黒斑山 (2)

標準コースタイム 約3時間25分(+20分)

車坂峠 --1時間-- 赤ゾレの頭 --15分-- トーミの頭 --25分-- 黒斑山 --25分-- 中コース分岐 --1時間20分-- 車坂峠 --20分-- 高峰温泉

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

トーミの頭

トーミの頭
トーミの頭
噴煙をあげる浅間山
噴煙をあげる浅間山

〔12:15~13:10〕トーミの頭:切れ落ちた崖の縁を登りトーミの頭のてっぺんに立った。屏風のような蛇骨岳と白い噴煙をあげる浅間山、山麓の湯ノ平の広がり。雄大な景色をじっくり堪能した。黒斑山へ行く前にここでランチタイム。

蛇骨岳
蛇骨岳
トーミの頭からの展望
トーミの頭からの展望(パノラマ合成)
立ち枯れの風景
立ち枯れの風景

 前回はトーミの頭から山頂までが意外に長かったなあと感じたのだが、実はこれは空腹だったため(^^ゞ

 立ち枯れの木が多い風景も記憶になかったが、これも空腹で景色どころではなかったからだろう(笑)。今回は昼食も済ませ快調そのもの。あっという間という感じで山頂に到着した。

黒斑山山頂

黒斑山山頂からの浅間山
山頂からの浅間山
監視カメラと緊急サイレン
監視カメラと緊急サイレン

〔13:30~13:45〕山頂:日曜日の登山であった前回は狭い山頂に溢れんばかりの人が昼食休憩中で、スペース確保にも困った。平日登山のこの日は先客が1人だけ。静かに浅間山と対峙していらした。

 山頂手前には浅間山の火山活動を監視するカメラと緊急サイレンが新設されていた。

中コース

中コースの始めはえぐれた登山道
中コースの始めはえぐれた登山道
気持ちが良い巻き道
気持ちが良い巻き道

 中コースの分岐は槍ヶ鞘(赤ゾレの頭)とトーミの頭の間にある。展望がまったくなく、えぐれた登山道だったことは記憶にあったが、えぐれた道を抜けると高峰高原を見下ろして水ノ塔山・篭ノ登山、湯ノ丸山方面を眺められるガレ場に出た。この地点のことは覚えていなかった。ここで最後の休憩をとり、あとはなだらかに下るだけ。

なだらかな登山道
なだらかな登山道
中コース・表コースが合流
中コース・表コースが合流

〔15:40〕下山:中コースの登山口から林道に出るため、表コース登山口に戻ってきた。登りの途中で私たちを抜いていった女性3人グループが、表コースから下山してきたのに遭遇した。山頂では会わなかったので、既に下山していたと思っていたのだが。話をすると、中コースの分岐をご存じなかったとのこと。アップダウンがある表コースに比べて、中コースを下山に使えば登り返しもなく、下りにくいガレ場も少ないから早いのである。

 高峰温泉への最終バスは、15時14分である。始めからバスに乗る気はなかった。林道を20分も歩けば、今夜の宿に到着する。心地よい温泉と山の幸を生かした食事が、今回は無料である(^^)/

※ 高峰温泉についての詳細は下記のレポートにあります。

水ノ塔山・篭ノ登山の登山記録 »

日本秘湯を守る会スタンプラリーページ(温泉詳細情報) »


登山データ

黒斑山 標高:2404m

場所 長野県


アクセス

JR長野新幹線佐久平駅からJRバス高峰温泉行き約55分 車坂峠


山行日 2005/10/03

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP