芦ノ湖西岸歩道ハイキング (4)

標準コースタイム 約3時間20分

桃源台 --15分-- 湖尻水門 --20分-- 深良水門 --40分-- 小杉鼻 --45分-- 真田浜 --45分-- 白浜 --35分-- 箱根園地(箱根町)

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

 立岩辺りから芦ノ湖の展望が良くなかったが、やっと対岸の山も見えるようになった。山側はスギの植林地が多いが崖側の樹木は広葉樹で、この辺りはヒメシャラが多く見られた。写真を撮り忘れたので場所は覚えていないが、このコースでは天城山でも見たことがない、太い幹のヒメシャラの大木も見かけた。

展望が開ける
展望が開ける
箒ヶ鼻付近の平坦路を行く
箒ヶ鼻付近の平坦路を行く

 雨も上がり明るい道なので気分が良い。やはり平らな道は楽ちんである(笑)。ダブルストックも本領を発揮。

箒ヶ鼻
箒ヶ鼻
箒ヶ鼻の休憩場所
箒ヶ鼻の休憩場所
木材そのままを利用した椅子

〔13:45~14:05〕箒ヶ鼻:箒ヶ鼻に来てみると以前はなかった休憩地が最近設けられていて、間伐の木材を利用したらしい「椅子」が置かれていた。ランチタイムは小雨が降っていたりで半ば立ったままの食事だったので、座って休めることは有難い。ここでおやつタイムをゆっくり取った。

林道に出合う
林道に出合う

〔14:30〕白浜:箒ヶ鼻を後にして20分くらい歩くと、広い道と出合って歩道は終わった。その先の車止めのゲートの脇をくぐり抜けると、舗装された林道を歩くようになる。

道標:白浜(箱根園地まで2.0㎞)
道標:白浜(箱根園地まで2.0㎞)
車両止めゲートを出る
車両止めゲートを出る

 舗装路(車道)だが車が通ることもなく、芦ノ湖と駒ヶ岳が見晴らせて気分良く歩いた。

芦ノ湖と駒ヶ岳
芦ノ湖と駒ヶ岳
芦ノ湖と駒ヶ岳
芦ノ湖と駒ヶ岳

 目を凝らせば湖に浮かぶ箱根神社(九頭龍神社)の赤い鳥居が見える。これで天気が良くて富士山が見えたのなら、NHKのお天気カメラの映像でお馴染みの「芦ノ湖越しの富士山&赤い鳥居」と同じ写真が撮れたのに…と思うとかなり口惜しい。しかも箱根神社の鳥居も、どうしても木立が邪魔して撮影できなかった。

道標:三ツ石(箱根園地まで0.9㎞)
道標:三ツ石(箱根園地まで0.9㎞)
箱根園地 芦ノ湖西岸歩道の案内板
箱根園地 芦ノ湖西岸歩道の案内板

〔15:20〕箱根園地到着:最後の道標「三ツ石」を過ぎて箱根町の町中に入り、「箱根園地(箱根苑地)」の標識に従って進むと観光船の港がある箱根園地に着いた。ザックの重さもそれほど負担にならず、やはり平坦なコースは楽ちんだった。登山ではなかなかカウントしてくれない歩数計も、この日は2万数千歩を表示していた。

 夫婦で山歩きを始めたときのスタートだったこのハイキングコースは、通算だと3度目だが前回から17年ぶりに再び歩いた。ウォーキングコースとして紹介されることもあるが、箱根の自然と景色を満喫できるハイキングコースであると思う。しかもあまり歩く人がいないので、静かな山歩きができる(ただしタイミング悪く、真下でのモーターボートの騒音に遭う事はあり)。更に年月を経て山登りができなくなっても、このコースなら“4度目”に歩いてみても良い。…のだが、今度こそは晴天の日に歩き、芦ノ湖越しの富士山を撮影したい、とは思う(笑)


登山データ

場所 神奈川県箱根

山行日 2013/11/13


アクセス

小箱根湯本駅からバス45分 桃源台または箱根ロープウェイ桃源台

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP