余計な前書き 鳴虫山は日光市街の里山で、山頂からは日光連山を展望できる。しかも日光市街地そばにあるので「駅前から登山」できて、登山口まで公共交通機関でアクセスする私たちにとって至極便利である。

 1992年の新緑の頃に登っていて、今回は12年ぶりである。以前の登山の時には期待していたヤシオツツジは終わってしまっていたが、ガスに煙る新緑が美しかった。下山コースの下りがとても急で怖かったこと、山頂で一緒だったボーイスカウトの団体が騒がしくて閉口したことなどを思い出す。

 家を出て駅までの道すがらに、ふといやな予感。東武浅草駅でザックを開けてデジカメを取り出した。うわ、やっぱり…。カメラにメディアが入っていない!メディアを自宅に置いてきてしまったのだ。すぐに思ったのは「ホームページのレポートができない?」(笑)

 いつも面白がって?私ばかりを写す夫に、「景色も撮ってよ」と注文しておいた。

鳴虫山 (1)

標準コースタイム 約5時間55分

東武日光駅 --15分-- 登山口 --10分-- 天王山神社 --40分-- 神ノ主山 --1時間-- 鳴虫山 --20分-- 合峰 --40分-- 925m独標 --40分-- 発電所 --10分-- 並び地蔵 --30分-- 総合会館前 --35分-- 東武日光駅

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
志渡淵川の道標
志渡淵川の道標
登山口
登山口

〔9:20〕出発:ガイドブックの記述にしたがって歩くと、見覚えがある志渡淵川沿いの道に出た。日光保育所先の橋にも大きな指導標があり、迷うことはない。登山口は住宅街の中にある。

天王山神社
天王山神社

〔9:50〕天王山神社:支尾根に上がると右手に鳥居、登山路は左に向かっている。前回は素通りした神社(小さな祠)にお参りした。

 コースに戻り登り始めようというときに、夫がカメラが電池切れだと言い出した。予備の電池、持ってるよね…。あぁ、良かった(笑)

登山道
登山道

 登り始めはスギかヒノキの植林帯で薄暗くて寒々するが、そのうち広葉樹の雑木の樹林になる。登りは急だが案外すぐに神ノ主(こうのす)山に到着。

神ノ主山

〔10:35~10:45〕神ノ主山山頂:神ノ主山の頂は山頂といっても尾根の途中という感じである。しかし開けた北側には日光市街と霧降高原から立ち上がる日光連山の眺めが素晴らしかった。ベンチも幾つかあり、前後してやってきた人は皆休憩していく。

神ノ主山山頂
神ノ主山山頂
神ノ主山山頂
日光連山の眺望 男体山/小真名子山/大真名子山/女峰山/赤薙山

 鳴虫山へは雑木とアカヤシオなどのツツジの樹林の稜線を登っていく。アルバムに残したガスに煙る新緑の写真は、この辺りで撮ったものなのかなと思いながら登っていた。

登山道
登山道
稜線の紅葉
稜線の紅葉
登山道
登山道
紅葉・黄葉
紅葉・黄葉

 登山道は露出した根がうるさく少々歩きづらく、展望もない。細かいアップダウンがあるので山頂は思ったより遠かった。


登山データ

鳴虫山 標高:1104m

場所 栃木県


アクセス

東武日光線東武日光駅


山行日 2004/11/07

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP