白瀬登山道(トビガ沢までの往復)

参考:金剛山までの登り標準コースタイム 約2時間50分

白瀬登山口 --30分-- タン平水路 --20分-- トビガ沢 --20分-- 三左衛門横路 --50分-- 組上 --30分-- 金剛山平 --20分-- 金剛山
(佐渡観光協会編纂トレッキングブックより)

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 登山道両脇の灌木の下にオオイワカガミ。そして足元に咲くのはスミレやニシキゴロモ、キランソウなどだ。

 ネコノメソウ(ヨゴレネコノメ)の群生がすごい。登山道脇のせせらぎに生えているネコノメソウがてんこ盛り状態なので、あっけにとられてしまった。

ネコノメソウ
ネコノメソウ
ネコノメソウ
ネコノメソウ
キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

 オオイワカガミが途切れると、お次はカタクリとキクザキイチゲが見られるようになってきた。標高が低いためか、キクザキイチゲは少し丈が高く花も大きい。

花の主役はカタクリへ
花の主役はカタクリへ
ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ

 ほんの少し登っただけで、季節をさかのぼっていくような気分になる。ただ、この辺りのカタクリとキクザキイチゲは既に盛りを過ぎていたので、足の運びは早くなった。

トビガ沢
トビガ沢
トビガ沢からの登り
トビガ沢からの登り

〔10:32~10:37〕トビガ沢:道の右下に小さな沢を渡る丸木橋が見え、トビガ沢まで来たことがわかった。登山道は沢(地図で見るとこの辺りがトビガ沢の源流のようだ)を渡り続いていく。

 この先にはカタクリやキクザキイチゲが咲き誇り、さらに登ればオオミスミソウが咲いていそうな雰囲気なのだが、ここで引き返すことにした。帰りのジェットフォイルの乗船時間は14時30分なので、タクシーの迎え時間は13時か12時30分で良かったのに、うっかりジェットフォイルの乗船時間を記憶違いしていて12時に迎えを頼んでいたからだ。

 この“うっかり”は悔やまれるが、前日に白瀬登山道に来ていれば、おそらく残雪が消えている「金剛山平」まで往復できたのではないかと思うと、もっと口惜しい。それでもたとえここまででも、これだけ花を楽しめて、おまけに“次回”へに繋げることができたのは大収穫だった。

登山口の橋
登山口の橋

〔11:40〕登山口:帰り道も花見しながらだったのだが、元々大して登っていないので、約束時間には余裕の下山。身支度やストックの手入れまでして待っていたら、タクシーも10分早めに迎えに来てくれて両津港へと向かった。

登山データ

金剛山:標高 962m(登頂せず)

場所 新潟県佐渡島

アクセス

両津港から白瀬登山口まで:タクシー

山行日 2010/05/04


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP