桃岩展望台 (1)

4日目(礼文島最終日) 8月1日 / 雨のち曇り

 目が覚めたら土砂降りだった。天気予報でも雨。これでは礼文滝も西海岸も礼文岳も歩いても仕方がない。朝食の折に礼文滝コース入口まで車で行っていただく約束をお断りした。

 17時25分出航のフェリー最終便までどうしたら良いのやら…。とりあえず民宿をチェックアウトして、民宿の娘さんにフェリーターミナルまで車で送ってもらった。フェリーターミナル2階のレストラン前に待合スペースがあり、壁は礼文の花や風景の写真のギャラリーとなっている。朝早いのでレストランも準備中で、誰もいないそこのベンチで作戦会議。夕方までここで船を待っているわけにもいかない。1日目が吹き降りだったため、花の写真撮影が殆どできなかった。そこで一番手軽に歩けてフェリーターミナルにも近い、桃岩展望台へ行ってみることにした。もし一時的にでも雨が止みガスが晴れれば、桃岩を見ることもできるかもしれない。

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

※ 緑線は7月30日に歩いたルートです。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 11時30分桃岩展望台入口行きのバスに乗車。

〔11:40〕バス停から階段を登ると林道に突き当たる。2日前反対側の知床から歩いてきたときは、下に見えたトイレめがけて下りたので、展望台からここまで林道で下りてしまった。今日は階段と柵で整備された歩道を登って行った。前には濃霧で気がつかなかったが、ここはお花畑の中の遊歩道だったのだ。

レッドクローバー
レッドクローバー
ノコギリソウ
ノコギリソウ
シオガマギク
シオガマギク
チシマゲンゲ
チシマゲンゲ
ミソガワソウ
ミソガワソウ

 足元はチシマゲンゲとノコギリソウで彩られ、ツリガネニンジン、シオガマギク、ミソガワソウ、チシマアザミなどが咲いている。

エゾノヨロイグサの群生
エゾノヨロイグサの群生
エゾニュウ
エゾニュウ
オニシモツケの群生
オニシモツケの群生
チシマアザミの群生
チシマアザミの群生
チシマアザミ
チシマアザミ

 斜面はエゾノヨロイグサ、エゾニュウ、チシマアザミなどの大群生である。

イブキトラノオの群生
イブキトラノオの群生
イブキトラノオ
イブキトラノオ

〔12:20〕そして元地灯台付近でも見たイブキトラノオの群落がすごい。今日も風が強くて穂が風にたなびいている。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP