芦ノ湖西岸歩道ハイキング (3)

標準コースタイム 約3時間20分

桃源台 --15分-- 湖尻水門 --20分-- 深良水門 --40分-- 小杉鼻 --45分-- 真田浜 --45分-- 白浜 --35分-- 箱根園地(箱根町)

 GPSログによる足跡を地理院地図に重ねたルートマップです。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。

〔11:40〕小杉ノ鼻:ちょっとした岩場も通過するが大したことはなく、ここを過ぎると「小杉ノ鼻」の道標が現れ、再び安心して歩ける広い山道になった。

ちょっとした岩場
ちょっとした岩場
「小杉ノ鼻」を通過
「小杉ノ鼻」を通過
気持ちが良い山道
気持ちが良い山道

 そろそろお腹が空いてきたが、休憩に適した場所が現れなかった。おまけに「小杉ノ鼻」を通り過ぎた頃、小雨が降り出してきた。う~ん、箱根の天気、いったいどうなっているんだろう?!

「立岩」を通過
「立岩」を通過
涸れ沢を渡る
涸れ沢を渡る

 「立岩」の道標を通過してからは休憩できる場所、雨具を出せる場所を探しながら歩いた。

真田浜の手前(昼食休憩)
真田浜の手前(昼食休憩)

〔12:35~12:55〕涸れ沢を木橋で渡りしばらく行くと、スギ木立の中に小広い場所があったので昼食休憩を取ることにした。薄暗くて地面はぬかるみ、あまり気持ちが良い場所ではなかったがやむを得なかった。真田浜まで行くと浜辺に下りられるが、浜辺は湖からの風が冷たく寒いし、小雨は樹林の中の方が濡れずに済むという判断をした。

 食事中に箱根町から歩いてきた人と会い、少し会話をした。この日、街着と同じ格好の人やトレイルランの人とはすれ違ったが、登山スタイルでのハイカーはこの人が初めてだった。

道標:真田浜(箱根園地まで5.2㎞)
道標:真田浜(箱根園地まで5.2㎞)

〔12:57〕真田浜:真田浜は食事した広場から歩き出してすぐだった。寒いので浜に下りる気がせずにそのまま通過。真田浜の道標を見ると「湖尻水門まで5.7㎞」「箱根園地まで5.2㎞」とあるので、コースのおよそ半分を歩いたことがわかる。

道標:百貫ノ鼻(箱根園地まで4.4㎞)
道標:百貫ノ鼻(箱根園地まで4.4㎞)
豆相大震災の供養塔
豆相大震災の供養塔

 百貫ノ鼻を過ぎてしばらく行ったところで供養塔があった。1930年に起きた豆相大震災の供養塔で、案内板に拠ればこの場所で大規模な地滑りが起きて犠牲者がでたそうである。


登山データ

場所 神奈川県箱根

山行日 2013/11/13


アクセス

小箱根湯本駅からバス45分 桃源台または箱根ロープウェイ桃源台

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2


画像をクリック(タップ)しても山行記録のページが開きます。

PAGE TOP