金時山登山 (4)

標準コースタイム 約3時間10分

公時神社 --1時間10分-- 公時神社分岐 --40分-- 金時山 --30分-- 公時神社分岐 --25分-- 矢倉沢峠 --25分-- 金時登山口( --25分-- 仙石バス停)

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
ロープが設置してある難所
ロープが設置してある難所

 矢倉沢峠経由のコースで下山するので、公時神社分岐までは往路を戻る。段差が大きい難所は登るときは問題ないが、下りるときは濡れた木の根が滑るので難儀した。もう靴だけでなく、レインウェアのズボンは裾がドロドロである。スパッツまでは着けないで良いと手間を省いたのを後悔。

 岩場を抜けて公時神社分岐へ向かう。ガスで全く展望が効かない。

山モミジの赤と笹の緑に初雪の白
山モミジの赤と笹の緑に初雪の白

 赤い山モミジの落葉が山道を染めている。笹の葉は緑、その上に今シーズンの初雪が薄く積もっている。霧に煙る幻想的な景色をカメラで切り取ってみると、金時山の別の魅力を発見できた。

〔12:50〕公時神社分岐:T字路の分岐で直進し、明神ヶ岳・仙石原へのコースに入った。少し下るとなだらかな稜線になり、しばらくは散歩気分で歩ける。登山道脇の草むらにはアザミや、花びらが白色もしくは淡い薄紫色の野菊が咲いていた。

公時神社分岐:明神ヶ岳・仙石原へ
公時神社分岐
なだらかな稜線を下る
なだらかな稜線を下る
ハコネギクが咲く登山道
ハコネギクが咲く登山道

 帰宅してから調べると、この野菊は「ハコネギク」と呼ばれる種類らしい。

ハコネダケのトンネル
ハコネダケのトンネル

 徐々に道がえぐれてきて、しかも両脇に繁るハコネダケの背丈が高くなり、まるでハコネダケのトンネルの中を行くようになった。このコースでは傾斜がある坂で、ぬかるみに足を取られて滑りやすかった記憶があるが、えぐれがひどくなった登山道の脇に新しい登山道が作られていた。10年以上経てば整備が進むし、コースの印象も変わるのだな、と思った。

金時山裾野の紅葉
金時山裾野の紅葉
矢倉沢峠付近から火打石岳を望む
矢倉沢峠付近から火打石岳を望む

 標高を下げたのでガスの中を抜け、眼下の仙石原が見えてくるようになった。金時山の麓の紅葉が美しい。そして矢倉沢峠の手前で左手が開け、火打石岳が望める場所に出た。このコースでの一番の魅力が、この眺めなのだ。火打石岳斜面のハコネダケの笹原の中を、火打石岳・明神ヶ岳へと登山道が延びている。一歩一歩登って行けばあの高みにたどり着く。それが一目で実感できる景色なのである。20年近く前の冬晴れの日、汗をかきながら霜柱を踏みつけてあの道を登った記憶がよみがえった。

〔13:40~14:05〕矢倉沢峠:矢倉沢峠には今は営業していない「うぐいす茶屋」が建ち、その脇にベンチとテーブルがある。下山直前のひととき、ここでドリップコーヒーを飲みながらゆっくり休憩するのを楽しみに、久しぶりにガスコンロを持ってきていた。当然晴れていると思い込んでいたからだ。テーブルまで行ってみると、テーブルもベンチもびしょ濡れ。しかし雪や雨も止んだので、せっかくだから“お約束”通りコーヒータイムにした。特に寒い日は、温かい飲み物と甘いお菓子で元気になるものだ。

金時登山口に下山
金時登山口に下山
金時登山口
金時登山口

〔14:40〕金時登山口に下山:矢倉沢峠からはうっそうと繁るハコネダケの中を下る。えぐれていたり階段が壊れていたり、ぬかるみでぐちゃぐちゃだったりするが、雨が止んでしまっただけで有難かった。金時登山口の標識前でのスナップ写真撮影も12年ぶりなので、後で比べてみるのも一興……いや、年を取った自分に興醒めか(^^;

植栽の紅葉が美しい金時登山口付近住宅地
植栽の紅葉が美しい
金時登山口付近住宅地

 路線バスの停留所へは、この金時登山口が一番近い。20分ほど歩き仙石バス停に着いた。平日なのに多少道路渋滞があり、バスは定刻より10分近く遅れてやってきた。桃源台行きのバスは途中仙石原のススキ草原を通過するので、車窓からススキの原見物。既に見頃のピークは過ぎていたが、大勢の観光客が散策をしていた。


登山データ

標高 1213m

場所 神奈川県箱根

山行日 2013/11/12


アクセス 小田原駅からバス40分 金時神社入口

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP