余計な前書き 2年前の1996年1月4日にも行った。しかし深良水門登山口の前に着くと無情な看板が待っていた。『箱根峠付近、台風による風倒木多数のため通行止め』。あまり人が歩かないコースの場合は、事前に地元の役所などに電話して登山道状況を下調べしなくてはいけないと痛感。そのときは仕方なく、前にも歩いた芦ノ湖西岸歩道を歩いてお茶を濁したのだった。

ロープウェイ地獄谷付近から見た富士山
地獄谷付近から見た富士山

 前日は金時山に登り姥子に入る予定だったが、雨だったので中止して、姥子温泉のホテルへ直行した。天気はだんだん回復し、箱根ロープウェイの窓から富士山が姿を見せてくれた。

 ホテルにチェックインして部屋に案内してもらう時、晴れていれば金時山から長尾峠方面に下りて来たかったと言うと、ホテルの方が「長尾峠は幽霊が出るから止めたほうがいいですよ」と言う。エッ!ゆ、ゆうれ~い…?

 姥子ホテルグリーンプラザ箱根 はリゾートタイプの温泉ホテル。露天風呂から富士山が見えるのだが、見えるのは女性用露天風呂のみである。露天風呂の脇にお酒の樽と枡が置いてあり、温泉に浸かりながらお酒をクイッとやれるのも女性の露天風呂だけという女性上位の宿なのだった。(2013年11月追記:現在は男性用露天風呂からも富士山が見えます)

1998年1月5日 / 晴れ

標準コースタイム 約4時間20分

桃源台 --15分-- 早川口 --20分-- 深良水門 --20分-- 湖尻峠 --55分-- 三国山 --1時間-- 山伏峠 --40分-- 海ノ平 --50分-- 登山口

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 箱根外輪山の全体地図は、下のリンクボタンで同じウインドウで開きます。地図中での今回の山行ルートはブルーの線の三国山コースです。赤線の丸岳コース(1月4日山行)、ピンク色の線の明神ヶ岳(1月5日山行)、オレンジ色の線の明星ヶ岳・塔ノ峰(1月6日山行)、青線の金時山コース(2001年12月山行)はその後歩いた山行ルートです。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。


〔9:30〕桃源台出発:ロープウェイで桃源台まで行き、登山口の深良水門に向かう。登山口で支度に手間取る夫を待っていると寒さが堪える。

 ヒノキ林をほんのひと登りで稜線に上がると湖尻峠で、芦ノ湖スカイラインの前に飛び出した。あいにく見えるはずの富士山が見えない。右手に長尾峠から丸岳へと続く登山道が、なだらかな草原の尾根に延びている。その明るく牧歌的な景色は、もし幽霊が出ても?歩いてみたいと思わせるのに十分だった。

三国山山頂
三国山山頂

〔11:55~12:50〕三国山山頂:しばらくは登山道は芦ノ湖スカイライン近くに沿っていて、時々車の走行音が近くに聞こえる場所もある。草原を抜けてアセビやブナの林を登る。ブナの巨木も見られなかなかの美林である。三国山の山頂はブナの林のなかでまったく展望はなかったが、誰も居なくて静かなランチのひとときを楽しんだ。

〔13:55〕山伏峠:三国山を下りると再び芦ノ湖スカイラインに近づいて、スカイラインにぶつかったり離れたりしながら、緩やかにアップダウンを繰り返し山伏峠へと進む。

〔14:00~14:20〕スカイライン脇のレストハウスに入って、コーヒーを注文しひと休み。お正月も三が日を過ぎた平日なので、展望台に憩うドライブ客もわずかだった。見下ろす芦ノ湖は、空の厚い雲の切れ間から差し込む光を受けて、鈍く輝いていた。

海ノ平
海ノ平

〔15:10〕海ノ平:海ノ平までの登山道もスカイラインに付かず離れずで、草原(防火帯)だったりアセビの樹林だったりと変化がめまぐるしい。やがてススキの原の海ノ平に着いて、ここで初めてハイカーに遭遇したのでスナップを撮ってもらった。ここは360度の展望が得られ、富士山、駒ヶ岳・神山はもちろん愛鷹山、駿河湾、天城の山々などが望めるそうだが、曇り空が恨めしかった。

 海ノ平から下り始めると例の台風の爪痕が凄まじかった。登山道をふさぐ倒木はあらかた片付けられていたが、スペースがある脇には倒木がまとめて山積みされていた。倒木をまたぐ箇所もあり、かえって深山を歩く気分も味わえた。

箱根峠から駒ヶ岳
箱根峠から駒ヶ岳

〔15:55〕登山口に下山:国道1号線に下り立ち、道の駅箱根峠から芦ノ湖と正面の駒ヶ岳を眺めながらベンチで最後の休憩をした。左手に回ると道中の道連れとはならなかった富士山も見えていた。

 薄暗くなった車道を歩いて芦ノ湖温泉の 夕霧荘 に到着。宿は毎年1月2~3日に行われる箱根駅伝の定宿となっていて、前日まではてんやわんやの忙しさだったとか。温泉は湯ノ花沢からの引き湯で硫黄泉。こぢんまりした落ち着いた宿のお風呂をゆっくり楽しんだ。

※ 箱根外輪山の別コースの記録もあります。

箱根外輪山縦走 »

登山データ

箱根三国山:標高 1102m

場所 神奈川県箱根


アクセス

JRまたは小田急小田原駅 バス約1時間桃源台


山行日 1998/01/05

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

拍手する


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP