八甲田山の紅葉ハイキング (2) 10月8日 曇りのち雨

標準コースタイム(予定していたコース) 約4時間30分

酸ヶ湯温泉 --1時間20分-- 仙人岱避難小屋 --50分-- 大岳(八甲田大岳)--20分-- 大岳避難小屋 --30分-- 上毛無岱 --40分-- 急な階段--《下毛無岱》30分-- 城ヶ倉分岐 --20分-- 酸ヶ湯温泉

 歩いたルートを地理院地図に重ねた地図です。ボタンやマウスでの拡大・縮小や表示範囲の移動ができます。モバイル端末ではスワイプやピンチで操作してください。

※ 今回はスマートフォンアプリでのGPSログ取得に失敗(起動の失敗)したので、GPSログによる足跡ではありません。

 ルートマップ全体図は下のリンクボタンで開きます。レポートに戻るときは、ブラウザやスマートフォンの「戻るボタン」か、右下の「山行記録に戻る」ボタンで戻ってください。

写真のキャプションにアイコン がある場合は、画像をクリックすると拡大表示します。拡大画像の画面は、パソコンの場合は画像下のバーの < > で、モバイル端末ではスワイプで画像を順番に見ることができます。
木段を登る
木段を登る
木段を登れば毛無岱はもうすぐ
木段を登れば毛無岱はもうすぐ

 木段を登った先で目の前に広がった景色の美しさに息をのんだ。下毛無岱の一角に飛び出たのだ。「わぁ!すごい!」と声をあげずにはいられなかった。

下毛無岱に入る
下毛無岱に入る
登った先にはさらに素晴らしい景色が…
登った先にはさらに素晴らしい景色が…

 下山途中の登山者が足を止めて景色を眺めていた。どちらともなく「きれいですねぇ」と言葉を交わした。そして「上の方はもっときれいですよ」との言葉。タクシーをキャンセルして登るのを中止にしなくて良かった!美しい景色に名残惜しさを感じつつ、樹林帯の中に入っていく道を登った。そして樹林を抜けると、本当に更に美しい景色が…。

下毛無岱の紅葉

いよいよ絶景の始まり
いよいよ絶景の始まり
下毛無岱から望む北八甲田連峰
下毛無岱から望む北八甲田連峰
赤倉岳と井戸岳
赤倉岳と井戸岳

 八甲田ロープウェイ山頂駅から下り毛無岱を突っ切って酸ヶ湯方面へ下るコースを「毛無パラダイスライン」と称するそうだが、まさにこの景色はパラダイスだった。キンコウカなどがオレンジ色に色づき、湿原全体が草紅葉真っ盛り。

 草紅葉の向こうには、ロープウェイ山頂駅を乗せた田茂萢岳から赤倉岳、井戸岳、大岳と、北八甲田連峰がそびえ立つ。

遙かに岩木山が浮かぶ
遙かに岩木山が浮かぶ

 あいにく南八甲田連峰の方向は雲が多かったが、雲の上には岩木山が浮かんでいる。また振り返ると、白神山地も雲の上に頭を出していた。

 尾瀬ヶ原を筆頭に、紅葉シーズンの高層湿原に今まで何カ所か行っているが、八甲田の毛無岱の紅葉は尾瀬ヶ原より美しいのでは、と思った。ハイマツの緑、ダケカンバの黄、ナナカマドの赤が織りなす錦がオレンジ色の草紅葉の中にほどよく点在しているからだ。しかも周囲には山並みの展望もある。晴れていたら更に鮮やかな色合いだったことだろう。

同じ場所からの写真

左:ロープウェイ駅がある田茂萢岳
左:ロープウェイ駅がある田茂萢岳
赤倉岳、井戸岳、大岳(右)
赤倉岳、井戸岳、大岳(右)

 下毛無岱の中程にはテラスがある。14年前にも休憩をした場所だ。その場に居た人たちと感動を分ち合いながら、10分ほど休憩を取った。


登山データ

八甲田大岳:標高 1584m

場所 青森県


アクセス

JR青森駅からJRバス90分 酸ヶ湯温泉


山行日 2013/10/08

天気 曇りのち雨

拍手ボタンを押してくださると管理人の励みになります。

web拍手 by FC2

PAGE TOP