四十八池湿原と志賀山 (2)

標準コースタイム 約4時間

大沼池入口 --1時間-- 大沼池池尻 --1時間20分-- 四十八池湿原 --30分-- 志賀山 --35分-- 志賀山登山道入口 --30分-- 渋池 --5分-- 前山 …前山リフト… 宿

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
裏志賀山・志賀山登山道入口
裏志賀山・志賀山登山道入口

 分岐に戻り志賀山を目指す。湿原の中のベンチにいたときは、遮るものがなくて日差しに閉口していたほどなのに、登り始めたとたんガスが湧いてきた。今年の夏はこういうパターンが多くてツイていない。

 サンダル履きの若い女性がいた(!)が、フラットソールとはいえ素足にバックベルトサンダルでは、見ている方が怖かった。子供たちは元気である。山登りなどしたことがなさそうなバテバテの母親と、ビデオカメラとカメラのふたつを首から提げた父親を置いて、小学生の子供2人が飛び跳ねるように登っていく。危ないなぁ…。案の定、登りきった辺りで後から来たお父さんが他人に注意されていた。子供の一人が勢い余って崖から落ちそうになったらしい。

 ここ志賀高原の池巡りエリアは遊歩道、ハイキングコース、登山道が整備され、それぞれの体力・レベルに合わせた歩き方が出来る。硯川からはスキーリフトで前山まで上がってこられるうえ、巻き道は緩やかで広い遊歩道なので、家族連れも気軽に四十八池湿原までやってくる。湿原から志賀山までは登り「1時間」ということで、いかにも四十八池湿原に来た"ついで"に志賀山に登ろうという感じのハイカーが多いのである。

 各所に立つコース案内板では、「車道」「遊歩道」「一般ハイキングコース」「登山道」と色分けされている。志賀山登山は立派な「登山道」である。しかしお気楽ハイカーは、そんなことに目を留めない。それゆえ志賀山登山道は軽装でスニーカーというハイカーばかりを見かけ、登山スタイルの私たちの方が浮いていた。しかし急で岩ゴロの登りは甘くない。特に危険箇所はないコースだが、志賀山は公園化されている低山などでは決してない。

横手山を望む
横手山を望む
四十八池湿原を俯瞰
四十八池湿原を俯瞰

 なかなかの急登だが30分で裏志賀山との分岐。四十八池湿原を俯瞰できる。しかし裏志賀山の山頂はガス…。裏志賀山には登らずに先へ行くことにした。

鞍部から志賀山への登り
鞍部から志賀山への登り
お釜池
お釜池
タテヤマウツボグサ
タテヤマウツボグサ

 鞍部に下ると登り返しが待っている。遠くから眺めても急坂だが、短いので楽である。

志賀山山頂

〔13:05〕志賀山山頂:登りきったところに三角点があったので山頂かと思い一休みしたが、もうしばらく行くと本当の山頂に出た。山座同定盤があるのにガスで展望なし。また木立も茂っていてあまり展望には適さない。

 一緒に登っていた人たちは、いつの間にか皆下りてしまったようで誰もいない。軽装・スニーカーのハイカーさんたちは途中休憩どころか、立ち止まって景色を見たり、景色や花の写真撮影をしたりしないし、とにかく足が速いのである(笑)

志賀山山頂
志賀山山頂
難路を過ぎると木道
難路を過ぎると木道

 下りは急坂、岩ゴロ、ぬかるみと、登りに増して甘くない。スニーカーの若いカップルが「こんなたいへんなコースだとは思わなかった」とボヤいていた。確かにむしろ岩菅山のほうが歩きやすかった。急な下りは苦手。標準タイムで35分は私たちには不可能だった。

渋池

渋池
渋池

〔14:25~14:40〕渋池:観光客も混じって賑わう渋池に到着。ベンチが空いたのでゆっくり休んだ。池に幾つも浮かぶ浮島にはモウセンゴケが生育している。1997年には翌日に、ここ渋池から木戸池湿原を通り蓮池まで歩いている。

リフトを下りたら温泉街
リフトを下りたら温泉街

〔14:50〕リフト乗り場:前山ペアリフト乗り場へ。ホテル銀嶺から戴いた割引券を使った。乗り込む前に係員から「ザックを背負ったままで大丈夫ですか」と訊かれたが、大丈夫とそのまま腰掛けた。

 ところがリフトが乗り場を離れる寸前、夫が突然飛び降りたので仰天した。シートが浅くザックを背負っていてはズリ落ちそうだったので、咄嗟に降りたのだった。係員がリフトを一時停止して、夫は怪我もなく次のリフトに乗った。脇に手摺がないため確かに落ちそう…。慌てて身体を斜めにして座り、背もたれをしっかり掴む。登山中でなくても怪我の可能性は転がっているものである。


熊の湯温泉 熊の湯ホテル

熊の湯ホテル
熊の湯ホテル

 1997年の折にも宿泊しているので2度目の利用になる。この宿を選ぶのはスバリ自前の源泉を持つ宿だからである。リゾートホテルの雰囲気漂う館内のことは記憶に残っていたが、温泉は白濁の湯だとばかり思っていた。ところがびっくり。緑色の湯なのである。ちょうどある温泉での入浴剤混入が発覚したときなので、一瞬「ん?」と思ってしまう。しかし正真正銘の天然温泉100%であり、しかも緑色の硫化水素泉は極めて稀なのだとか。微かに硫黄臭があるオリーブグリーンの湯がなみなみ溢れる浴場は檜造り。飲用もでき胃腸に良いそうだ。

 ただし苦言を言うなら、女性専用の半露天風呂「桶風呂」にはがっかりした。桶風呂が男性内湯の脱衣室の裏手に置かれているだけであり、雰囲気が最悪。誰も入浴していないチャンスに入ってみたが、すぐに飽きてしまう。入浴中にやってきた三世代家族のおばあちゃんに、「露天風呂はどこですか」と訊かれたくらいである。せめて男性専用の露天岩風呂に「女性タイム」を設けてほしい。

《追記》2007年11月4日の志賀高原笠ヶ岳登山の下りに、熊ノ湯ホテルで入浴のみでの利用をしたら、女性用露天風呂は改築されていました。桶風呂には変わりがないですが、一人しか入れない大きさの桶からもう少し大きな桶になり、場所は女性用内風呂に隣接されて直接行かれる場所になっていました。

志賀高原笠ヶ岳登山の山行記録 »

熊の湯ホテル »


登山データ

標高 志賀山:2037m

場所 長野県


アクセス

長野電鉄バス


山行日 2004/08/10

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP