弥山登山 (1) 2014年11月12日

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
フェリーから見る干潮時の大鳥居
フェリーから見る干潮時の大鳥居

 旅館かんざきの朝食時間は7時30分からだそうだが、早めに出発したいと伝えたところ、朝食時間を早めにしてくださった。宮島口桟橋へタクシーを使い、時間を節約。所要時間は宿から10分くらい。フェリーにもすぐに乗船でき、9時前には宮島に上陸。時は干潮で、大鳥居の真下の海は引いていて、前日と趣が異なる景色だった。

標準コースタイム(宮島桟橋から) およそ4時間

宮島桟橋 --15分-- 紅葉谷公園 --10分-- 紅葉谷コース登山口 --30分-- 分岐点 --20分-- 弥山本堂・霊火堂 --10分-- 弥山山頂 --10分-- 弥山本堂・霊火堂 --10分-- 仁王門 --25分-- 岩屋大師 --1時間20分-- 奥大元公園 --5分-- 大元神社(大元コース入口)--30分-- 宮島桟橋

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

弥山の登山コースについて

弥山を麓から登る登山コースは3コースある。

「紅葉谷コ-ス」は最短で定番コース。渓流沿いに樹林帯の中を登り、ロープウェイ駅獅子岩駅から山頂へ向かう道と合流する。ロープウェイ紅葉谷駅から弥山山頂まで約2.5km、登りの標準タイムは約1時間30分。

「大聖院コ-ス」は一番整備されているそうだが、ほとんど石段(2000段!)で登り詰めていくコース。古くからの石仏や「町石」が残っていて、展望の良い場所も多いとか。大聖院から弥生山頂まで約3km、登りの標準タイムは約1時間30分から2時間。

「大元コ-ス」は天然記念物に指定されている弥山原始林を歩くコース。仁王門で大聖院コースと合流する。石段が3コース中一番少ないそうだが、登山道は弥山の西側の谷を大きく回り込んで付けられているので、宮島桟橋との距離は遠くなる。大元神社~弥山頂上まで約3.2km、登りの標準タイムは約2時間。

〔8:50〕宮島桟橋出発:フェリー乗り場前広場には、登山の恰好をした30人くらいの団体さんが集合中。彼らは厳島神社の方に向かっていったので、大聖院コースか大元コースで登るようだ。私たちは紅葉谷コースで登ることにしているので、前日下りてきた町家通りに向かった。スマートフォンのGPSログ取得アプリの起動を忘れていて、町家通りに入った辺りから測定開始。

紅葉谷公園を目指し林道を行く
紅葉谷公園を目指し林道を行く

 町家通りを抜けて消防署がある角まで来た辺りで、紅葉谷公園への道順がわからなくなった。夫が前日に観光案内所で貰った案内絵図を見ながら歩いていたのだが、私の分はうっかり旅館に置いてきてしまい、夫の先導にお任せで歩いていた。

 夫が通りすがりの人に尋ねてその通り進んだが、またしても道迷い。町中の小路には道標があるが、紅葉谷公園を示す道標がない。とある旅館の裏口にいた仲居さんに聞き、なんとか紅葉谷公園への道がわかり教わったとおりに林道のような舗装路を登っていった。しかし歩いている人が全くいない…。何となくこの道ではないような…。

紅葉谷公園
紅葉谷公園

 それでもしばらく登って行くと紅葉が美しい公園の一角に到着。間違ってはなかったようだ。道なりに歩くと右手に朱塗りの橋が現れた。あれ?やはり変である。その証拠に右の下手からはロープウェイ乗り場に向かう人たちがどんどんやってくる。彼らはどこから来たの?

 後で絵地図で確かめると、消防署の先で階段を左手に上がってしまったのが間違いらしい。右手に少し下りる道から紅葉谷川に沿って歩けば紅葉谷公園。そして公園の中を歩いてくれば良かったのに、回り込んだ車道を歩いてきたのだ。目的地の登山口への道を間違えたわけではないが、何となく損をした気分。やはり事前調査を人任せにしてはいけない(^^ゞ

奥紅葉谷公園

〔9:25〕奥紅葉谷公園:紅葉谷公園の中心部を歩けなかったのは惜しいが、それほど遠回りをしてしまったわけでもない。それに朱塗りの紅葉谷橋と紅葉したモミジの取り合わせが美しく、気持ちは立ち直った。

紅葉谷橋
紅葉谷橋
紅葉谷橋周辺のモミジ
紅葉谷橋のモミジ
奥紅葉谷橋を渡る
奥紅葉谷橋を渡る

 しかし後から後から人がやってきて、皆この場所で写真を撮るため、人が入らない風景写真が撮れない。諦めて紅葉谷橋を離れ登山口へと向かった。

 奥紅葉谷橋を渡るとトイレがあり、その先の渓流がある園地に出ると見事な紅葉。この辺りは「奥紅葉谷公園」であるらしい。

登山口手前のトイレ
登山口手前のトイレ
奥紅葉谷公園の紅葉
奥紅葉谷公園の紅葉
奥紅葉谷公園の紅葉
奥紅葉谷公園の紅葉

登山データ

標高 弥山:535m


アクセス

JR宮島口-(徒歩)-宮島口-(連絡船)-宮島桟橋

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP