余計な前書き 「日本秘湯を守る会」の2冊目のスタンプラリーを達成したので、優待特典を利用することになった。招待してもらう宿を選ぶなら「みくりが池温泉」なのだけど、夫の休みが取れないから無理な話で、残念だけど高峰温泉を申し込んだ。高峰温泉もお気に入りの宿である。登山が趣味で温泉好き、マイカーがないから宿泊しなくてはならない。だから3年間に10個のスタンプを集めるのはそれほど無理なことではない。

 優待特典は宿泊料の割引ではなく、完全に無料招待である。よく考えたらこの優待特典、我が家にとってはかなりオイシイ企画である(笑)

 浅間山の火山活動による登山規制が解除された黒斑山に、7年ぶりに登ることにした。

「日本秘湯を守る会」スタンプラリー »

黒斑山 (1)

標準コースタイム 約3時間25分(+20分)

車坂峠 --1時間-- 赤ゾレの頭 --15分-- トーミの頭 --25分-- 黒斑山 --25分-- 中コース分岐 --1時間20分-- 車坂峠 --20分-- 高峰温泉

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
標高1973mの車坂峠
標高1973mの車坂峠

〔10:00〕出発:車坂峠にある展望台(高峰高原ホテル駐車場)からは、南アルプスに富士山、八ヶ岳、北アルプスの素晴らしいパノラマが広がる。この日は晴れていたが、この季節の高峰高原に特有の雲海が広がり、せっかくの展望を隠してしまっていた。北アルプスの山頂部は雲海の上に浮かんでいた。

鞍部からはガレ場の登り
鞍部からはガレ場の登り

 前回と同様「表コース」で登る。黒斑山の好きなところのひとつは、登り始めがゆるやかなことである。体が山に順応したころ、いったん下った鞍部から本格的な登りが始まる。

水ノ塔山・篭ノ登山の眺め
水ノ塔山・篭ノ登山の眺め
四阿(あずまや)山
四阿(あずまや)山

 登山口から30~40分ほど登ると、右手が開けて車坂峠と同じ絶景が広がる。振り返ると水ノ塔山・篭ノ登山が一望できる。なおも登ると、篭ノ登山の奥に湯ノ丸山と三角錐の烏帽子山のピークが見えてくる。そして今度は四阿山の裾野を引いた全貌が見えてくる。

 前回の黒斑山登山と違うのは、水ノ塔山・篭ノ登山、湯ノ丸山、四阿山が「登ったことがある山」になったこと。同じ眺めを見てもなんだかうれしい。

 登山道は登り一辺倒ではなく、ときに樹林帯の中の平坦な巻き道になったりするのでとても登りやすい。

赤い実をつけた広葉樹
赤い実をつけた広葉樹
紅葉したゴゼンタチバナ
紅葉したゴゼンタチバナ

 葉の先から黄葉が始まったカラマツや、赤い実をつけた広葉樹を見ながらゆっくり登った。今年の秋は山や平野部の木の実がたくさん実をつけている。豊作を喜ぶかのように、ホシガラスが鳴いていた。ナナカマドの葉も色変わりを始めたが、まだまだ紅葉とは呼べない感じ。

 出発から1時間を過ぎても赤ゾレの頭に着かず、火山弾避け避難小屋が現れない。ペースが遅すぎ(^^ゞ

黒斑山山頂部
黒斑山山頂部

 この辺りの山は、カラマツの黄葉が楽しめる11月初旬、シャクナゲの春、スノーハイキングの冬がベストシーズンだろう。平日なので、同時に入山したのは男性1人と夫婦一組、3人の女性グループだけだった。どこまで歩いても静かな山歩きで気分がいい。だから急がずゆっくり、歩く気持ちよさを満喫しながら登る。

 ようやく黒斑山山頂が見えてきた。火山ガスのためなのか、立ち枯れの木が多い。

浅間山が姿を現す
浅間山が姿を現す
避雷・火山弾避けシェルター
避雷・火山弾避けシェルター

 樹林帯の登りの先に浅間山の山頂部が姿を現した。記憶に残る火山弾避けの避難小屋の場所に来て、槍ヶ鞘(赤ゾレの頭)はもうすぐそこである。

槍ヶ鞘(赤ゾレの頭)

槍ヶ鞘(赤ゾレの頭)で目前に迫る浅間山
目前に迫る浅間山
槍ヶ鞘(赤ゾレの頭)から浅間山とトーミの頭への登山道
浅間山とトーミの頭への登山道

〔11:55~12:05〕槍ヶ鞘(赤ゾレの頭):前回はここに着いたとき、浅間山が目前に迫る展望に息を呑んだ。感動は2回目でもなかなかのものだった。この感動を得るためにも、黒斑山は天気が良い日に登りたいものである。

槍ヶ鞘(赤ゾレの頭)から水ノ塔山・篭ノ登山
水ノ塔山・篭ノ登山
槍ヶ鞘(赤ゾレの頭)から火打山、妙高山
火打山、妙高山

 目前の浅間山から目を転ずれば、近くに水ノ塔山・篭ノ登山、遠くには霞みがちながらも火打山、妙高山が見えた。トーミの頭を見上げると、先に到達した数人が絶景を堪能している様子も見えた。


登山データ

黒斑山 標高:2404m

場所 長野県


アクセス

JR長野新幹線佐久平駅からJRバス高峰温泉行き約55分 車坂峠


山行日 2005/10/03

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する

PAGE TOP