扇沢出合から冷池山荘 (2)

標準コースタイム 約5時間50分

扇沢出合登山口 --1時間20分-- ケルン --2時間30分-- 種池山荘 --1時間-- 爺ヶ岳中峰 --1時間-- 冷池山荘

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
爺ヶ岳へ
爺ヶ岳へ

 山荘を後にしてチングルマが咲き乱れる広大なお花畑の脇を抜け、いよいよ主稜線を歩く。

チングルマの群生
チングルマの群生
チングルマ
チングルマ

 しかし青空はどんどん雲に覆われ、見えるはずの鹿島槍も見えない。曇ったことで涼しいのは良いが、晴れていれば展望の稜線歩きなのに。

爺ヶ岳

爺ヶ岳登頂
爺ヶ岳登頂

〔11:25~11:30〕爺ヶ岳中峰:3つのピークがある爺ヶ岳のうち南峰と北峰は巻き、本峰の中央峰だけに登る。ホワイトアウトだった。

爺ヶ岳の巻き道
爺ヶ岳の巻き道
イワギキョウ
イワギキョウ
ハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ

 ハイマツとガラガラした岩屑の稜線にはチシマギキョウ、イワツメクサ、ミヤマダイコンソウが咲き、ハクサンシャクナゲも。コマクサの保護柵の中は一株のコマクサも見当たらず残念。

〔13:55~14:10〕冷乗越:ガスの中を爺ヶ岳の下を緩やかに下っていくと、再び樹林帯となり赤岩尾根との分岐がある冷乗越(つべたのっこし)に着いた。鞍部を隔てた向こうに冷池山荘が見えるものの、登り返しがきつそうでガックリ。しばらく休んだ後、冷池山荘の赤い屋根を目指して鞍部へと下りた。目前の山荘には14時25分に到着。

冷池山荘

 受付に「個室あります」の札があったのでプラス5000円で個室をとった。柏原新道を前後して登った群馬からのご夫婦は先に到着していて、3畳程の小さな個室にプラス2000円で入室。種池山荘から一緒のペースで歩いた大阪からのご夫婦も個室。私たちの個室は8畳くらいで、夫婦2人きりで使うのはもったいないがこれで充分な睡眠が確保できる。

 若い従業員がきびきびと働いていて気持ちが良い。雪渓がないので下の沢から引いている水は貴重。宿泊者は一人1リットルの飲み水配給券がもらえる。

山荘前展望台からの鹿島槍ヶ岳
山荘前展望台からの鹿島槍ヶ岳
山荘前展望台からの布引山
山荘前展望台からの布引山

 やがてガスや雲がとれて、山荘前の小高い展望台から左手に鹿島槍ヶ岳が徐々に現れて感激した。正面には遠く火打・妙高が雲海の上に頭を出している。

 山荘の前のベンチに女性が横たわり、友人に左足脛を保冷剤入りパックで冷やしてもらっていた。骨折だそうだ。聞くところによれば、山荘から近い幕営指定地の付近のなんでもない場所で転倒したらしい。夕方になって救護のヘリコプターが山荘前の展望台に砂塵を巻き上げて着陸し、怪我人を運んでいった。県警のヘリなら無料、民間のヘリになった場合登山保険未加入なら90万円とか。

 夕食前は談話室でくつろぐ。窓からは爺が岳と稜線上の種池山荘が見える。夕陽が剱岳のシルエットを浮かび上がらせて沈んでいった。夕食のテーブルでは大阪からのご夫婦と話が弾んだ。

冷池山荘 »


登山データ

鹿島槍ヶ岳:標高 2670m

場所 北アルプス北部


アクセス

JR大糸線信濃大町駅バス40分扇沢


山行日 2001/08/01-03

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP