大台ヶ原山登山 (5)

標準コースタイム 約3時間45分

大台ヶ原駐車場 --30分-- 正木峠(展望台)--10分-- 日出ヶ岳 --(正木嶺)30分-- 正木ヶ原 --10分-- 尾鷲辻 --15分-- 牛石ヶ原 --(大蛇嵓分岐)25分-- 大蛇嵓--20分-- 大蛇嵓分岐 --40分-- シオカラ谷吊橋 --45分-- 大台ヶ原駐車場

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
大蛇嵓の手前
大蛇嵓の手前

 道を進むにつれて岩がゴロゴロとしてきて、大蛇嵓の岩場が近いことをうかがわせる。

大蛇嵓

〔10:20~10:30〕大蛇嵓:行き止まりの先は岩場になっていて、梯子がかかっている。梯子を登り岩の上に立つと、中年ご夫婦の先客がいた。

大蛇嵓に登る木梯子
大蛇嵓に登る木梯子
大蛇嵓の上へ
大蛇嵓の上へ
大蛇嵓から見る北側岩壁
大蛇嵓から見る北側岩壁

 岩の上に立って見える左手の岩壁は荒々しいが、新緑が萌えアケボノツツジが彩りを添えて美しい。が、さてもっと先に進まなくては…。

 岩場は崖上に突きだしていて、中程からは鎖付きの柵が設置されている。先客の女性の方は手前の方で柵に掴まっていたが、男性は岩場の突端にいて下をのぞき込んだりしている。私にしてみれば正気の沙汰ではない(笑)。なにしろ柵といっても落下防止用の鎖はすき間が大きい。滑ったりバランスを崩してよろけたら、鎖の間から転落しそうな気もする。

 何とか岩の上を3分の1くらいまでは歩を進めたが、岩場が平らではないので柵に掴まる場所に移動するのが怖い。完全に立ち往生だった(^^ゞ

大蛇嵓から大峰連山の展望
大蛇嵓から大峰連山の展望
大蛇嵓の岩頭
大蛇嵓の岩頭

 夫は岩の上に乗らずに端を歩いて柵まで進む作戦を採った。が、その先には行こうとはしない。先客はといえば戻る気配を見せず、高度感を楽しむかのようにかなり念入りに展望鑑賞中である。ノミの心臓の私たちは大蛇嵓の岩頭まで進むのは無理と悟り、真下の大絶壁展望は諦めて、引き上げることにした。

アケボノツツジ
アケボノツツジ
ツクシシャクナゲの大木
ツクシシャクナゲの大木
ツクシシャクナゲ
ツクシシャクナゲ

 大蛇嵓分岐と大蛇嵓への道は、アケボノツツジだけではなくツクシシャクナゲもちょうど花の見頃だった。復路でも足が止まってばかり。

シャクナゲ坂のシャクナゲのトンネル
シャクナゲ坂のシャクナゲのトンネル
ツクシシャクナゲ
ツクシシャクナゲ
ツクシシャクナゲ
ツクシシャクナゲ

〔12:45~〕再び大蛇嵓分岐に戻ってきて、シオカラ谷へと向かった。シャクナゲ坂と呼ばれる道は、まさしくシャクナゲのトンネルになっていて、咲き残ったシャクナゲを見て最盛期の素晴らしさを想像した。1週間前くらいに来たのなら、歓声を上げまくり、狂喜で踊りまくってしまうのではないかと思われる(笑)

 ただスタートからずっと歩きやすい道だったが、シャクナゲ坂は岩ゴロで少し歩きにくかった。


登山データ

日出ヶ岳:標高 1695m

場所 奈良県


アクセス

近鉄大和上市駅から奈良交通バス約1時間20分

湯盛温泉から登山口までタクシー利用


山行日 2012/06/06

天気 曇りときどき晴れ

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

五色沼(吾妻の瞳)

東吾妻山 » (アズマシャクナゲが咲く山)

PAGE TOP