弥山登山 (2) 2014年11月12日

標準コースタイム(宮島桟橋から) およそ4時間

宮島桟橋 --15分-- 紅葉谷公園 --10分-- 紅葉谷コース登山口 --30分-- 分岐点 --20分-- 弥山本堂・霊火堂 --10分-- 弥山山頂 --10分-- 弥山本堂・霊火堂 --10分-- 仁王門 --25分-- 岩屋大師 --1時間20分-- 奥大元公園 --5分-- 大元神社(大元コース入口)--30分-- 宮島桟橋

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
紅葉谷コース登山口
紅葉谷コース登山口

〔9:50〕紅葉谷コース登山口:奥紅葉谷公園の奥が紅葉谷コース登山口だ。「弥山山頂まで2km」の道標がある。

すぐに石段の登り
すぐに石段の登り

 歩き始めたらすぐに石段が現れた。紅葉谷コースは石段が少ないはずなのに、初めから石段じゃん!

 「石段」といっても神社仏閣にある階段のような石段ではない。整備されたハイキングコースによくある「丸太の階段」と同じで、丸太の代わりに石材が使われた階段状の登山道だった。なだらかな登りの坂道が付けられているが、少し傾斜があると石段になる…という感じである。

鹿が横切る
鹿が横切る

 鹿が人の気配など気にせずに、実に堂々と目の前を横切った。

 厳島の鹿は野生鹿だが、とても人慣れしている。観光客にすり寄ってくるのは当たり前で、撫でても逃げない。観光エリアには「野生の鹿なのでエサをやらないように」との立て札があるので、さすがに食べ物を与えている人は見かけなかったが、何かを食べながらの散策は要注意である。前日の散策中では、紙コップ入りの飲み物を奪われたカップルと焼きトウモロコシを持って歩いていた子供が鹿にまとわりつかれていたのを目撃した。

 で、登山中は鹿をあまり見かけなかったので、どうやら昼間は観光エリアに出張中なのかもしれない(笑)

 しばらく登ると周囲に巨石・大岩がゴロゴロとしてきて、山の雰囲気が深山幽谷っぽくなってくる。ここを過ぎるとやや急な石段の登りになった。

巨石が多くなる
巨石が多くなる
急な石段が続く箇所
急な石段が続く箇所
上から見下ろした急な石段
上から見下ろした急な石段

 この石段が結構長く続き、久しぶりの登山なので大腿筋が悲鳴を上げた。観光案内サイトのコースガイドに書かれている、“「天然橋」付近からのやや急な80段の石段”というのがここらしい。

再び石段
再び石段
分岐まであと少し
分岐まであと少し

 石段が終わっても少し進むとまた石段。「弥山山頂まで0.8km」の辺りでようやく尾根(分岐点)が近くなった感じがして一息ついた。


登山データ

標高 弥山:535m


アクセス

JR宮島口-(徒歩)-宮島口-(連絡船)-宮島桟橋

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP