弥彦山 (3)

標準コースタイム 約3時間30分

西生寺(裏参道登山口)--- 能登見平 --- 弥彦山 --- 九合目鞍部 --- 弥彦神社 --- 弥彦駅

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

※ 今回の山行は写真撮影に時間をかけたので、山行記録のタイムは全く参考にはなりません。

表参道コース

五合目

 手すりと鎖が設置された岩場のトラバースがあるが大したことはない。崖側斜面がカタクリで埋め尽くされている。ショウジョウバカマも多い。斜面が目の前なので、屈まずに立ったまま撮影ができてありがたい。週末だと人が多いのですれ違いに気を使うこんな場所でも、平日のお陰でゆっくり撮影できた。

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ
カタクリの群生
カタクリの群生
コシノコバイモ
コシノコバイモ

 登ってきた男性が偶然私達の目の前で「コシノコバイモ」の花を発見して教えてくださった。カタクリやオオミスミソウと同様にスプリングエフェメラルの花のひとつで、後で調べたら福井・新潟などの日本海側に分布しているとのこと。地味なのに魅力的な花だ。カメラを構えたら、男性は邪魔な落ち葉や枯れ枝をそっと除けてくださった。

四合目から二合目

四合目の鳥居
四合目の鳥居

〔13:55〕四合目の鳥居:四合目には鳥居があった。その先にベンチがあり、木立の間からの越後平野を眺めながらのんびり休憩をとった。ハイカーも通らず静かで、小鳥のさえずりと暖かな陽だまりが心地よかった。

 スギの植林帯の中のつづれ折の登山道を下っていると、こんな時間にも係わらず登って来る人が多い。グループで登ってきた人たちは、角田山を登ってから車で移動してきたそうだ。ロープウェイの運転時間が今日から延長され19時までなので、下りはロープウェイ利用とか。花を愛でながらゆっくり歩くのも良し、ロープウェイ利用で一日二山制覇も良し。

一合目

 それにしても時間が余りすぎかなと思いながら一合目まで下りると、下に小屋の屋根が見えて煙が上がっている。なにやら美味しそうな匂いもする(笑)
もしや茶店かな?茶店ならいいな…と思わずニコニコしながら下りていたら、やはりニコニコしながら見上げている小屋のご主人と目が合った(笑)

一合目
一合目
茶屋
茶屋

 熱々のこんにゃくを注文。茶屋のおかみさんは気さくで話し好き。お店は創業者から数えると四代続いているそうだ。私たちが宿泊している宿のこと、茶店で販売している山バッジの話などお喋りが弾み楽しかった。東京から来ていて、翌日の天気次第では国上山には行かれそうもないなどと話すと、今からご主人の車で国上山登山口まで送ってあげてもいいとまでおっしゃって下さった。これは辞退したが、メニューにないコーヒーをサービスしてもらい時間調整もOK(^^)

弥彦神社

表参道登山口
表参道登山口
弥彦神社
弥彦神社

〔15:15〕弥彦神社:奥宮がある弥彦山を下り神社にお参りした。本殿は弥彦山を背にして建っている。

弥彦駅
弥彦駅
弥彦駅の趣がある木製の改札
弥彦駅の趣がある木製の改札

〔15:15〕弥彦神社:粟ガ岳を中心にした山並みが眺められる弥彦温泉街をぶらぶら歩き弥彦駅に向かった。気が利いた和菓子を商っていそうなお店を見つけてお土産を購入。15時50分弥彦駅に到着し、タクシー利用で旅館に着いたのが16時過ぎ。余裕たっぷりでリラックスできた良い山歩きだった。


4月2日 / 帰京

燕三条駅の弥彦線乗り換え口の鳥居
燕三条駅の弥彦線乗り換え口の鳥居

 朝から雨。天気予報を見て残っている国上(くがみ)山へ行くのを止めてまっすぐ帰京することにした。

 早めに弥彦駅へ行き、夕方遅目の新幹線の指定席を解約した。ところが電車の発車を待つ間、雨が上がって青空まで覗きだした。正直なところ躊躇はしたが、結局そのまま弥彦を離れた。角田山でも弥彦山でも充分に花と山歩きを堪能して、満足していたからだった。

 帰宅して夜のニュースで新潟下越地方で暴風が吹き荒れて被害が出たことを知った。新幹線も一時運休やダイヤの乱れがあったと知り、帰宅していてホッとした。


登山データ

標高 弥彦山:634m

場所 新潟県


アクセス

JR弥彦線弥彦駅からタクシー約10分西生寺


山行日 2004/04/01

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP