明星ヶ岳・塔ノ峰 (2)

標準コースタイム 約4時間25分

明神ヶ岳登山口 --1時間10分-- 鞍部 --45分-- 明星ヶ岳 --1時間-- 林道出合(明星ヶ岳登山口) --30分-- 塔ノ峰 --1時間-- 塔之沢

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 箱根外輪山の全体地図は、下のリンクボタンで開きます。地図中での今回の山行ルートは赤線の丸岳コース(1月4日山行)、ピンク色の線の明神ヶ岳(1月5日山行)、オレンジ色の線の明星ヶ岳・塔ノ峰(1月6日山行)です。ブルーの線の三国山コース(1998年1月山行)と青線の金時山コース(2001年12月山行)は過去の山行ルートです。

 レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
振り返ると富士山
振り返ると富士山

 山麓の宮城野に広がる住宅街、別荘地や神山・駒ヶ岳が良く見える。富士山も後方にまだ頭を見せてくれていた。

塔ノ峰を目指して稜線を行く
塔ノ峰を目指して稜線を行く

 ハコネダケやススキが茂る尾根道を、時にはピークを巻いたり、登ったり下ったり。登るピークにはまばらに常緑樹があり、前日までとは雰囲気が違うのが面白い。

霜解けのぬかるみ
霜解けのぬかるみ

 しかし明星ヶ岳から先の後半部分は歩くハイカーが少ないためか、登山道は整備不全の場所が多くなかなか手ごわかった。ヒノキ林の急斜面に設置されている階段が思いっきり壊れていて、ハイカーが歩いた跡が深くえぐれていた。おまけに霜解けのぬかるみがひどく、足を取られまいとソロソロ下った。この場所だけでも階段を修理してもらいたいものだ。

林道に出た箇所の案内
林道に出た箇所の案内
林道を歩く
林道を歩く
塔ノ峰入り口
塔ノ峰入り口

 いったん舗装された林道に出て、林道をスタスタ下ると右手に塔ノ峰への登り口があった。

塔ノ峰

 登山道の両脇にはヒノキの植林の中にアオキなどの常緑樹が目立ち、里山の雰囲気が濃厚である。緩やかに登ってついに塔ノ峰に到着した。三等三角点と道標があるのでピークとわかるだけで展望はない。

常緑樹が目立つ
常緑樹が目立つ
塔ノ峰説明看板
塔ノ峰説明看板
山頂道標
山頂道標

 ゆっくりコーヒーで乾杯したいところなのだが、日が傾き始めていた。翌日歩くつもりの水之尾へのコースを少し下見してから下山した。

阿弥陀寺

 塔ノ峰からは50分で下りることができるはずなのだが、途中にある阿弥陀寺さえなかなか見えてこない。始めのうちはモミジの落ち葉を踏みしめての歩きやすい道だったのが、岩混じりに変わってきた。鎖がついた急な石段を下りて、岩がゴロゴロして荒れた感じの竹林を通過するとようやく阿弥陀寺だった。

阿弥陀寺裏の竹林
阿弥陀寺裏の竹林
阿弥陀寺
阿弥陀寺

 阿弥陀寺は皇女和宮にもゆかりがあるという古刹で、正面にある回転式大数珠が珍しい。また脇にはハイカーのためのトイレもある。お参りしてから参道の石段を下りたが、歩幅が合わずに下りにくい事、はなはだしい。意外に立派な山門をくぐる頃には、翌日この道を登り返す気はすっかりなくなってしまっていた。

縦走の終点
縦走の終点

 箱根ベコニア園まで下りてくると日帰りハイクの際には便利な日帰り入浴施設「ひめしゃらの湯」があり、早く温泉に入りた~いと先を急いだ。途中で車の人から「塔之沢駅へいくならどうぞ」と声を掛けていただいたが、塔之沢温泉に泊まるのでお断わりした。

 塔之沢駅への近道から見下ろすと、由緒ある雰囲気を漂わせる屋根の宿が2軒。あのどちらかに違いない。今日こそは明るいうちにチェックインできるだろう。

 箱根外輪山は塔ノ峰までだが、ハイキングコース自体はその先にも続いており、水之尾を経て箱根登山鉄道「風祭駅(小田原の隣)」へ下山できる。塔ノ峰の北東の尾根を下りた後は、みかん畑のなかの林道歩きとなるようだ。4日目の最終日1月7日はこのコースを歩き、よりいっそうの達成感を味わうつもりでいた。

 しかし朝目覚めれば、3日間続いた晴天ではなく曇り空。塔ノ峰へ再び登るのも気が進まず、中止にしてそのまま帰ることにした。小田原駅まで歩こう(約15分)という夫にも「国道を歩くのはイヤ」と拒否して、宿の巡回送迎車で小田原に出ることにした。登山を趣味とし丹沢をよく登るという宿の若主人さんも、「山をする人って、下りると案外歩きたくないもんですよねぇ」と笑っておられた。

 これで箱根の山々は殆ど登ったことになり(屏風山を除く)、残るは矢倉岳となった。コースは足柄峠からの金時山、三島からの箱根旧街道が残っている。箱根旧街道は国道・車道歩きが長いため歩きたいと思わないのだが、三島大社から箱根峠の「推定鎌倉古道」が気になっている。


登山データ

標高 明星ヶ岳:924m / 塔ノ峰:566m

場所 神奈川県箱根


アクセス

JRまたは小田急線小田原駅バス約35分 宮城野支所前


山行日 2003/01/06

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP