余計な前書き 越後の山々は遠いと思い込んでいた。しかし上越新幹線は本数も多く越後湯沢まで2時間、東京駅に近い我が家なら交通費を別にすれば奥多摩に出るのも同じ。今年は秋の訪れが早いようなので標高2000mの高層湿原の草紅葉を期待して出発した。新幹線の窓からは初冠雪したばかりの富士山が美しい。越後湯沢駅の改札を出るとタクシーの運転手が予約客を待っていたが、出口に向かう私達を追いかけてきた。「お客さん、小型車ありますよ」と声をかけ、さっと同僚運転手に引き継いで戻って行く。う~ん商売上手! 

苗場山山頂まで(登り)

1日目 9月23日 / 文句なしの大快晴、雲ひとつなし!

 「今日は雨は絶対降らないねぇ」と愛想が良いタクシーの運転手さんは、昨日も今朝一番の新幹線の登山客も、結構運んだそうだ。和田小屋手前の駐車場には車がぎっしり。小屋が混んでいることを覚悟したが、何しろこの上天気、そんなことはどうでも良いという気になる。和田小屋に到着すると下車前に運転手さんが山座同定のガイドのサービス。「あれが巻機山、あれは越後三山、手前が平標山、仙ノ倉山、谷川岳、白砂山…」、う~ん覚えきれない。これだけくっきり全ての山が見えることは、地元の運転手さんでも1年にいっぺんあるかないかだと言う。

標準コースタイム 約3時間50分

和田小屋 --1時間10分-- 下ノ芝 --1時間30分-- 神楽ヶ峰 --1時間10分-- 苗場山

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
登山口に「クマに注意」の看板
登山口に「クマに注意」の看板

〔9:10〕和田小屋出発:和田小屋でお手洗いを借りて(有料/100円)ベンチで出発の仕度。もう下山して来た女性は滑って転倒したのかズボンが汚れていて、スパッツを外している。やはり道はぬかるみでしたか、と確認し私達もスパッツを着けて出発した。

 スキーゲレンデからブナ林の登山道に入るとぬかるみが始まり滑りやすい。石や岩がゴロゴロしているうえ、所々湧き水が沁み出していてピチャピチャしてしているので歩きにくい。時々現れる木道にホッとする。しかし傾斜はゆるいため、寝不足にもかかわらず快調に登っていった。

〔10:30~10:40〕下ノ芝:下ノ芝には木道脇に休憩場所が設けられている。中ノ芝までツガの樹林帯を登る。

中ノ芝
中ノ芝
カッサ湖を見下ろす
カッサ湖を見下ろす

〔11:30~12:15〕中ノ芝:展望が開けた広い草原の中ノ芝は、点在する岩を椅子代わりに絶好の昼食場所だった。カッサ湖と越後湯沢の町を見下ろし、どこまでも連なる越後、上州の山並みを一望にした。空は澄んで青く、乾いた爽やかな風がそよぎ、おまけに展望に恵まれてなんと贅沢なランチタイム!タクシーの運転手さんの受け売りも記憶しきれなかったので心もとなく、改めて地図を広げる。周りでもみな山座同定中。

 お腹が満たされたら歩き始めたとたんに眠気が襲ってきた。前夜寝付けなかったこともあり睡眠不足だった。まぶたの重さと戦いながら岩ゴロの道を登っていると小松原湿原との分岐を過ぎて稜線に出た。ここからはさすがにうつらうつらでは歩けないと思っていると、前方に大岩が登山道を通せんぼしている。「股すり岩」である。

股すり岩
股すり岩

 夫が設置されている鉄梯子で下りようかどうしようかと一瞬迷っていたら、下りたばかりの男性が「梯子の段の間隔が広くて下りにくいから岩場を下りたほうが楽」とアドバイスしてくれた。私も多少お尻をこすったものの難なく越えられて、梯子は何のためにあるのかと思うほどだった。この股すり岩ですっかり目が覚めた。

神楽ヶ峰から望む苗場山
神楽ヶ峰から望む苗場山

〔13:10~13:15〕神楽ヶ峰:やがて神楽ヶ峰に着いた。ここで初めて苗場山の姿を見ることができる。山頂台地の端に小屋の屋根が小さく眺められた。山頂に居た方たちに「今日は上で泊まりですか?」と聞かれて頷くと「ゆっくりでいいですね」と言われた。今日の天気では日帰りでの下山者もまだまだ多い。

神楽ヶ峰を振り返る
神楽ヶ峰を振り返る

〔13:55~14:10〕鞍部:眼下の鞍部まで勿体無いほど下る(200m)。途中の雷清水は美味しい湧き水である。山頂の小屋には水場がないので、各自の水筒を満タンにしておいた。最低鞍部に下り目の前の急登に備えて休憩をとった。

※ 後日、参加している山のメーリングリスト(TML)の管理人さんT・Sさんとこのあたりですれ違っていたことが判明!

 いよいよ山頂直下の急登。ガイドブックには両側が切れ落ちた急峻な岩稜の急登とあるが、それほど怖いヤセ尾根でもなかった。しかしどんどん傾斜を増し、時々腰に手を当て上を見上げてため息をつきたくなる。それでも岩に手を掛けよじ登るようになると、ぐんぐん高度が稼げる。ようやく登山道の向こうに明るい空が見えたとき、山頂の一角に着いたことを確信した。最後の急登が苦しかっただけに、目の前に広がった景色はいっそうの感激をもたらした。

苗場山山頂

山頂湿原
山頂湿原
遠く槍・穂高も見えた大展望
遠く槍・穂高も見えた大展望

 まだ青空は明るく澄み渡り、山上の湿原の周りを取り囲む山並みはくっきりと鮮やかであった。小屋が建つ丘の向こうに穂高槍連峰が!剱岳、立山、白馬、そして妙高・火打山。中ノ芝での展望の越後の山々に連なって、左手東南に裾野をひいた赤城山が美しい。榛名山、浅間山、白砂山、佐武流山…。

苗場山山頂
苗場山山頂

 山小屋遊仙閣の裏手が苗場山の三角点。写真を撮ってから苗場山山頂ヒュッテ(現在は苗場山自然体験交流センター)に到着。


登山データ

苗場山:標高 2145m

場所 新潟県


アクセス

JR上越新幹線越後湯沢駅タクシー45分 / タクシー料金約6000円・小型車5150円(2001年当時)


山行日 2001/09/23-24

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP