南月山と姥ヶ平 (5)

標準コースタイム 約2時間50分

ロープウェイ山頂駅 --20分-- 牛ヶ首 --20分-- 日の出平 --30分-- 南月山 --30分-- 日の出平 --15分-- 牛ヶ首 --15分-- 姥ヶ平 --20分-- 牛ヶ首 --20分-- ロープウェイ山頂駅

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
西日で金色に輝くカヤの穂
西日で金色に輝くカヤの穂

 既に日は西に傾き、牛ヶ首からの巻き道から見る西斜面の紅葉は逆光で見る。路端のカヤの穂が西日で金色に輝いているのが印象的だった。

那須ロープウェイ山頂駅
那須ロープウェイ山頂駅

〔16:00〕那須ロープウェイ山頂駅:計画の到着予定時間より遅くなった。ロープウェイで山麓駅まで下りて、予約している大丸温泉へ。

大丸温泉 大丸温泉旅館

 那須岳山麓には幾つもの温泉があるが、那須ロープウェイを利用する登山コースの場合は足の便が良いので、2001年にも宿泊した。

大丸温泉旅館
大丸温泉旅館
大丸温泉旅館
大丸温泉旅館

 「日本秘湯を守る会」の会員旅館であるが、那須岳山麓では秘湯または秘湯の趣が濃い温泉が多々あり、大丸温泉はそれほど秘湯のイメージはないと思う。しかし山ふところに抱かれた一軒宿であることは間違いない。

大丸温泉旅館露天風呂 川の湯

 大丸温泉旅館の魅力は、白土川の淵をせき止めて造られた野趣味満点の露天風呂だ。そのまま温泉の川になっていて「川の湯」と呼ばれる。

女性専用露天風呂「山ゆりの湯」
女性専用露天風呂「山ゆりの湯」
混浴露天風呂「あじさいの湯」
混浴露天風呂「あじさいの湯」
混浴露天風呂「白樺の湯」
混浴露天風呂「白樺の湯」
混浴露天風呂「白樺の湯」
混浴露天風呂「白樺の湯」

 一番上流に女性専用の「山ゆりの湯」がある。「山ゆりの湯」の下流に混浴露天風呂「あじさいの湯」、小さめの混浴露天風呂「あざみの湯」と続き、一番下流が混浴露天風呂「白樺の湯」となる。「白樺の湯」が一番広い。「川の湯」の底には小砂利が敷き詰められている。

女性専用露天風呂「石楠花の湯」
女性専用露天風呂「石楠花の湯」

 女性専用露天風呂はもう1箇所、女性用内湯から出て「山ゆりの湯」へ行く通路の途中(「川の湯」から離れる)に、屋根付きの「石楠花の湯」がある。

 「川の湯」の混浴の湯に女性が入浴する場合、旅館が用意した専用バスタオルを利用して良い。以前に宿泊したときは入るタイミングと勇気がなくて、口惜しいけれど諦めた思い出がある。おそらくその後バスタオルOKになったのかもしれない。平日の朝食後という、ベスト穴場の時間を狙いリベンジした(笑)

飲泉所
飲泉所

 建物は前回宿泊以降にリニューアルが加えられた模様で、飲泉所が設けられたり、内湯は改装されてきれいになっていた。予約をせず空いているなら鍵をかけて使える貸切り風呂は、女性用内湯の隣にあり、気軽に使いやすい。専用露天風呂が2箇所あり、貸切り風呂の利便性など女性用のお風呂が充実していると思うのは、以前と同じ感想である。


登山データ

南月山:標高 1776m

場所 栃木県


アクセス

JR那須塩原駅からバス約1時間10分那須ロープウェイ山麓駅


山行日 2012/10/09

天気 曇りのち晴れ


Everytrail:トラックと写真のページ

投稿を見る »

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP