燕温泉と苗名の滝

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 妙高高原には有名な赤倉温泉を初めとして温泉がいっぱい。それぞれ泉質も異なるので、目移りしてしまいます。妙高山に一番近い燕温泉には「日本秘湯を守る会」の会員旅館があります。

 妙高高原駅から池の平温泉を通り、赤倉温泉を過ぎると、車はどんどん標高を上げていきます。眼下に野尻湖と湖を取り囲む山並みが見えます。湖の向こうに斑尾山、手前に黒姫山。

 燕温泉はまさに車道の終点にありました。こじんまりした温泉街の坂道を登れば、そこはもう妙高山登山口です。

燕温泉全景
燕温泉全景
坂の上の道標
坂の上の道標

燕温泉 樺太館

燕温泉 樺太館
燕温泉 樺太館

 宿の部屋の軒下はツバメ(イワツバメ?)の団地となっていました。お風呂はもちろん源泉掛け流し。45度の源泉を水でうめていないため、少々熱めの湯です。硫黄温泉(含ナトリウム・カルシウム)なのに、単純泉や食塩泉のように湯冷めしにくい湯でした。いつまでも暑い、暑い。泊り客が少なかったので窓と部屋のドアを開け放ちました。部屋を山の風が通り抜け、ああ気持ちが良い!

野天風呂「黄金の湯」

野天風呂「黄金の湯」への道
野天風呂「黄金の湯」への道
黄金の湯からの眺めは?
黄金の湯からの眺めは?
「黄金の湯」前に妙高山
「黄金の湯」前に妙高山

 温泉組合が管理している野天風呂のひとつの「黄金の湯」は、石畳の坂と石段を登った妙高山登山道の脇にあります温泉街から5分ほどです。

野天風呂「黄金の湯」
野天風呂「黄金の湯」
女性用脱衣所
女性用脱衣所
野天風呂「黄金の湯
野天風呂「黄金の湯

 男性風呂は道路から丸見え同然ですが、女性風呂はヨシズの囲いがあります。男性風呂と女性風呂の間仕切りのヨシズには破れや隙間が…。ま、細かいことは気にしない(笑)

 朝一番に入りに行ったので、独り占め(^^)/

 隣の男風呂から「オハヨー!」と元気な声が掛かりました。声の主はおじさんですが。そんなことも楽しくなるほど、自然と一体になれる本物の温泉でした。

 夫は温泉街から歩いて15分ほどの「河原の湯」へも行きました。抜け駆け、ずる~い。

 吊り橋を渡り渓谷まで下りて行きます。燕温泉の発祥の場所だそうです。こちらは混浴。宿の内湯や「黄金の湯」より湯の花が少ないのに真っ白だったとか。肌触りもサラッとしていたそうです。後で聞くと温泉の泉質が違うそうで、「河原の湯」はカルシウムが多いそうです。どちらも無料!!

 翌朝宿を発つ前に、「黄金の湯」の先にある「惣滝」展望台へ行きました。「黄金の湯」では地元のおばさんが清掃中のところをお邪魔してお喋り。「河原の湯」の浴槽の底は自然の一枚岩なのだとか。

惣滝

惣滝展望台付近からの妙高山
惣滝展望台付近からの妙高山
日本の滝百選 惣滝
日本の滝百選 惣滝
惣滝(ズームで)
惣滝(ズームで)

 惣滝は80mの落差があるので、奥日光の華厳の滝タイプ。もう少し近ければ迫力がある見応えだったかも。

苗名の滝

 タクシーで所用先まで行く途中、池の平のススキの原や妙高高原からの妙高山の車窓風景を楽しみました。用事を済ませた後、やはり日本の滝100選の「苗名の滝」へ。

苗名の滝説明板
苗名の滝説明板
苗名の滝
苗名の滝
苗名の滝(滝口をズーム)
苗名の滝(滝口をズーム)

 遊歩道で河原まで行くことが出来ます。水量が多い豪快な滝でしたが、雪解けの頃とは比較にならないそうです。

 意図せずに滝巡りの旅になりました。滝見物の後は入口にあるレストランで食事。隣のカフェテラスでソフトクリーム(^^)

 観光シーズンが終わった平日の昼下がりは観光地も静かなもの。高原の風に吹かれてボーっとしていたら…バス便がある杉の沢まで遊歩道を歩くつもりだったのに気力減退(^^ゞ で、タクシーを呼んで駅へ。


拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP