余計な前書き 今年のゴールデンウィークは我が家としてはゴージャスな4泊5日の連休になったので、岩手県の鞍掛山に登ったり小岩井農場の一本桜を見たりの東北の春満喫の山旅を計画していた。そろそろプランを詰めようかなという矢先、あの大震災が起きた。しばらくの間旅の計画など考えられない日々を過ごし、私たちにできる復興支援は観光客が激減した観光地へ行き経済を回すことだと吹っ切れたときには、ゴールデンウィークは野暮用で埋まっていた(笑)

 それでもさほど意気消沈しなかったのは、ゴールデンウィークを過ぎるとすぐに夫の「定年退職」が控えているからだった。休日は日曜祝日のみ、から「毎日が日曜日」になり、いつでも山に行かれる……いや、実はそうはならないで、夫は定年退職日の翌日から非常勤での勤務に変わるだけ。それでも金・土・日曜日が休みとなり混む日を外しての山歩きの旅がしやすくなる。

 というわけで、「つつがなく定年退職おめでとう記念」の山旅に出かけた。天気予報を見てから決めるので、1泊2日のささやかな旅行であるが、たまたま選んだ箱根は「ふたりで山歩き」を始めた記念の地でもある。1995年と1999年の秋に登ったことがある、箱根最高峰で中央火口丘の中心、神山に登ることにした。神山にはベニバナヒメイワカガミの群生があり、かねがね見たいと思っていた。しかし咲き時期には1週間から10日くらい早すぎるようである…う~ん。

箱根 神山 (1)

標準コースタイム 約3時間10分

大涌谷登山口 --25分-- 大涌谷分岐 --50分-- 神山 --35分-- 防ヶ沢分岐 --55分-- 早雲山 --5分-- 大涌谷分岐 --20分-- 大涌谷

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 箱根湯本から大涌谷まで箱根登山電車、ケーブルカー、ロープウェイと乗り継いでやってくるのも久しぶりだ。バスでダイレクトに来るよりずっと旅気分が味わえて楽しかった。登山電車の車窓からの木々の緑も目映い好天だ。

大涌谷ロープウェイ駅から冠ヶ岳
大涌谷ロープウェイ駅から冠ヶ岳

 大涌谷ロープウェイから富士山が見えて来る瞬間は、やはりハッとする。しかし気温が上がってきていて富士の眺めもスッキリとはいかないのが残念。

 大涌谷ロープウェイ駅を出ると風がかなり強かった。

登り始め
登り始め
大涌谷近くを行く
大涌谷近くを行く(下山時に撮影)

 舗装路を過ぎて正面に冠ヶ岳を見ながら登って行く。大涌谷の火山ガスが流れてきて、むせそうになる。

登山道から富士山を望む
登山道から富士山を望む
大涌谷駅の背後に金時山
登山道から富士山を望む
ベニバナヒメイワカガミ
ベニバナヒメイワカガミ

 標高を上げるにつれて背後に富士山がせり上がってくる。箱根ロープウェイ大涌谷駅の背後には金時山。

 登り始めて10分ほどのところで、お目当てのベニバナヒメイワカガミが一株だけ咲いているのが目に留まった。もう一株は蕾だった。もしかしたら群生場所でもある程度咲いているかも知れないと、淡い期待が湧いた。

次第に岩がゴロゴロ
次第に岩がゴロゴロ

 灌木帯に入ると次第に本格的な登りになり、快調に登って行く夫に後れだした。そういえば登山といえる山登りは昨年夏の奥大日岳以来なのだった。

 大涌谷から冠ヶ岳経由での神山コースは、箱根の山々には珍しく岩が多い。登山道もそろそろ岩がゴロゴロし始めて、歩きにくくなってくる。

ベニバナヒメイワカガミ群生地

大涌谷分岐のベニバナヒメイワカガミ群生
大涌谷分岐の群生
岩場のベニバナヒメイワカガミ群生
岩場の群生

〔11:05~11:15〕大涌谷分岐:大涌谷分岐に近づくにつれ、そこここにベニバナヒメイワカガミの群落が見られるようになってきた。しかし残念ながら全てまだ小さな蕾だった。分岐の岩場は見事な群生地。この蕾が全て開いたら、さぞ見応えがあるだろう。


登山データ

神山:標高 1438m

場所 神奈川県


アクセス

箱根ロープウェイまたは伊豆箱根鉄道バスで大涌谷


山行日 2011/05/14

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP