総本山 長谷寺 (3)

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
長谷寺の新緑
長谷寺の新緑

 本堂から奥の院へと向かうと目映いばかりの新緑。道沿いには紫陽花が植えられていて、咲き出した花に梅雨入りが近いことを感じた。

一切経堂

長谷寺 一切経堂
一切経堂
長谷寺 一切経堂
一切経堂
長谷寺 本長谷寺
本長谷寺
長谷寺 三重塔跡
三重塔跡
長谷寺 五重塔
五重塔

 奥の院までは行かずに下りの順路に戻り、登廊を眺めながら坂道を下った。

長谷寺 嵐の坂
嵐の坂
長谷寺 本堂と登廊
本堂と登廊
長谷寺 下りの坂から登廊を眺める
下りの坂から登廊を眺める
長谷寺 登廊
登廊

 山旅から帰った翌日、奈良県は梅雨入りした。大台ヶ原では台風通過後のつかの間の晴天で、大和路の2日間も雨に遭わず、運が良かったお陰で楽しい旅だった。

長谷寺温泉 湯元 井谷屋

 電車とバスでの移動だと、室生寺と長谷寺に参詣した後に帰京するのは忙しいので、長谷寺の門前町にある旅館に宿泊することにした。この辺りでは珍しいが、温泉(掘削 / ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉 / 20.6度)とのこと。実際に宿泊したのは鉄筋コンクリート造りの別館だったが、道を挟んで向かいの本館は、昔の雰囲気を残していている。

井谷屋の本館
井谷屋の本館
千人風呂(女性浴室)
千人風呂(女性浴室)

 浴室はやたらと広くて、アールデコ調の填めガラスなどちょっぴりレトロな感じだ。長谷寺での花の見頃時期には、参詣客で賑わうのだろう。

 長谷寺へは帰京する朝に参詣。旅館から徒歩数分なので便利だった。

湯元 井谷屋 »


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP