冷池山荘から鹿島槍ヶ岳往復

2日目 8月2日 / 晴れのち曇り

標準コースタイム 約3時間40分

冷池山荘 --1時間20分-- 布引山 --50分-- 鹿島槍ヶ岳 --50分-- 布引山 --40分-- 冷池山荘

※ 本来の計画では種池山荘まで下山し種池山荘泊の予定

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔5:05〕冷池山荘出発:3時半起床。夫は前夜に受け取った朝食のお弁当(ちらし寿司)を、私は持参のパンを食べ、不要な荷物をデポして出発。

爺ヶ岳に流れる滝雲
爺ヶ岳に流れる滝雲

 小屋から登ってすぐ展望が開けた。爺ヶ岳の稜線を信州側から黒部側へと流れ下る滝雲がとても美しく、感動のあまり立ち尽くした。

 お花畑に年配の女性がカメラを構えていたので挨拶して先を行く。朝露をいっぱいつけたチングルマの果穂が朝日に金色に輝き、まるで金細工のようだ。

テントサイトからの立山連峰と剱岳
テントサイトからの立山連峰と剱岳

 立山連峰と剱岳の絶景を正面にした稜線上の広場にテント場がある。立山連峰と剱岳は朝日を受けオレンジ色に染まっていた。登るにつれ笠ヶ岳・穂高・槍ヶ岳も見えてきて声をあげた。

 ハイマツとお花が咲く稜線を、早朝の寒いくらいの風に吹かれながら快適に歩く。途中切れ落ちている箇所も通過するが大した事はない。小屋の朝食を済ませてから出発した大阪のご夫婦に追い越された。

布引山

布引山から望む穂高・槍ヶ岳
布引山から望む穂高・槍ヶ岳

〔6:25~6:35〕布引山山頂:布引山のジグザグの登りがきつい。見上げると山頂付近まで登った大阪の奥さんが手を振って励ましてくれたので、私も手を振って応えた。山頂からは素晴らしい眺めが広がり、鹿島槍からの眺望に期待が膨らんだ。

鹿島槍ヶ岳南峰山頂

布引山から望む鹿島槍ヶ岳南峰
布引山から望む鹿島槍ヶ岳南峰
鹿島槍ヶ岳南峰のガレ場
鹿島槍ヶ岳南峰のガレ場
五竜からの鹿島槍ヶ岳(亀足隊隊長撮影)
五竜からの鹿島槍ヶ岳(亀足隊隊長撮影)

〔7:40~8:20〕鹿島槍南峰直下のガレた斜面を登ると大展望が待っていた。目の前にどっしりと五竜岳が大きい。数日前にその五竜岳に登られた友人、亀足隊の隊長からおみやげ(五竜岳からの鹿島槍ヶ岳の写真)を頂いていたので、感慨もひとしおだった。

鹿島槍ヶ岳山頂からの展望

 真下にキレット小屋が見え、五竜岳の背後には白馬三山が続いている。槍ヶ岳・穂高はもちろん、長野側には雲海の向こうに八ヶ岳と南アルプスを従えて、富士山が頭を出していた。吊り尾根の向こうの北峰に立つ人も見えた。

八峰キレットに続く五竜岳 / 鹿島槍ヶ岳山頂
八峰キレットに続く五竜岳
立山連峰と剱岳 / 鹿島槍ヶ岳山頂
立山連峰と剱岳
吊り尾根の向こうに鹿島槍ヶ岳北峰 / 鹿島槍ヶ岳山頂
吊り尾根の向こうに鹿島槍ヶ岳北峰

 真下にキレット小屋が見え、五竜岳の背後には白馬三山が続いている。槍ヶ岳・穂高はもちろん、長野側には雲海の向こうに八ヶ岳と南アルプスを従えて、富士山が頭を出していた。吊り尾根の向こうの北峰に立つ人も見えた。

布引山、爺ヶ岳の稜線 / 鹿島槍ヶ岳山頂
布引山、爺ヶ岳の稜線
穂高・槍ヶ岳と種池山荘 / 鹿島槍ヶ岳山頂
穂高・槍ヶ岳と種池山荘

 扇沢まで下山する大阪のご夫婦と別れ山頂からの大展望を楽しんでいると、後からひょいと群馬のご夫婦が現れた。北峰を往復して来たとのこと。鎖場や梯子はないものの、かなりのヤセ尾根だとか。私達は南峰だけで充分満足。名残尽きない思いで山頂を後にした。

稜線から望む爺ヶ岳
稜線から望む爺ヶ岳

 布引山への稜線で、出発後すぐお会いした年配の“カメラ婦人”が登ってくるのに出会った。「写真を撮りながらゆっくり登ります」とはおっしゃっていたが、こんなに遅いペースとは思わなかったので驚いてしまった。

〔9:30〕再び布引山でも展望を楽しみ冷池山荘へ戻る。日が高くなるにつれ雲が湧き、気温が高くなってきた。テント場の下を回りこむ道では黒部の谷から吹く風がさえぎられ東側から太陽が照りつけものすごく暑い。

〔10:25〕冷池山荘:山荘に戻ってきたが、この暑さの中を種池山荘まで行くのが嫌になってしまった。しかも雲が湧きだんだん天気が崩れてきていて、午後には雷雨が予想された。急遽計画を変更し、種池山荘の宿泊予約を冷池山荘に振り替えてもらうことにした。この日は団体が入っているため個室は取れなかったものの、6人用の部屋を同じ連泊のご夫婦と4人で使うことになった。大部屋では一人布団1枚が確保されるかどうかの混み具合。連泊割引もしてもらったうえ、小部屋で静かに休むことが出来てラッキーだった。また連泊の場合は夕食のおかずが少し変わる。サービスの努力に感心。

 夕食までの長い時間を外でゆっくり過ごしたり、談話室で夫は生ビールを、私はケーキセット950円を奮発しての~んびり。14時頃に“ゆっくりペースのカメラ婦人”が戻りこれから種池まで行くとか。心配な雷雨がないように祈った。結局雨も雷もなく、同室のご夫婦はテント場まで足を伸ばして、剱岳に沈む夕日に感動して帰っていらした。見に行けば良かったなぁ。


登山データ

鹿島槍ヶ岳:標高 2670m

場所 北アルプス北部


アクセス

JR大糸線信濃大町駅バス40分扇沢


山行日 2001/08/01-03

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP