南平山 (2)

標準コースタイム 約4時間35分

川治温泉駅 --25分-- 登山口 --30分-- 送電線鉄塔 --35分-- 下の分岐 --30分-- あずまや --35分-- 南平山 --20分-- 分岐 --25分-- 下の分岐 --25分-- 送電線鉄塔 --25分-- 登山口 --35分-- 川治湯元駅

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

※ 国土地理院2万5千分1地形図に南平山の登山道は記載されていません。登山ルートの作図はたいへんアバウトですので、ルートのイメージとしてご覧下さい。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

南平山山頂

〔13:15~13:40〕「頂上まで0.8km」の標識から再び登りだし、徐々に傾斜がきつくなる坂を登りきると山頂に到着した。同じ電車で来て登っているはずの人たちはもう下山中なのだろう、山頂には誰もいなかった。展望は山頂の東側の樹間に高原山(釈迦ヶ岳・鶏頂山)が見える程度だが、静かな佇まいは前回と変わらず好ましかった。

山頂標識三態

南平山 山頂標識
山頂標識
南平山 山頂標識
山頂標識
南平山 山頂標識
山頂標識

 ところが少し遠くで話し声がする。声の方向を見ると、ヤブの向こうの山頂の一端で休憩している人がいた。そこまで行けば別の展望が見えるのかと行ってみたら、登山口までご一緒したご夫婦だった。しばらく話をしてから山頂標識がある場所に戻ってゆっくり休憩。

黄金埋蔵伝説の説明看板
黄金埋蔵伝説の説明看板

 「黄金埋蔵伝説」を記した看板が大きくて興ざめだが、いかにも里山という雰囲気でもある。先のご夫婦とそれぞれの夫婦記念ショットを撮りあったあと、一足先に下りることにした。

 「頂上まで0.8km」の標識まで戻ったのだが、北面のコースとの分岐がわからなくなった。落ち葉が踏み跡を隠しているためだった。指導標は少し引き返すと目に入る位置に立っていた。

気持ちが良い自然林
気持ちが良い自然林
紅葉
紅葉
自然林の中を下る
自然林の中を下る

 北面のコース(登りの場合では右回りコース)にはイヌブナの樹が多い。前回5月の山行のときには、冴え冴えとした新緑の色が目映いばかりだった。登ってきたコースより樹林帯は更に美しく、倒木が多くて自然林そのままの感じがして好ましい。

 高山の樹林帯や東北のブナ林とは趣きが異なるが、里山の自然林も気持ちが良く、歩いていると癒される。

 この山の登山道は実に足に優しい。比較的急なところもあるけれど、踏み固められていないしえぐれたりもしていないため。歩きやすいのでグングン下れる。そして秋はフカフカの落ち葉のじゅうたんがクッションの役割を果たしてくれる。

 ところがこちらは北面のため落ち葉の量が多く、踏み跡が消えてあれれ?という場面もあった。赤い目印テープもあまり目立たないので要注意である。下の分岐も近くなった窪地で、完全に道を失ってしまった。少し戻ってテープを見つけ、周りを注意深く眺めてみた。そうだ、ここは前回もちょっと迷ったポイントだった。思い出して右に進むと笹原に踏み跡があった。いったん右手の岩場を回りこむ格好になり、ちょっと登り返すと再び明瞭な登山道。そこからすぐに下の分岐に到着した。

〔14:25~14:35〕最後の休憩のつもりでミカンを食べていると、ずいぶん上のほうで声がする。あのご夫婦は登ってきたのと同じ左回りを下山していた。下りてくるのを待って再び声をかけ、そこからは前後しながら下っていった。

 鉄塔の手前で犬を連れ散歩中といった感じで登ってきた家族に出会った。挨拶を交わすと「上まで登ったんですか。小熊はいませんでしたか」とおっしゃる。よく出るそうである。前回は間近にサルがいて怖かったが、熊よりまだ良いというものだ。北面コースを歩くときだけ熊鈴をつける気になったのは、虫の知らせだったのかもしれない。

黄金の山
黄金の山
鉄塔鞍部から眼下に川治温泉街
鉄塔鞍部から眼下に川治温泉街

 鞍部になっている鉄塔まで下ると、正面の小ピークにちょうど西日が当たって紅葉した木々が金色に輝いていた。南平山に朝日が当たって金色だったように、今度は対面の山々が傾いた太陽に照らされ黄金色だ。まさに「黄金の山」を連想させる光景だった。

鬼怒川沿いの遊歩道を行く
鬼怒川沿いの遊歩道を行く

〔15:15〕登山口に戻った。川治温泉駅へ戻れば16時08分発の上りの快速電車に余裕だった。しかし共同浴場「薬師の湯」に行ってみることにして、温泉街に向かって鬼怒川沿いの遊歩道を左に歩き出した。あじさい公園の入口にはベンチとテーブルやあずま屋があって、前回にはコーヒータイムをとったことを懐かしんだ。

 あじさい公園を通り抜け黄金橋を渡って「薬師の湯」へ。近辺の人込みを見ただけで中の混みようも想像された。以前は無料、もしくは100円だった入浴料も300円になっていた。入浴をやめることにした。下山途中で先に行かれた例のご夫婦が券売機の前にいらっしゃるのを見つけてお別れの挨拶をし、川治湯元駅へ向かった。駅はすぐ上にあるというのに、テニスコートと発電所を大きく回りこんで車道を登らなければならない。今日の山行ではこれが一番辛かったのだった。


登山データ

標高 南平山:1007m

場所 栃木県


アクセス

野岩鉄道川治温泉駅


山行日 2003/11/02

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP