冷池山荘から扇沢へ

3日目 8月3日 / 快晴

標準コースタイム 約4時間40分

冷池山荘 --1時間30分-- 爺ヶ岳(南峰) --40分-- 種池山荘 --1時間40分-- ケルン --50分-- 扇沢出合登山口

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
朝日に染まる火打・妙高 / 冷池山荘前
朝日に染まる火打・妙高
鹿島槍ヶ岳 / 冷池山荘前
朝の鹿島槍ヶ岳

〔5:10〕冷池山荘出発:夜明け前に外に出てみると満点の星。今日も晴天が約束されたようだ。5時すぎ、朝日に染まる火打・妙高山と遠く新潟の山々や美しい山容の鹿島槍ヶ岳とを眺めてから出発。

冷乗越から望む鹿島槍ヶ岳
冷乗越から望む鹿島槍ヶ岳
冷乗越から望む剱岳
冷乗越から望む剱岳

〔5:25〕冷乗越:前日に充分休養したので、ものすごく快調。涼しいので汗をかくこともなくあっという間に冷乗越に着いた。登ってきた一昨日には見られなかった、鹿島槍を筆頭にする大展望を目にして気持ちが良い。

鹿島槍と冷池山荘を振り返る
鹿島槍と冷池山荘を振り返る
薬師岳が覗く
薬師岳が覗く

 この後は黒部川を挟んで間近な剱・立山を道連れに楽しい稜線である。天気が良いとこんなに大展望のコースだったんだぁ!行く手に遠くに見えてきた赤い山肌の山が気になったので、すれ違った方に尋ねたら「薬師岳」と教えてくださった。

爺ヶ岳南峰

爺ヶ岳中央峰 山頂に登山者がいっぱい
爺ヶ岳中央峰 山頂に登山者がいっぱい

〔7:05~7:25〕爺ヶ岳南峰山頂:爺が岳の中央峰の頂上にはたくさんの人がいたので山頂を巻いて、往きには登らなかった南峰に登った。

爺ヶ岳南峰からの展望

爺ヶ岳南峰から八ヶ岳連峰・富士山・南アルプス
八ヶ岳連峰・富士山・南アルプス
爺ヶ岳南峰から穂高連峰・槍ヶ岳
穂高連峰・槍ヶ岳
爺ヶ岳南峰から立山連峰
立山連峰

 スゴ~イ!と思わず歓声をあげた。鹿島槍ヶ岳にも勝る大展望だった。一生のうちに何度も恵まれそうにもないこの晴天と展望!山頂に居合わせた人々も皆笑顔、笑顔。

種池山荘前から蓮華岳と針ノ木岳
種池山荘前から蓮華岳と針ノ木岳

〔8:10~9:05〕種池山荘:爺ヶ岳を下りてなお槍穂の眺めが素晴らしい稜線を下り、種池山荘に到着した。ここからも富士山がまだ見えていた。冷池山荘のお弁当の残りをすっかり平らげ、持ってきていた食糧の残りも殆どお腹に収めた。デザートは小屋で売っているアイスクリームとカップ汁粉(^^)

 展望に心を残しつつ、1時間もかけた昼食休憩となった。

 山荘の前で展望を撮影していたのNHKのTVクルーが、小屋前の登山道に移動していたため、すぐ後で待機していた。すると「行ってもいいですよ。すれ違う役をお願いします」とのこと。レポーター?とすれ違う私達の後姿は放映されるのだろうか?

※ 撮影していた番組は「小さな旅」で、後日放映されたのを視聴したが私たちが映ったシーンはカットされていました(笑)

種池山荘が建つ稜線を振り返る
種池山荘が建つ稜線を振り返る

〔11:20〕ケルン:週末のため登って行く登山者が多い。皆汗だくである。暑くて休みがちな人も多く、話し掛けられることも度々。しかしどんどん下るに従い、下りでも暑さが堪えるようになった。種池山荘まではすいすい快調な歩きだったが、樹林帯ではペースが落ちてしまった。

〔12:45〕扇沢出合:八つ見ベンチ付近で冷池山荘で同室だった連泊のご夫婦が追いつき抜いて行き、私たちは毎度の事ながらのモタモタペースで扇沢出合に到着。たまたま登山者を乗せてきたタクシーがあったので、乗車して今夜の宿葛温泉へ向かった。


葛温泉 仙人閣

 登山者がよく利用している日帰り入浴施設「薬師の湯」がある大町温泉は、葛温泉から引き湯されている。葛温泉へはバスの便がないため不便だが、スタンプを集めている日本秘湯を守る会 の会員宿である葛温泉の仙人閣に宿泊した。ところがチェックインの際にスタンプがもらえないという事態が判明。何故かついうっかりと行きつけの旅行代理店を通して予約、クーポンでの支払いにしてしまっていたのだ。朝日旅行会主催の「日本秘湯を守る会」なのだから、別の旅行会社で予約してスタンプをもらえるはずはなかった(^^ゞ

 葛温泉は渓流沿いの宿なので、せっかくの露天風呂もアブが多くて余り利用できなかった。タクシーの運転手のお話だと、葛温泉の三軒の宿は申し合わせで送迎車のサービスはしていない。

8月4日 / 曇りときどき雨

 最終日は山行の予備日を兼ねているため、夕方遅い電車を予約してある。予定では木崎湖の遊歩道を鹿島槍ヶ岳を見ながら歩くつもりだった。木崎湖まで「塩の道」を行くが雨が降り出して、湖畔に着いたときにはドシャブリとなった。再び信濃大町に戻り山岳博物館をじっくり見学し、展望のない展望室で昨日登っていった方たちに同情しながら時間を潰した。

 駅まで下りて再びこばやしでお蕎麦。塩の博物館見学後、上りの特急に乗り込んだ。


登山データ

鹿島槍ヶ岳:標高 2670m

場所 北アルプス北部


アクセス

JR大糸線信濃大町駅バス40分扇沢


山行日 2001/08/01-03

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP