毛無山 (2)

標準コースタイム 往復 約2時間30分

毛無山登山口 --15分-- 分岐 --45分-- 長浜との分岐 --30分-- 毛無山山頂 --20分-- 長浜との分岐 --30分-- 分岐 --10分-- 毛無山登山口

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

毛無山山頂

〔12:40~13:30〕毛無山山頂:山頂からは正面に大きな富士山の展望…のはず。曇っていた空が登山中に徐々に青空になり、山頂からの展望に期待が高まっていただけに、富士山の頭にかかる雲が悔しい…。

毛無山山頂
毛無山山頂

 しかし見えている裾野の広がりを見ただけでも、ここは富士山の絶好の展望台だと思う。

山頂からの富士山
山頂からの富士山
山頂からの河口湖
山頂からの河口湖

 富士山の手前は足和田山で、以前2度登っている。眼下には左に河口湖、右に西湖。かつては同じ湖だったのが、富士山の噴火の溶岩流でせき止められて二つの湖に分かれたという。上から眺めると納得する。

足和田山の山行記録 »

毛無山から見る十二ヶ岳(左)
毛無山から見る十二ヶ岳(左)

 少しだけ十二ヶ岳への登山道を辿ってみると、尖った十二ヶ岳と十二ヶ岳へ至るまでのコブだらけの稜線が見える。この先はヤセ尾根と岩稜、ロープがあるキレットや鞍部にかかる吊橋などがあり、恐がりの私たちにとって足を踏み入れる気が起きないコースなのである(笑)

 ランチの時間をたっぷり取って富士山の山頂部の雲が取れるのを待ったが、残念ながら雲は居座ったままだった。風がなく気温が高めなのが災いしたようだ。ただ、山頂でさえ上着なしで座っていられるくらい暖かく、ぽかぽかの日だまりでのランチは気持ちが良かった。

道祖神がある分岐
道祖神がある分岐

〔14:55〕登山口に下山:下りは途中で1回の休憩を挟んだだけで、ぐんぐん下った。道祖神が並ぶ分岐まで下ると、あらかじめ調べておいた河口湖駅経由富士吉田駅行きのバスに間に合いそうなのでホッとした。今回の山旅もバスの本数が少なく、嵩むタクシー代を少しでも節約したいからである。

毛無山登山口バス停(レトロバス)
毛無山登山口バス停(レトロバス)

 文化洞トンネルの富士吉田駅行きの停留所はトンネルの向こうの西湖側にあるはずなのだが、河口湖側入り口傍に停留所があるのが目に留まった。しかしこれは河口湖周遊レトロバスの路線での「毛無山登山口」の停留所で、時刻表を見てもちょうど良い時間のバスがない。冷たい風が吹き抜けるトンネルを通り、路線バス区間での「文化洞トンネル」停留所へ。ところが車道の反対側、西湖方面への停留所はあるのに、肝心の河口湖方面への停留所がない。少し先に見える停留所まで行ってみると、その停留所はレトロバスの「西湖東口」停留所だった。どうなっているの、これ?

 よくわからないまま、結局携帯電話でタクシーを呼んでしまった。迎えのタクシーを待つ間に乗りたかったそのバスがやってきて通過して行くのを見ても、タクシーを頼んだ手前見送るしかなかった。悔しいったらない。反対路線の「文化洞トンネル」停留所の向かい側に立てばこのバスに乗車できたか、あるいは停留所は上り下り兼用しているのか、それともレトロバス用停留所にいても手を挙げれば乗せてくれたのかもしれない。いずれにしても旅人には不親切なので、停留所を設置するなり説明の張り紙で知らせるなりしてほしいところ。


河口湖温泉 秀峰閣湖月

 河口湖温泉は比較的新しい温泉地で、2000年の黒岳山行のときはまだ新興温泉地の雰囲気があった。掘削で温泉が出てからは観光客も増えて、旅館も増えていったようだ。9年前は河口湖東湖畔の温泉旅館に宿泊したが、そのときにも秀峰閣湖月が気になっていた。

秀峰閣湖月 正面玄関
秀峰閣湖月 正面玄関
裏庭から浜辺に出られる
裏庭から浜辺に出られる

 湖越しに富士山が眺められる北側湖畔は宿泊施設があまり無い。北側湖畔にあり「湖越しに富士山が眺められる温泉旅館」は秀峰閣湖月だけなのである。そのため人気が高く、宿泊料金も河口湖では高め。しかし客室や露天風呂から富士山が眺められるロケーションの魅力は大きく、今回は空室もあったので少々奮発して連泊することにした。

 チェックインして部屋に入ると、大きく取ったガラス窓から大きな富士山が見えていた。午後になってからどんどん天気が良くなってきたのだった。毛無山山頂では涙をのんだが、旅館では富士山展望三昧になった。

客室窓からの富士山
客室窓からの富士山
夕焼けの富士山
夕焼けの富士山
夕焼けの富士山
夕焼けの富士山

 富士を眺めながらの露天風呂は最高の気分。部屋の窓辺での、ほんのり赤く染まる富士をぼんやりと眺める時間もまた良し(^^)

 今回は写真を撮らなかったが、料理も美味しかった。子供連れなどファミリーの宿泊客が多かったが、富士山の眺めがお目当ての外人宿泊客もちらほら見かけ、見ているとフロントでの英語の応対も慣れたもの。たまたま2階フロアの改修工事中で、泊まった4階の部屋の窓から見下ろすと工事現場が丸見えなのだが、騒音も含めて工事のことが気に障らないくらい景観とサービスに満足できた。

秀峰閣湖月 »


登山データ

毛無山 標高:1500m

場所 山梨県


アクセス

富士急行河口湖駅から富士急行バス約25分「毛無山登山口」または「文化洞トンネル」


山行日 2009/03/30

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP