鳴神山 (3)

標準コースタイム 約4時間25分

大滝(木品)登山口 --10分-- 大滝 --1時間20分-- 肩の広場 --5分-- 鳴神山山頂 --(仁田嶽往復20分)-- 肩の広場 --1時間-- 花台沢の頭 --30分-- 金沢峠 --1時間-- 観音橋バス停(湯沢)

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

鳴神山(桐生嶽)山頂

鳴神山山頂標識
鳴神山山頂標識

〔12:15~13:20〕山頂:露岩の急登を登っていくと、アカヤシオが目に付くようになる。10分もかからず山頂に立つ。

男性が指差している方向に奥白根山
男性が指差している方向に奥白根山
山頂から北の展望
山頂から北の展望

 目に飛び込んだ展望は、まず日光の男体山だった。だが春霞の中…。今日は気温が高く展望は諦めていたが、登りの途中ですれ違った下山中の人から展望も充分と聞いていた。しかしさすがに正午を回り、遠くはもやっていた。それでも男体山の西に残雪の奥白根山。居合わせた人に皇海山、武尊山を教えてもらった。

アカヤシオ

アカヤシオ
アカヤシオ
アカヤシオ
アカヤシオ
アカヤシオ
アカヤシオ

 アカヤシオの見頃は1週間ほど前だったらしいが、まだ充分楽しめた。トウゴクミツバツツジも咲き出していた。向かいの山肌は春色のパッチワーク。萌黄色の中に、アカヤシオやヤマザクラが咲いている。

 山頂はあまり広くない。大勢の人が去ったあとに山頂に到着したのでシートを広げるスペースはあったが、カンカン照りで暑いため隣の仁田嶽(西峰)に向かった。

鳴神山仁田嶽(西峰)

仁田嶽(西峰):西峰にも石祠があり、木立の中で展望が利かないかわりに静かだった。アカヤシオの木の下で昼食。木にかけられた札には「仁田山岳山頂」とあった。

鳴神山山頂から見た仁田嶽
鳴神山山頂から見た仁田嶽
仁田嶽(仁田山岳)標識
仁田嶽(仁田山岳)標識
アカヤシオとミツバツツジ
アカヤシオとミツバツツジ

 しばらくすると隣の山頂が賑やかになった。元気でお喋り好きな集団に占拠されたもよう。西峰に移動して大正解(笑)


登山データ

標高 鳴神山:980m

場所 群馬県

アクセス

東武新桐生駅からおりひめバスまたは、新桐生駅かJR桐生駅からタクシーで20~30分


山行日 2005/05/04

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP