南月山と姥ヶ平 (3)

標準コースタイム 約2時間50分

ロープウェイ山頂駅 --20分-- 牛ヶ首 --20分-- 日の出平 --30分-- 南月山 --30分-- 日の出平 --15分-- 牛ヶ首 --15分-- 姥ヶ平 --20分-- 牛ヶ首 --20分-- ロープウェイ山頂駅

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
陽差しが点し紅葉が鮮やか
陽差しが点し紅葉が鮮やか

 牛ヶ首に戻る途中で徐々に陽差しが出てきたので、賽の河原の紅葉がいっそう鮮やかになった。

牛ヶ首から望む茶臼岳
牛ヶ首から望む茶臼岳

〔13:35~13:45〕牛ヶ首:再び牛ヶ首。景色を堪能してから姥ヶ平を目指した。

日の出平斜面の紅葉
日の出平斜面の紅葉
牛ヶ首から望む三本槍岳と姥ヶ平
牛ヶ首からの三本槍岳と姥ヶ平

スポンサードリンク

噴気孔のそばを通過
噴気孔のそばを通過

 牛ヶ首から硫化水素ガスの臭気にむせそうになりながら、三斗小屋温泉への道を下る。始めのうちのザレは滑りやすく、続くガラガラとしたガレ場の下りは歩きにくい。したがってペースが落ちる。

 12年前にこの道を下った時も、姥ヶ平までの標準タイム15分では歩けずに35分かかっていた。下りが苦手なのは現在も変わらないが、違うのは下に見える樹林や灌木が錦に彩られ、それを眺めながら下れることだ。

 ガレ場を抜けて灌木の中の下り坂になった。まだまだどんどん下るので、復路の登りのしんどさが思いやられる。しかしそんな思いもいっときだった。思いもしない事態になってきた。いつしか霧が晴れ、空は青空の割合が増して、もはや「晴れ」の天気に変わってきたのだ。紅葉劇場序章の感動も吹き飛ぶような、紅葉のクライマックスシーンが幕を開けた。

牛ヶ首から姥ヶ平への途中、標高1650m付近で見た見事な紅葉

錦のような斜面
錦のような斜面
鮮やかな赤に息をのむ
鮮やかな赤に息をのむ
大倉山・三倉山方面の山並みと紅葉
大倉山・三倉山方面の山並み

 晴天のもとでの透き通るように鮮やかな赤、オレンジ、黄色が眩しい。この年関東甲信では、素晴らしい紅葉に恵まれる気象条件が揃っていた。とはいえこの晴天、19年間思い続けてきたことの天からのご褒美かと思える。

シラタマノキの実
シラタマノキの実

 見事な紅葉の景観に足を止め、眺めたり撮影したいのは皆ご同様で、登山道がまさかの渋滞。そこに待ってましたとばかりに飛んできた報道関係らしいヘリコプターが、爆音を立てしつこく旋回してうるさい。しかし不機嫌になる人はいなかった。誰もが素晴らしい景色を見られて、幸せな気分だったのだろう。進まない渋滞中はシャッターチャンス。紅葉ばかりでなく、たまには足元のシラタマノキの実も撮ってあげよう(^^)


登山データ

南月山:標高 1776m

場所 栃木県


アクセス

JR那須塩原駅からバス約1時間10分那須ロープウェイ山麓駅


山行日 2012/10/09

天気 曇りのち晴れ

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP