箱根 神山 (3)

標準コースタイム 約3時間10分

大涌谷登山口 --25分-- 大涌谷分岐 --50分-- 神山 --35分-- 防ヶ沢分岐 --55分-- 早雲山 --5分-- 大涌谷分岐 --20分-- 大涌谷

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
防ヶ沢分岐
防ヶ沢分岐

〔13:55~14:05〕防ヶ沢分岐:木立の合間から駒ヶ岳ロープウェイの駅舎を乗せた駒ヶ岳山頂を見ながら下ると、防ヶ沢分岐に着いた。この辺りの登山道は柔らかい火山灰土がハイカーに踏まれ、更に雨に流されて溝状になってしまっている。ここから「お中道」で大涌谷へと戻る。

お中道

マメザクラの花びら散るお中道
マメザクラの花びら散るお中道
お中道から望む駒ヶ岳
お中道から望む駒ヶ岳
一部は植林帯
一部は植林帯
気持ちよい平坦路
気持ちよい平坦路

 お中道は軽いアップダウンがある巻道で、展望はないが岩が少なく歩きやすい。メインルートより人が少ないのも好ましい。ただし倒木がそのままになっていたりする。

早雲山付近
早雲山付近

〔15:35〕早雲山付近:早雲山は特にピークらしい場所はなく、駒ヶ岳へと大涌谷・神山方面への分岐道標がある地点が早雲山のようである。

 ここから早雲山駅まで下山するコース(所要:下り55分/標準)もある。時間に余裕があったらそうしようかと考えていたのだが、完全にタイムアウトである。久しぶりの登山とはいえ我ながら信じられないくらい時間がかかってしまった(^^ゞ

 大涌谷に戻りロープウェイで早雲山駅まで下りることにした。

早雲山付近のベニバナヒメイワカガミの群生地
早雲山付近のベニバナヒメイワカガミ群生
ベニバナヒメイワカガミのつぼみ
ベニバナヒメイワカガミのつぼみ

 早雲山から少し下った先から登りのときに休憩した大涌谷分岐までの区間が、ベニバナヒメイワカガミの大群生地である。山側斜面の岩場をベニバナヒメイワカガミが埋め尽すようにしている。たくさんの蕾が一斉に花開いたら、さぞ圧巻だろう。また1週間後にも再訪したくなってしまった。

富士山を見ながら大涌谷へと下山
富士山を見ながら大涌谷へと下山

〔15:50〕大涌谷分岐:もうほとんどのハイカーが下山してしまった静かな山を、シルエットになりつつある富士山を見ながら下りた。私のために咲いていてくれた(?)たった一株のベニバナヒメイワカガミと再会し、更にロープウェイ駅へと下山した。


箱根強羅温泉 ホテルマロウド箱根

 箱根も東日本大震災の影響で、観光客の激減や旅館・ホテルのキャンセルが相次いだそうだ。しかもゴールデンウィークの後の週末なので、宿泊予約はぎりぎりでも大丈夫と安心していたら、数日前時点で宿泊したいエリアではあまり空室がないという状況になっていた。で、かつて(1994年)明神ヶ岳・明星ヶ岳登山の折に利用した強羅の「ホテルマロウド箱根」の空室を押さえた。

 このホテルではレストラン内での浴衣・スリッパは許されていないのを、前回の宿泊で承知していた。お風呂上がりにトレッキングシューズを履くのは嫌なのだ。で、今回はわざわざ普通の靴を持参し、当然それも担いで登山したわけで…だからバテた? …んなことはない(笑)

展望が素晴らしいレストラン
展望が素晴らしいレストラン
ホテルバルコニーから望む明星ヶ岳
ホテルバルコニーから望む明星ヶ岳

 登山ケーブルカー強羅駅から少し離れた静かな環境の中にある、濁り湯の温泉が魅力のリゾートホテルである。バルコニーとレストランの大きな窓から明星ヶ岳を一望できて、もし8月の大文字焼きを見るならここだろう。

 前回泊まったときに、宿泊料金の割りにはお料理(フレンチのフルコース)の質が高いのに感心した。この当時の料理長が帝国ホテルで村上信夫氏の弟子であったとのことで、なるほどと思った記憶がある。それから10数年。今回はお料理では感激することがなく、それは料理長が替わったからなのか、はたまた私の口が肥えたからなのか、寝不足と心地よい疲労とで食事中半分寝ていたからなのか…は定かではない(笑)

ホテルマロウド箱根 »


登山データ

神山:標高 1438m

場所 神奈川県


アクセス

箱根ロープウェイまたは伊豆箱根鉄道バスで大涌谷


山行日 2011/05/14

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP