星生温泉へ

3日目 1月1日 / 快晴

2000年の初日の出
2000年の初日の出

 朝食前に温泉に入り、お雑煮など元旦らしい心づくしの朝食をいただいた。食後、山荘の前の山の端から昇る日の出を見るために外で待った。待っている間山荘のご主人と話をした。そして法華院に伝わる十二面観音をお祭りしている奥座敷に通していただき、参拝させていただいた。結局太陽が顔を出したのは、8時半頃だった。

標準コースタイム 2時間10分

法華院温泉山荘 --10分-- 坊ガツル --40分-- 雨ガ池越 --1時間-- 九重登山口(長者原) --20分-- 九重星生温泉

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
法華院温泉山荘玄関で
法華院温泉山荘玄関で
出発
出発

〔10:00〕法華院温泉山荘出発:すっかり冷え切った身体を、温泉で温めてから山荘を後にした。

坊ガツルと左手に平治岳(ひいじだけ)
坊ガツルと左手に平治岳(ひいじだけ)
九州自然歩道の案内板
九州自然歩道の案内板

 素晴らしい青空の下に坊ガツルが広がり、気持ち良く歩き出す。山荘を出て坊ガツルに差し掛かる所に「電話可能場所」のポールがあったので、実家へ携帯電話を入れ新年の挨拶をした。弟の家族も来ていて皆におめでとうが言えた。

〔11:40〕雨ガ池:雨ガ池越えの登りは急でもなくピッチがとりやすく、時々山腹を巻く道もあって楽だった。途中、アセビの群落の中を歩いたが、アセビの赤い新芽が美しかった。雨ガ池手前の台地のポカポカとした草原でゆっくり休憩。

雨ガ池
雨ガ池
眼下に長者原
眼下に長者原

〔11:55~12:35〕水のない雨ガ池を木道で渡った所で昼食。

 その後はどんどん下るのみで眼下に長者原(ちょうじゃばる)が見えてきた。ジグザグの岩ゴロの道に残雪も多めだが、緩やかなのでアイゼンは必要なし。

長者原入口
長者原入口
長者原
長者原

〔11:40〕九重登山口到着少し慎重に歩くので時間はかかったが、そのうち湿原の木道に観光客が何人か歩いている長者原、九重登山口に到着した。

 バス停前にある温泉センタ-が、外に温泉の残り湯を引いていて洗面器やタワシ、洗車ブラシを置いて泥まみれの登山靴が洗えるようにしてあるのがうれしい。


九重星生温泉 九重星生温泉ホテル

星生温泉ホテルの窓から三俣山
星生温泉ホテルの窓から三俣山

 大晦日の晩は法華院温泉山荘に宿泊したので、30日・1日と「飛び連泊」した。客室からもくじゅう連山が眺められ、ホテルが牧の戸峠へのコース入り口なので登山に便利。庭園露天風呂は男女別になってはいるが実はひとつ。「半仕切り」なので注意が必要である(笑)。

九重星生温泉ホテル »


登山データ

久住山:標高 1787m


場所 大分県


アクセス

別府駅から特急バス1時間40分湯布院-大分-小倉 九重登山口


山行日 1999/12/31-2000/1/1

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP