渋峠から芳ヶ平を経て草津温泉 (1)

4日目 8月11日 / 晴れ

 最終日は快晴の朝を迎えた。抜けるような青空だった。渋峠から草津へ下るコースをやめて、熊の湯の裏手から登れて展望が良い笠ヶ岳に変更しようかとの思いもよぎった。しかしやはり「初志貫徹」することにした。この山旅は草津まで歩くことに意味があると思うから。メジャーではない静かなコースをのんびり行くのが好きだから。

 理由はそれだけではなかった。このコースは一貫して下りオンリー、つまり登らなくてよい。「楽チン」の魅力には逆らいがたかった(笑)

 世間ではお盆休暇が始まったためか、遅れて来たバスの車内は混んでいた。渋峠までの車窓風景は素晴らしかった。志賀高原のランドマーク笠ヶ岳が青空にくっきりと独特の山容で立つのを見ると、やはり登れば良かったかなと少し後悔した。そして北アルプスのパノラマが広がって車内に歓声があがった。

標準コースタイム 約4時間

渋峠 --1時間-- 芳ヶ平 --50分-- 花敷との分岐(横笹) --50分-- 香草 --1時間20分-- 草津バスターミナル

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
渋峠道標
渋峠道標

〔9:30〕渋峠:標高2172mの渋峠は、国道の中で一番高い峠である。ここで下りたバスの乗客の殆どが横手山へのリフト乗り場に並んだ。芳ヶ平~草津コース入口は渋峠ロッヂの右横手にあった。

芳ヶ平~草津コース入口
芳ヶ平~草津コース入口
コース案内板
コース案内板

 立派な標識とコース案内板があるのでわかりやすい。渋峠ロッヂの前で夫の所用を待つ間に、芳ヶ平コース登山口を入っていったのは女性4人のグループだけだった。渋峠は長野県と群馬県の県境上にある。コース入口に足を踏み込むと、そこは群馬県。

 下り始めてしばらくすると木道になり、良く踏まれた登山道と木道が交互に現れる。傾斜はあくまで緩く、急な箇所は木道の階段になっている。あまりの「楽チン」に鼻歌も飛び出すほど。両側の笹はキチンと刈り込まれているし、歩く人が少ないのはもったいない道である。

木道で楽ちん(^^)
木道で楽ちん(^^)
岩ゴロの斜面を下る
岩ゴロの斜面を下る
アカモノの実
アカモノの実

 岩がゴロゴロした斜面を下る箇所で少し急になる。足元のアカモノの赤い実は途切れることがないほど続く。

「ダマシ平」案内板
「ダマシ平」案内板
ダマシ平
ダマシ平

〔10:20〕ダマシ平:ダマシ平と呼ばれる一面の笹原を過ぎると前方が開け、群馬の山並みと草津市街地が見えた。そして右手に茶色の草津白根山が忽然といった感じで現れた。

草津白根山が姿を見せ始める
草津白根山が姿を見せ始める
芳ヶ平へ
芳ヶ平へ
草津白根山
草津白根山
芳ヶ平を俯瞰
芳ヶ平を俯瞰

 下っていくに従い山頂部から山裾まで徐々に見えてくるその山容は、かつて何度も本白根山側から眺めたのと異なり、まるで巨大な要塞のようだった。再び樹林帯の中のしかもかなり急な下りになる。


登山データ

標高 芳ヶ平:1832m

場所 群馬県


アクセス

長野電鉄バス


山行日 2004/08/11

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP