余計な前書き 栗駒山の紅葉は日本一の美しさと称される。2007年の秋に友人と登山して、日本一の称号にふさわしい紅葉に感動した。翌年2008年にマグニチュード7.2の大地震「岩手・宮城内陸地震」があり、栗駒山自体も地滑りや登山道の崩壊があって、一時期はいわかがみ平からは登山できない状態だった。2007年の登山では天気が快晴ではなかったので、復旧した暁には明るい陽光の下での紅葉登山を再びと思い続けてきたのだが、あれから10年以上経ってしまった。

 夫との栗駒山登山は夏山だった。全山が燃えるように赤く染まり、中腹の斜面が錦に彩られる最高の紅葉を夫に見せてあげたい。この夏は日照時間が長かったのと、9月に入って急な冷え込みもあったので、平年並みか平年以上の彩りが期待できそうだった。今年は平年より早めになりそうだ。しかし紅葉の見頃ピークを予測するのは難しい。「栗駒山と登山」という栗駒山の紅葉状況を刻々と更新しているサイトを見つけてチェックしつつ、10月初旬の日程で宿と足を予約。ところが予約後に日々あれよあれよと紅葉が進むではないか。おまけに9月下旬には大型台風が通過して、出発前からベストの紅葉状態を期待できなくなってしまった。とりあえず天気予報は「晴」なので、鮮やかな彩りはそこそこ見られるかな?

栗駒山・紅葉2007の山行記録 »

2000年8月の栗駒山山行記録 »

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

栗駒山・紅葉2018 (1)

 宮城県側のいわかがみ平登山口へアクセスする路線バス「栗駒山紅葉号」は、土日・祝日のみの運行である。平日に行きたい私たちはタクシーを利用するしかないのか。岩手県側の須川高原温泉からの登山コースは、登山口が目の前なので便利である。須川高原温泉コースの紅葉も見てみたいし、18年前に登った薄れつつある記憶を上書きしたい。しかし須川高原温泉コースは、いわかがみ平からより所要タイムが長くなる。実は今年の夏山登山(木曽駒ヶ岳)の最中に、私の登山靴のソールが剥がれてしまったため、今回の登山では新品下ろしたての靴なのだ。購入時の試着では問題はなかったが、トラブルがあるかないかは登山してみないとわからない。うーん、どうしよう。

 宿泊旅館の予約状況をチェックしてみたら、宮城県側の山麓にある「ハイルザーム栗駒」では希望日に空室あり。電話してみると、いわかがみ平への送迎もやってくださるとのこと。なので、いわかがみ平からの往復登山に決定。

10月4日 天候 晴れのち曇り

ハイルザーム栗駒前から望む栗駒山
ハイルザーム栗駒前から望む栗駒山

 快晴の朝を迎えた。登山専用の天気予報通りなら、栗駒山は日中いっぱいは晴れである。ホテル前からは赤く染まった栗駒山が青空に映えて眺められ、送迎車の出発が待ち遠しい。

標準コースタイム(中央コース往復) 約2時間40分

いわかがみ平 ---1時間30分--- 栗駒山山頂 ---1時間10分--- いわかがみ平

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

いわかがみ平
いわかがみ平

〔9:00〕送迎車は15分でいわかがみ平に着いた。山頂への登山コースは「東栗駒コース」と「中央コース」があり、2007年は中央コースの往復で登った。今回は是非とも東栗駒コースを登りたかったのだが、新しい登山靴の履き心地に少し不安があった。東栗駒コースの登山口は、栗駒レストハウスへ向かう坂の途中にある。その登山口の入り口前まで迷い続け、最終的に中央コースで登ることに決めた。

 レストハウス前の広場は工事中で、レストハウス内部も2007年当時の記憶とは違うような気がした。1階部分はトイレとベンチのみで、2階に軽食・休憩のお店(営業時間は9時30分から16時30分)がある。

中央コース石畳歩道 / 栗駒山
中央コース石畳歩道の歩き始め
中央コース石畳歩道 / 栗駒山
中央コース石畳歩道の崩れた箇所

〔9:10〕出発:中央コースの石畳歩道に入った。歩き始めから案外急傾斜なので、あれっと思った。11年前は友人たちとお喋りしながら登っていたせいか、記憶では石畳歩道は緩やかな“遊歩道”と思っていたからだ。しかも2008年の地震のせいか、石畳が崩れてしまっている箇所もある。

中央コース石畳歩道 / 栗駒山
徐々に紅葉が見頃になる
中央コース石畳歩道 / 栗駒山
アカミノイヌツゲの赤い実

 登るにつれて歩道の脇のナナカマドなどの紅葉が見られるようになってきた。赤い実をたくさんつけた常緑樹は、調べた結果「アカミノイヌツゲ」らしい。ただドウダンツツジとおぼしき低木は、葉を全部落としてしまっていた。よく見ると新芽を付けている木もある。台風の影響かも知れない。

 木々の背丈が低くなり、広がった青空の下で紅葉が輝きを増した。カメラを向けて何度も足を止めてしまう。しかし石畳歩道を登り切ると絶景が広がることを知っているので、早く開けた場所に出たくて、登る足は自然と早くなる。珍しく夫より先を歩いていた(笑)

中央コース石畳歩道 / 栗駒山
鮮やかな紅葉
中央コース石畳歩道 / 栗駒山
山頂が見えてくる
中央コース石畳歩道 / 栗駒山
鮮やかな紅葉
中央コース石畳歩道 / 栗駒山
鮮やかな紅葉

 前方に山頂が見えてきた辺りが、紅葉の色づきが最も見頃になっていた。木々の葉をよく見れば台風で痛んでいたが、赤と黄色と緑が織りなす風景は目が覚めるように美しかった。ちょっとした大きな岩に登って見れば、またしても絶景。


登山データ

栗駒山 標高:1627m

場所 宮城・岩手・秋田県県境


アクセス

JR東北新幹線くりこま高原駅下車 直通バス約70分(紅葉期の週末・祝日のみ)

※今回はハイルザーム栗駒の送迎


山行日 2018/10/04

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP