明神ヶ岳 (1)

2日目 1月5日 / 晴・風強い

 明神ヶ岳は1994年5月に道了尊から~宮城野へ下山するコースで、1996年12月に金時山登山口から宮城野へ下山するコースで登っている。明神ヶ岳は金時山と比べると登山口から山頂までの距離がある。金時山から矢倉沢峠に下りる途中で望む、明神ヶ岳への緩やかな稜線がハコネダケの中に延びている風景は好ましい。しかし歩くとなると金時山ほど楽ではないように思う。また道了尊からは山頂まで約2時間50分、蒸し暑い日和の日だったのではなおさら遠かった。

標準コースタイム 約4時間25分

金時登山口 --30分-- 矢倉沢峠 --1時間10分-- 火打石岳 --20分-- 分岐 --45分-- 明神ヶ岳 --40分-- 鞍部 --1時間-- 宮城野支所バス停

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です(GPSログによる足跡ではありません)。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 箱根外輪山の全体地図は、下のリンクボタンで開きます。地図中での今回の山行ルートは赤線の丸岳コース(1月4日山行)、ピンク色の線の明神ヶ岳(1月5日山行)、オレンジ色の線の明星ヶ岳・塔ノ峰(1月6日山行)です。ブルーの線の三国山コース(1998年1月山行)と青線の金時山コース(2001年12月山行)は過去の山行ルートです。

 レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
金時登山口
金時登山口

〔9:10〕出発:矢倉沢峠へと登るこの道は、金時山、明神ヶ岳への登り・下りで通算4度目になった。今日も冷え込みが厳しく、昨日に同じく風が強い。土が流れて剥き出しになった木の根からは長いツララが伸びていた。矢倉沢峠のうぐいす茶屋(営業休止)の建物の影で風を避けながらアイゼンをつけている間、金時山から下山してきた男性と後から登ってきたご夫婦と言葉を交わした。明神ヶ岳へと向かうのは私たちだけであった。

丸岳を望む
丸岳を望む
金時山
金時山

 稜線への登りはツルツルに凍結していた。前日に登った丸岳は、山頂にアンテナが立っているのですぐに確認できる。丸岳から芦ノ湖へと落ちる稜線を目でなぞって、充実感を味わう。標高を上げるに従い、背後の異形な山頂部を持った金時山が競り上がってくる。この風景はこのコースの魅力のひとつだと思う。

 緩やかに、時には急登をとアップダウンが繰り返される。3泊4日分のザックの重さが堪え、同じコースを歩いても日帰り山行だった1996年の時とは大違いだった。

ハコネダケのトンネル
ハコネダケのトンネル

 ハコネダケのトンネル状の道をぐんぐん下ってしまうので、コースを間違えたかと不安になった。しかし再び稜線に登り返し、ようやく明神ヶ岳(の手前のピーク)が姿を見せた。はるかに遠かった。アイゼンの装着、着脱の時間ロスのせいか1時間は遅れている。この時点で予定していた明星ヶ岳への縦走を中止することに決めた。

丹沢の山並み
丹沢の山並み
明神ヶ岳の稜線
明神ヶ岳の稜線

 それまで山腹を巻いていたので風の影響は受けずにいたが、稜線に上がると風がまだ強く吹いていたのがわかった。しかし眺めの素晴らしさがうれしい。前回は晴れていてもこれほどの展望は見ていなかった。

 再び尾根から下りて左に谷を見て進む。この辺りは樹林の中のため残雪がツルツルに凍結していて、とてもノーアイゼンでは歩けない感じ。

〔12:05~13:00〕火打石岳:暗い樹林を抜けると開けた日当たりが良い場所に出た。火打石岳直下である。ぬかるみがひどく、アイゼンが泥で重たくなる。具合良く風がこない場所なので、登山道から引っ込んだ草の上で昼食にした。泥まみれのアイゼンも裏向きにして日なたに置いておいた。

 食事の後片付けをしていると明神方面からご夫婦がやってきたので、登山道の凍結状態などの情報交換をした。

 別れてからややあってその2人が戻って来た。なんでも買ったばかりの軽アイゼン(6本爪)のつけ方がわからないとか。「店員さんの話では簡単ですと言ってたのになぁ、手順を覚えていなくて」。私たちはストラップで装着する6本爪軽アイゼンをしばらく使用した後、簡単に装着できるワンタッチ式(6本爪+補助爪2本)のタイプに変えてしまったが、以前のタイプのつけ方も覚えているだろうからとアイゼンを見せてもらった。しかしよく見ると私たちのものとは違うブランドのものだ。ご主人の足元にかがんだ私たちと本人がコッチに通すのかな、いやコッチじゃないかなと頭をひねる。そのうち私が気がついた。「おや、このリングは何?」「そうか!リングをここに引っ掛けて、こうやって」と見事?解明。お2人に感謝されて私たちも気分が良かった。でもアイゼンを購入したら、自宅で装着練習をしておきましょう(^^)

 明神ヶ岳の稜線を目指して登りにかかった。稜線の一番高く見えるピークに建造物が見えるが(「明神ヶ岳の稜線」の写真を参照)、初めてこのコースを歩いたときにはあれは何だろうと気にかかった。山座盤があんなに大きく見える筈はないし、小屋かな?とにかく建造物を目標に定めて登っていったのだった。しかし今日はピークは明神ヶ岳ではないことも、建造物の正体も知っている。急な箇所もある登りを経て、その場所まで到達した。建造物の正体は無線中継所のアンテナである。

建造物の正体
建造物の正体
金時山と富士山
金時山と富士山

 ようやく明神ヶ岳山頂の一角が見えてきた。後ろを振り返ると、ずっと金時山に隠れていた富士山も雄大な姿で見えている。あとは山頂まで緩やかな尾根道を行く。


登山データ

標高 明神ヶ岳:1169m

場所 神奈川県箱根


アクセス

JRまたは小田急線小田原駅バス約40分 金時登山口


山行日 2003/01/05

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP