石割山 (2)

標準コースタイム 約3時間35分

赤い鳥居(登山口)--45分-- 石割神社奥社 --20分-- 石割山 --35分-- 平尾山 --35分-- 大平山 --45分-- 長池山 --35分-- 車道 -- 大出山・ホテルマウント富士
コース断面図
コース断面図

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
平坦な道
平坦な道

 やがて道が平坦になり、気持ちが良い草付きの尾根道になった。

石割山と平尾山の鞍部
石割山と平尾山の鞍部

 明るく開けた鞍部が「平尾峠」。前回は山頂を強風に追い立てられるようにして下りて来て、ここで昼食にしたのだった。15年も昔のことなのに、作ったラーメンの味が甦った。しかし思い出の中にここの風景は残っていなかった。石割山では何組かのハイカーがいたのだが、皆平尾峠から下山してしまうらしく、ここからは誰にも会わない2人旅になった。

平尾山

平尾山からの富士山
平尾山からの富士山(パノラマ合成)

〔14:05~14:15〕平尾山(1318m):平尾山からの富士山の眺めも見事で、富士を正面にしてベンチがあり、風向きの加減か風が弱く陽差しいっぱいの絶好の休憩場所だった。

平尾山山頂
平尾山山頂
平尾山から下る
平尾山から下る

 しかし石割山からここまでのタイムがオーバーしていたので、小休憩だけで先を急ぐことにした。富士山に向かっていくように正面に見ながら平尾山を下りる。この先からは木段でのアップダウンで大平山、長池山のピークを越えていくことになる。

別荘地の柵の脇を登る
別荘地の柵の脇を登る
明るい尾根道
明るい尾根道

 下りると再び木段の登りが待っている。別荘地との境界の柵に沿って登る木段を登りきると、緩やかな明るい尾根道になった。山中湖側の樹林が切れてくると、富士山もよく見えて楽しい。低山ながらもアップダウンが多くて楽ではないコースなのだが、合間合間に楽ちんな尾根道が出てきたり、ピークでは雄大な富士山の眺めが待ち受けていて、“下って登って”も楽しい。

大平山

テレビアンテナが建つ大平山山頂
テレビアンテナが建つ大平山山頂

〔15:00~15:15〕大平山(1295.5m):テレビアンテナが建ち休憩所がある大平山までやってきた。ここはパラグライダーのゲレンデで、15年前の5月に来たときには、幾つかのパラグライダーが飛んでいた。日が傾いてきて富士山に陰影が付いてきた。

大平山からの富士山の眺め
大平山からの富士山の眺め
石割山(右)と御正体山(左)
石割山(右)と御正体山(左)
西方に見える丹沢山塊
西方に見える丹沢山塊

 歩いて来た北西方向を振り返ると石割山が、その奥に御正体山が見える。西に連なるのは丹沢の山並みだろうか。

 広い山頂はどこにいても冷たい風が寒くて、ここでも座らずに写真撮影だけして次のピークに向かった。

〔15:40~15:50〕飯盛山(1178m):しばらくなだらかな尾根道を進むと、こんもりとしたこの日の最後のピークが現れた。まっすぐに登る木段はそれほど距離がないが、さすがに脚が重くなってきた。頑張って登ると、山頂標識が「長池山」ではなく「飯盛山」になっている。あれ、まだピークはもうひとつあるのかな?

 ガイドブックと地図を確認してもよくわからないまま、とりあえず最後の休憩をとった。

長池山の標識
長池山の標識
長池山下のNTT中継塔
長池山下のNTT中継塔

〔16:00〕長池山:飯盛山を下りて再び尾根道を行くと、ピークでもない場所に「長池山」の標識があった。林道との出合地点で、前回登山での記憶にも残るNTT中継塔施設もあった。どうやら尾根全体が「長池山」でそのピーク(標高1178m)が「飯盛山」なのだろう。

車道に出る
車道に出る

〔16:10〕車道:更に10分ほど歩くと車道に出た。車道を道なりに下りると、湖畔の「大出山入口バス停」に下りる道との分岐。ホテルマウント富士へは大出山を回り込むようにして車道を軽く登って行く。16時25分、ホテルに到着。


ホテルマウント富士

 15年ぶりに訪れたら建物が記憶と多少違っていた。改築していたのかもしれない。

中庭からのホテルマウント富士
中庭からのホテルマウント富士
中庭からの富士山
中庭からの富士山

 このホテルの魅力は何と言っても間近に見る雄大な富士の眺めである。中庭からの富士山は文句なく素晴らしい。ダイヤモンド富士を見られる日には、撮影会があるらしい。客室は湖畔に面しているのだが、そのため窓からは富士山が正面に見えないのが残念である。山中湖の反対、北側(玄関前の広場や廊下の窓)の眺めは、正面に杓子山が、そして南アルプスの連なりがよく見える。

 そしてお目当ての富士山を眺めながらの温泉入浴。男性用露天風呂は確かに富士山を正面に見ることができるそうだが、女性用の露天風呂は南側を向いているので、富士山は少し見えにくい位置にある。しかも目隠しのヨシズが邪魔して「富士見風呂」とはならない。むしろ大浴場の窓からのほうがよく見えた。泉質はアルカリ性単純泉で、かすかにぬめり感がある。

 夕食・朝食会場のレストラン及びロビーなどでの浴衣着用と客室用スリッパでの歩行は禁止(浴場と客室の往復は浴衣着用可)ということで、私たちのような公共交通機関利用で履き替えの靴も持っていない山旅には少し不便(不満)だった。施設や料理内容のグレードがこのホテルよりもっと高くても、浴衣着用に問題がない温泉リゾートホテルもある。まあ、山旅にはリゾートホテルより温泉旅館が似つかわしく、かつ寛げるということか。

 翌朝は曇りで、中庭からの富士山もなんとなく精彩が欠ける。笠雲がかかりそうなどんよりとした富士山でも中国人のツアー客たちが興奮して撮影しているのを見ながら、青空を背景に凛然とそびえる富士山を見せてあげたいと思った。

ホテルマウント富士 »


登山データ

石割山 標高:1413m

場所 山梨県富士五湖


アクセス

富士急行線富士吉田駅からバス37分平野下車


山行日 2010/03/30

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP