余計な前書き 1月の関東地方は毎週末雪が降り、先日は東京都心部にも3年ぶりの大雪が降った。奥多摩や奥武蔵の低山でスノーハイキングができる絶好のチャンスとばかりに出かけた。大霧山は'96年2月に登り、快晴だったその日の山頂からは武甲・両神・二子山、北に浅間・鼻曲・横手・草津そして谷川岳の上信越の白い山々と日光連山が一望だった。今回は展望も雪も楽しめると思ったが、直前に天気予報が晴れから曇りに変わり少しがっかり。因みに前回は秩父側定峰に下山し、高篠鉱泉郷のひとつ「不動ノ湯」に入浴休憩しに行ったのだが、連休中で混んでいるとの理由で断られている。新しい資料によると要予約となっている。

 池袋駅で特急電車を捕まえられたので、小川町から乗車する予定の8時50分発車より40分も早く到着した。トイレを済ませてもまだ時間があるのでタクシーで橋場バス停まで行った。

標準コースタイム(無雪の場合)3時間50分

橋場バス停 --1時間-- 粥新田峠 --40分-- 大霧山 --40分-- 旧定峰峠 --50分-- 定峰峠 --40分-- 白石車庫

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

〔8:55〕登山口出発:先行していたタクシー2台も同じ場所で停車し、10人ぐらいのグループが下車していた。リーダーの掛け声のもと、しっかり整然とラジオ体操第一をしている。彼らより一足お先に(私たちはチャランポランなストレッチのみ)出発し、橋を渡り林道を行く。除雪されて雪は路肩に残るだけである。途中ショートカットの出口に遭遇し、あっそうだ、前回もこの道の入り口に気がつかずに歩いたのだと思い出した。林道が大きく右にカーブする地点で、直進する道には通行止めの表示があるので右にそのまま登って行った。下から話し声が聞こえてきた。バス停のグループだった。しかしその後彼らに追いつかれないのは不思議だと思い始め、どうも道を間違えたと悟った(^^ゞ

 登山道に入る前の林道・車道で道を間違えることは、実は一度や二度ではない。緊張感が足りないのか懲りないのか。間違いをお互いに相手のせいにしたり、反対にかばったり(笑)

 地図で現在位置を確認するとこのまま登ってしまった方が良いようだ。登りつめると両側に高原牧場が広がる二本木峠と粥新田峠を結ぶ稜線だった。「関東ふれあいの道」の一部らしい。ぶうたれていた私も粥新田峠が視野に入って機嫌を直した。正規の林道を登ってきた中高年女性5人組に何処から入れば良かったのかを尋ねると「“おばあさんの店”の辺りを左へ」とのこと。うん、“おばあさんの店”があったあった…でも左側は全く注意していなかった。45分のロスだった。

〔10:40~11:05〕粥新田峠:空腹なので峠の休憩舎で軽食。その間くだんの女性5人組みはスパッツをつけながらおしゃべりに花を咲かせている。今日参加しなかったメンバーの噂から年金の話まで途切れることがない。誰かが「アイゼンはどうしようか?」と言うと、別の人が「私は着けて行く」と言った。するとひとりが「じゃあ、私も」、もうひとりも「じゃ、私も」。

 それまではアイゼンは必要なさそうだと考えていた私なのに、何故かつられて心の中で「じゃあ、私も…」。途中の狭い登山道でのアイゼン装着は面倒なので、ともかく軽アイゼンをつけて歩き始めた。

踏み跡がある登山道
踏み跡がある登山道

 快晴だった昨日は大勢の登山者が歩いたに違いない。踏み跡がしっかりとついて歩きやすい。尾根道を気持ち良く登っていく。所々雪の割れ目に美しいアイスブルーの色が覗くのは、薄日が差す今日の日差しの加減が良いのだろうか。積雪は50cm位だろうか、それでも木の根元の雪がまあるく消えて土が現れている。山頂が近づくほどに積雪も多く、吹き溜まりにストックを突くとバランスが崩れる。山頂下の急な階段もすっかり雪に埋もれ、踏み跡のステップが頼りだった。

大霧山山頂
大霧山山頂
大霧山山頂から
大霧山山頂から

〔12:00~12:55〕大霧山山頂:あまり広くない山頂には何人かがいたが、食事が終ったグループがベンチを譲ってくださった。今日の天気では両神山と武甲山の眺めだけ。温かいうどんを作って食べた後下山にかかる。

 記憶では確かすぐに急な下りがあるが…。確かに少し稜線を行くと牧場の鉄条網沿いに急坂を下りるようになった。南に面しあまりの急斜面のためか雪が付いていない。シャーベット状の雪やぬかるみの上を木につかまりながら慎重に下りた。

なだらかな尾根道を下りる
なだらかな尾根道を下りる
武甲山を望む
武甲山を望む

 ひと下りでなだらかな尾根道になり、牧場越しに笠山・堂平山を眺めながらの清々しいスノーハイクが満喫できるようになった。

 今日は雪の深さを考慮して、いつもの履き慣れたトレッキングシューズではなく、堅牢な軽登山靴を履いて来た。この靴は長く歩くと着地のショックが足裏に響き痛みが出るので、滅多に出番がなく下駄箱で眠っていたのだ。足が痛くなるのは時間の問題と思っていたが、軽アイゼンを外して歩き出して暫くしたら案の定…う~ん。旧定峰峠から経塚バス停へ下ったほうが賢明だったと思っても後の祭り。コースは急な登り返しもあり、休まず歩いて疲れてきた。「痛いよ~」と牛歩の歩みの私。励ます夫。“獅子岩”を過ぎやっと車道に下りたところが定峰峠だった。

 ところがこの先もまだまだ大変。2回車道をカットして植林の中の登山道をひたすら下った。途中で単独行の方がバスに間に合うように急いでいるのだろう、飛ぶように私たちを追い抜いて行った。私たちはといえば16時02分のバスに間に合わず、17時15分の最終バスでの帰宅となってしまったのである。

登山データ

大霧山:標高 767m


場所 埼玉県奥武蔵


アクセス

東武東上線小川町下車バス25分橋場バス停


山行日 2001/02/04

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP