐野への分岐 --20分-- 天子ヶ岳 --1時間-- 林道を横切る --20分-- 林道出合 --25分-- 立石バス停留所

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔9:20〕登山口:タクシーの運転手に「田貫湖畔の東海道自然歩道の登山口へ」と告げて連れてこられた場所は富士国民休暇村の前だった。タクシーが行ってしまってからガイドブックにある登山口ではないことに気がついた。案内板と地図とで調べると、稜線上の休憩舎跡を過ぎた長者ヶ岳寄りの分岐に直接登る登山道があることがわかった。富士国民休暇村の脇を北に少々進むと左手に登山口が見つかった。

稜線までの急な登り
稜線までの急な登り
登山道
登山道

 ガイドブックの一般ルートは東海道自然歩道になっている稜線をゆるやかに登っていくのに対して、こちらは狭い等高線の結構な急登である。しかし良く整備されていて登りやすい。すっかり葉を落とした木々の登山道は日当たり充分で、急なジグザグを繰り返して登ると暑いくらいだった。右手に見下ろした天子の森の紅葉がきれいだった。

〔10:10~10:20〕おそらくあと少しで稜線に上がるのではと思いながらも一休み。

〔10:25〕案の定休んだ後すぐに稜線に出た。富士山側の展望が開け、ベンチとテーブルがあった。

ヒノキ林のプロムナード
ヒノキ林のプロムナード
尾根道を登る
尾根道を登る
長者ヶ岳山頂直下
長者ヶ岳山頂直下

 分岐からしばらく登ると平坦で広い桧林のプロムナードが出現。その後も所々急だが快適な道が長者ヶ岳まで続いた。途中のベンチ&テーブルで軽食休憩。

 山頂直下を登っていると、山頂の方角から「ひぇ~」という叫び声。まさか、熊が出た?

長者ヶ岳山頂

〔11:35~12:20〕山頂から雄大な富士山が眺められるのだが、雲が取れない。上空にはパラグライダーやハンググライダーが幾つも飛び交っていた。一足先に着いた夫によれば、叫び声はパラグライダーを操る人の歓声だったそうだ。

長者ヶ岳山頂標識
長者ヶ岳山頂標識
真正面に富士山
真正面に富士山
西へ天子ヶ岳、東へ毛無山
西へ天子ヶ岳、東へ毛無山
パラグライダーが接近
パラグライダーが接近

 私たちが座ると2箇所のベンチとテーブルは満席になった。カレーうどんを作り始めたら、上空真上にハンググライダーがやってきてしばらく浮かんでいた。まるでカレーの香りに誘われて飛んで来たみたいだった。富士山が姿を見せてくれるまでしばらく粘ってから天子ヶ岳へと向かった。

上佐野への分岐標識
上佐野への分岐標識
露岩が目立つ登山道
露岩が目立つ登山道

〔12:50〕上佐野への分岐:天子ヶ岳へは明るい尾根道を行くのだが、およそ行程半分の上佐野への分岐地点が鞍部になっているので、実際は先ずどんどん下っていく。標高計付き腕時計によれば、標高100m下って再び100m登るという感じ。東海道自然歩道は上佐野へのコースへと続くので、分岐でおしまいになる。ここからの登山道は露岩が目立つようになるが、歩きやすいことに変わりない。


登山データ

標高 長者ヶ岳:1336m / 天子ヶ岳:1330m

場所 静岡・山梨県境


アクセス

JR身延線富士宮駅バス45分湖畔入口(タクシー約30分)


山行日 2003/11/23

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP