三筋山 (2)

標準コースタイム 約4時間10分

(伊豆稲取駅--)細野高原(湿原)--20分くらい(山菜狩り受付所からは45分)-- 細野高原休憩舎 --40分-- 三筋山山頂 --1時間-- 大池高原 --1時間10分-- 見高仲村バス停 --50分-- 見高港 --10分-- 今井浜海岸駅

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

コース断面図
コース断面図
写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
好展望の尾根道
好展望の尾根道

 低い樹林帯はすぐに終わり、また草原の尾根道となった。ところが風向きのせいなのか、ここでは風が止んでいた。日光が降り注ぎ、青い空の下、左手には青い海。

海に向かって下りる
海に向かって下りる

 やがて海を正面に見て下るようになる。なんという気持ち良さ!

丸太の階段を下る
丸太の階段を下る
林道を下る
林道を下る

 丸太の階段の道をどんどん下りると、開けた草原に出た。草原を抜けていくと山道が終わり簡易舗装の林道になった。車の通行はなくて静かな田舎道だが、ここから海岸まで舗装路を2時間以上下らなければならないのが少々憂鬱である。

 下っていくと左手下に窪地が見えてきた。大池高原らしい。

大池高原
大池高原
大池入り口
大池入り口

〔13:00~13:20〕大池:窪地に下りてみると枯れ草の原の中央に水溜まりがあり、それが大池のようだ。道路の上からも見えた施設はフライングスクールだったが、休店で閑散としていた。

見高仲村(入谷仲村)バス停
見高仲村(入谷仲村)バス停
見高仲村バス停下の道を今井浜へ
見高仲村バス停下の道を今井浜へ

〔14:25~14:40〕見高仲村(入谷仲村)バス停:単調で退屈な車道の下りに疲れてきた頃、見高仲村バス停に着いた。停留所には「入谷仲村」とある。バスの本数はもちろん少ない。ガイドブックの記述に従い、バス停手前の道を右へ。

途中にある標識
途中にある標識

 下りていく途中「至今井浜徒歩20分」の標識がある。

 みかん畑と馬頭観音が点在する里道を下り、ペンションなどの宿泊施設が建ち並ぶ中をどんどん下ると、伊豆急行の踏切が見えてきた。踏切を渡り国道135号線の下を行くと前方に海が見えた。

〔15:35〕見高港:傾き始めた西日に照らされた海が迎えてくれた。それほど長い行程のコースでもないが、山のてっぺんから自分の脚だけで海岸に到達するというのは、達成感みたいなものがありとても気分がよい。

海に出た
海に出た
見高港
見高港
ここは「海抜5.0m」
ここは「海抜5.0m」

 港の先に河津町町営の「サンシップ今井浜」という日帰り入浴施設があり、それこそ海辺なので浴場からの展望が良さそうだ。(2015年4月追記:リンクがなくなったので廃館したのかも知れません)

 私たちは前夜の旅館に連泊なので、前を通過して更に今井浜海岸駅も通り越し宿泊宿に向かった。


 翌6日は下田に出て、爪木崎の野水仙を見に行った。ちなみに1997年の同じ1月6日にも、長九郎山(山行記録)の帰りに爪木崎に来ている。


登山データ

三筋山 標高:820m

場所 静岡県


アクセス

伊豆急行線伊豆稲取駅 / 今井浜海岸駅


山行日 2010/01/05

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP