夜叉神峠・高谷山 (2)

標準コースタイム 約2時間30分

夜叉神峠登山口 --60分-- 夜叉神峠 --30分-- 高谷山 --20分-- 分岐 --40分-- 夜叉神峠登山口

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

夜叉神峠

夜叉神峠(高谷山との分岐)
夜叉神峠(高谷山との分岐)

分岐(夜叉神峠):やがて山腹を回り込んで歩くようになる。突然前方左側が明るく開け、白い峰々が目に飛び込み思わずアッと声を上げてしまった。U字型にカーブした道を進むと稜線に出た。実はこの稜線の高谷山との分岐が「夜叉神峠」である。やっと南アルプスとのご対面である。しばらく展望を楽しんでいると、私が声を上げたポイントで同じように、誰かがアッと声を上げていたのが聞こえて可笑しかった。

 夜叉神峠頂上はもうすぐ。ところが分岐から先はそれなりの登りを強いられる。大展望はまだか?まだ登る?

夜叉神峠頂上

夜叉神峠“頂上”に到着
夜叉神峠“頂上”に到着
夜叉神峠
夜叉神峠
左から農鳥岳・間ノ岳・北岳
左から農鳥岳・間ノ岳・北岳

〔12:05~12:45〕夜叉神峠頂上:夜叉神峠小屋が建つ峠頂上広場に到着。大展望に吸い寄せられて、まずはじっくりと楽しむ。前夜の雨が塵を洗い流した青空を背景にして、前景にカラマツを配した白峰三山がどっしりとそびえている。残雪のバランスもいい。5月でこれだけのクリアな展望を得られて大満足だ。

白峰三山

 左から農鳥岳、間ノ岳、北岳。南アルプスを代表する三山。それぞれが大きくて圧倒される。三山全て3000mを越える山である。まずは遮るものがない展望を堪能できるベンチに席を得て、贅沢なランチの時間を楽しんだ。

農鳥岳
農鳥岳
間ノ岳
間ノ岳
北岳
北岳

 手前左手北側に目を移せば、樹林に覆われた三角形のピークが見える。これから向かう高谷山である。

高谷山へ
高谷山へ
甲府盆地が広がる
甲府盆地が広がる

 峠(分岐)まで戻り、高谷山に向かう。夜叉神峠頂上までのハイカーと鳳凰三山登山者がいない分、行き交う人がほとんどなくて静かな山歩きになった。熊の目撃が多いらしいので、熊鈴を鳴らしながら歩いた。分岐からの尾根道を軽く下って、再び登り返すような感じで登っていく。

急な箇所もある
急な箇所もある
尾根道
尾根道

 夜叉神峠までの登りと違い、登山道らしい登山道になった。尾根道なので、谷から吹き上げる冷たい風が、涼しいを通り越して寒いくらい。

高谷山 山頂

〔13:20~13:30〕高谷山山頂:夜叉神峠頂上は明るく開放的な広場だが、高谷山山頂は樹林が茂っていて地味である。白峰三山方面だけ見えるようになっている。正面に北岳。夜叉神峠からとは見える角度が少し変る。誰もいなくて静かな山頂だった。

高谷山山頂
高谷山山頂
高谷山山頂からの北岳
高谷山山頂からの北岳

 間ノ岳と北岳を結ぶ稜線上を見つめていると、明らかに人工物が見える。北岳山荘かもしれない

桃の木温泉への標識
桃の木温泉への標識

 宿泊できたなら下ることになった桃の木温泉への登山道は、ガイドブックにもあるように、のっけから木々に掴まりながらでなければ落ちそうな急坂だった。

 登って来た道をどんどん下り、再び夜叉神峠(分岐)で最後の白峰三山の展望を眺めたら、夜叉神峠登山口まで途中1回の休憩を挟みぐんぐん下った。甲府駅へのバスは午後の2便(14:30、15:30)。15時30分のバスに間に合わせるなら余裕。

夜叉神峠まであと30分
夜叉神峠まであと30分

 途中で登り始めに出会って追い抜いた、あのキャリーを引いて登るおじいさんに再び出会った。日が暮れる前に夜叉神峠小屋に着けば良いのだが…。

 14時50分下山。バスの待ち時間で食べた「夜叉神の森」売店のソフトクリームが美味しかった。


金山沢温泉

 芦安温泉の立ち寄り湯は、「白峰会館(南アルプス温泉ロッジの温泉棟)」と金山沢温泉がある。共に南アルプス市の市営施設。金山沢温泉の方が新しく露天風呂もあるので、金山沢温泉に行くことにした。

 バスの車掌さんに聞いたところ、金山沢温泉は「山ノ神」バス停で下車する。南アルプス林道の桃の木温泉との分岐である。バスを降りたら「金山沢温泉へ」の看板が示す道をどんどん下っていく。途中白峰会館を通過するがなおも下る。10分くらいで建物と大きな看板が見えてくる。

金山沢温泉
金山沢温泉

 駐車場に何台もの車が駐車していたので、お風呂が混んでいるのではと不安になった。ところが「駐車場の車はバーベキューのお客です。温泉は空いています」の看板あり(笑)

 バーベキュー施設がある公園には、子供用?のフリークライミングの壁もあり、父親が子供を登らせていた。

 脱衣所、内湯(洗い場のカランは3つ)は広くはないが、偶然入浴客も少なくて露天風呂は独り占めできた。単純アルカリ泉の鉱泉ということだが、成分は薄そう(笑)。入浴料550円。

金山沢温泉 »

※ 参考サイト 金山沢温泉 / 立ち寄り温泉みしゅらん »


登山データ

夜叉神峠:標高 1770m

高谷山:1842m

場所 山梨県


アクセス

JR甲府駅下車 山梨交通バス1時間15分終点夜叉神峠登山口(夏期のみ運行だが、GWに臨時運行)。タクシーを利用すると約1万円


山行日 2008/5/04

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP