箱根 神山 (2)

標準コースタイム 約3時間10分

大涌谷登山口 --25分-- 大涌谷分岐 --50分-- 神山 --35分-- 防ヶ沢分岐 --55分-- 早雲山 --5分-- 大涌谷分岐 --20分-- 大涌谷

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
マメザクラと富士山
マメザクラと富士山

 さらに登ると樹林の中にマメザクラやミツバツツジが多くなる。ミツバツツジは蕾をつけたばかりだが、マメザクラはちょうど満開だった。ベニバナヒメイワカガミが咲きそろう頃はミツバツツジも楽しめそうで、5月中旬以降から下旬にかけてがベストシーズンなのだと実感した。

岩が多い登山道
岩が多い登山道
こんな平坦路も
こんな平坦路も

 相変わらず岩がゴロゴロしている登山道を登って行くと、やがて冠ヶ岳を回り込む巻道を行くようになり、なまった身体に登りがキツかった私も一息つけた。

マメザクラ
マメザクラ
マメザクラ
マメザクラ

 芽吹いたばかりの緑と満開のマメザクラを楽しみながら歩く。

冠ヶ岳との分岐
冠ヶ岳との分岐
山頂直下
山頂直下

 鳥居がある冠ヶ岳への登り口分岐に着いたが、冠ヶ岳山頂の展望はあまり期待できそうにないので、すぐ目の前の神山へと登り続けた。

神山 山頂

神山山頂
神山山頂

〔12:15~12:50〕神山山頂:灌木が茂る山頂は展望もなく、あまり広くない。その上この日は風が強いのであまりランチ好適地とは言いがたい。駒ヶ岳側に少しだけ下った窪地が居心地良さそうだったが、先客が居た。仕方が無いので山頂でさっさとお昼を食べて後にした。

駒ヶ岳方面へ下山
駒ヶ岳方面へ下山

 ヒメシャラとブナの樹林帯のなか、岩が多い登山道を下っていった。初めは少し急であるが、傾斜が緩んでくると道の脇に咲くスミレなどが目につく。大涌谷から神山に至る登山道は火山ガスの影響からか、ヒメイワカガミ以外の草花があまり見当たらなかった。

 駒ヶ岳から神山に向かうハイカーとすれ違うようになった。駒ヶ岳ロープウェイで気軽に登って来ているので、軽装備のハイカーが多い。

見事に咲き誇るマメザクラ
見事に咲き誇るマメザクラ
キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

 見事に咲き誇るマメザクラに感嘆。駒ヶ岳との鞍部まで下ると、アズマイチゲやキクザキイチゲの花園になっていた。


登山データ

神山:標高 1438m

場所 神奈川県


アクセス

箱根ロープウェイまたは伊豆箱根鉄道バスで大涌谷


山行日 2011/05/14

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP