余計な前書き ちょうど10年前の1994年7月29日、私は室堂にいた。夫の長期海外研修旅行の間を利用して、一人で旅行会社のハイキングツアーに参加したのだった。ツアーは「雄山御来光登山組」と「室堂平ハイキング組」で構成されていた。まだ夫婦での山歩きを始めて間もなかったので、一人での「雄山登山」ツアー参加は夫に許可されなかった。天候に恵まれたハイキングは楽しかったが物足りなくもあった。登山ガイドさんから、室堂平をぐるりと囲む立山連峰は一日で歩けるコースであると聞き、いつかはあの稜線上を歩こうと思った。それにもまして私が惹かれたのは、低いけれどたおやかな緑の稜線だった。見上げて思った。…あの上を歩いたらどんなにか気持ちが良いだろう。そのツアーで宿泊したのは雷鳥沢にある「ロッジ立山連峰」だったから、その稜線は「室堂乗越」だったのだろう。

 それより遡ること11年前、1983年7月28日にも私は「立山」に来ている。夫婦での観光旅行だった。私にとって初めての立山はその姿を見せてくれなかった。雨で視界ゼロだったのである。外には出ずに立山ホテルで食事をした後、ホワイトアウトのなかを高原バスで美女平へと下った。あれから21年、私たちは「立山」に登り、室堂乗越の稜線を歩くために再び室堂にやって来た。

立山縦走 (1)

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

1日目 7月28日 室堂へ

黒部ダムの放水
黒部ダムの放水

 立山黒部アルペンルートでの乗り継ぎがスムーズに行くのか混むのかがわからないため、仮に遅くなっても良いように室堂平泊まりとした。信濃大町から扇沢行きのバスはガラガラ。猛暑の東京から扇沢に到着すると、涼しい風が心地よかった。アルペンルートの乗り継ぎでは待ち時間もなくいたってスムーズ。途中大観峰の展望台に上がって後立山連峰の展望を楽しんだ。

室堂平

室堂「玉殿の湧水」
室堂「玉殿の湧水」
室堂から立山連峰を望む
室堂から立山連峰を望む

 室堂到着は14時前。これなら一ノ越山荘まで行けたねなどと話しながら室堂山荘へ向かった。

室堂山荘

 私たちの前にチェックインの手続をしている女性が男女混合の相部屋だと知って困っていた。連れの女性が神経質なので、なんとか個室か、せめて女性だけの相部屋にしてもらえないかと頼み込んでいた。室堂山荘はターミナルから遊歩道を20分ほど歩けば来られ、旅館並の大浴場もあり「山小屋」と思わないで泊まりにきたのかも知れない。もちろんなんとかなるはずもない(ハイシーズンを除けば個室予約可)。

室堂山荘
室堂山荘

 私たちの部屋はロビーの上の、普段なら従業員用の部屋だった。奥の棟は学校登山で来ている岐阜県の中学校が占領しているためだった。10人部屋に私たちを含め4組の夫婦で、まあまあ快適。

室堂山荘 »

玉殿の岩屋

 荷物を持たずに近くの「玉殿の岩屋」へ行った。後から来たハイキングツアーの団体さんに混じってしまった。雪渓を渡り急な坂を下りていくと板状節理の崖に祠が祭られている岩屋がふたつあった。奥の岩屋が「玉殿の岩屋」である。立山開山の祖、有頼がこの岩屋にこもって修行中に、阿弥陀如来に立山を開くように告げられたと伝えられている。奥でヒカリゴケが蛍光色の光を放っている。

玉殿の岩屋
玉殿の岩屋
玉殿の岩屋内部のヒカリゴケ
玉殿の岩屋内部のヒカリゴケ
修行の滝
修行の滝

 岩屋のすぐ先の行き止まりまで足を延ばすと、修行僧が打たれて修行する滝がある。ヒカリゴケも滝も私たちだけなら気がつかなかったかもしれない。ツアーのガイドさんの説明をちゃっかり一緒になって聞いたお陰である。


2日目 7月29日 / 晴れのち曇り

 「立山三山」とは浄土山、雄山、別山のことで、いわゆる「立山三山縦走」なら浄土山にも登らなければならない。しかし浄土山の登り下りはキツそうなので敬遠した。雄山から別山への縦走だと日帰りで室堂に戻って来られるコースではあるが、劔御前小舎に宿泊することで余裕を持たせ、翌日には更に奥大日岳を往復するプランにした。

標準コースタイム 約4時間25分

室堂 --1時間-- 一ノ越山荘 --1時間-- 雄山 --20分-- 大汝山 --15分-- 冨士ノ折立 --20分-- 真砂岳 --1時間-- 別山 --30分-- 劔御前小舎

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。


 今年は梅雨明け直後の天候が安定した時期が既に終わり、このところ山の天気は不安定で毎日雷雲が発生し、登山者の雷による被害があったばかりだった。稜線歩きとなるので雷は怖い。私たちの遅い足でもお昼過ぎには劔御前小舎に着くように、室堂山荘の朝食前に出発することにした。

室堂山荘を出発
室堂山荘を出発
朝日に照らされる大日連峰
朝日に照らされる大日連峰

〔5:30〕出発:外に出ると快晴だが風が強い。室堂山荘を出発し、石畳の遊歩道で一ノ越山荘へと向かった。大日連峰が朝日に照らされてくっきりと美しい。

 休日や時間帯によっては渋滞を起こすほどの行列となる一ノ越までの遊歩道も、早朝なので誰も登っていない。初めの雪渓の手前で4本爪軽アイゼンを装着中の年配のご夫婦と遭遇。この程度ならアイゼンは必要なさそうだが…。

初めの雪渓を渡る
初めの雪渓を渡る
少し急斜面の雪渓をトラバース
少し急斜面の雪渓をトラバース
振り返って見える大日連峰
振り返って見える大日連峰

 次の雪渓は少々斜度があるトラバースだった。登りの勾配もあり、前を行く夫が滑って登りにくいとこぼす。つま先を蹴り込んで歩くと滑らない。浄土山との鞍部に立つ一ノ越山荘までは、身体を慣らしながらのウォーミングアップである。

一ノ越

一ノ越山荘を後にして
一ノ越山荘を後にして

〔6:30~7:00〕一ノ越:一ノ越山荘前の広場は、登る前の準備をする人、下山した人で賑わっていた。夫が何だか体調が悪いと言い出した。頭痛がするらしい。前日に室堂に到着して一泊しているのだから高度障害が起きるはずはないのだが…。一ノ越山荘の玄関前で風を避けしばらく休んでいたが、大丈夫だと言うので出発。

 登り出しから急登である上、花が咲き乱れていた室堂平と異なり岩ばかりなのでひたすら登るしかない。青空だった空も雲が湧きガスが流れてきて、残雪と緑に池が点在する室堂平の素晴らしい俯瞰も霞みがちになってきた。

岩ゴロの登山道
岩ゴロの登山道
室堂平を見下ろす
室堂平を見下ろす
祠が点在する修験の道
祠が点在する修験の道

 約3ヶ月ぶりの登山なので息が上がる。展望が見えているうちにここらで休憩。


登山データ

標高 雄山:3003m / 大汝山:3015m / 別山:2874m

奥大日岳:2606m

場所 北アルプス

アクセス

立山黒部アルペンルート


山行日 2004/07/29-30

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP