中房温泉から燕岳へ (3) 燕山荘から燕岳往復

標準コースタイム 約4時間10分+55分

中房温泉登山口 --3時間-- 合戦小屋 --1時間10分-- 燕山荘 --30分-- 燕岳 --25分-- 燕山荘

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
燕岳
燕岳
燕岳山頂を目指す
燕岳山頂を目指す
メガネ岩
メガネ岩

燕岳山頂

燕岳頂上標識
燕岳頂上標識
燕山荘遠望
燕山荘遠望

〔13:30~15:10〕燕山荘から燕岳往復:グラビアでしか見たことがなかった花崗岩の奇岩と白い砂、ハイマツの緑のコントラストが美しい風景が目の前にあった。

燕岳山頂周辺の花

コマクサ
コマクサ
コマクサ
コマクサ
チシマギキョウ
チシマギキョウ
タカネスミレ
タカネスミレ

 斜面のコマクサは少し花びらが傷んでいるものが多かった。今年は早くもゴールデンウィーク前に咲き始め、ゴールデンウィーク後の積雪で傷んだそうだ。それでもこんなにたくさんの株を見るのは初めてなのでうれしい。


燕山荘

燕山荘での楽しみ ケーキセットと生ビール
燕山荘での楽しみ ケーキセットと生ビール
燕山荘での楽しみ アルペンホルンの演奏
燕山荘での楽しみ アルペンホルンの演奏

 山荘に戻って燕山荘での「お約束」、ケーキセットを堪能した。夫はもちろん生ビール。

 オーナー赤沼氏のアルペンホルンの演奏が夕食後19時半から食堂で行われた。町で会議があったのを抜け出して、たった2時間!で登ってこられたとのこと。響き渡るアルペンホルンの音色もさることながら、話術巧みなお話が面白かった。高山病の話、山歩きのコツ、自然保護の話題に山荘やお土産のPRと絡めたオチをつけた愉快な話に、食堂は爆笑の渦。

 部屋(個室)に戻り就寝。個室は6畳の広さに小さなテーブルが置かれ、清潔な寝具に洗い立てのシーツが添えられていた。

 燕山荘ではオーナーがメーカーと協力して開発したファスナー付封筒型(シュラフ式)の寝具(素材はブレスサーモ)を使用しているため、相部屋でどんなに混んでもある程度快適なようだ。またトイレは水洗だった。


登山データ

標高 燕岳:2763m / 常念岳:2446m / 蝶ヶ岳:2664m

場所 北アルプス

アクセス

JR大糸線穂高駅から代行マイクロバス40分中房温泉下車


山行日 2002/07/30-08/02

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP